水戸浪士塚から西 
えじり (40〜49才) @埼玉県 10/11(火) 11:47:03 No.20111012085759
水戸浪士塚から西は芙蓉パーライトの敷地内を通る形で道があったはずですが、土砂置場ですっかり埋もれてます。
案内標識もさもこれが中山道だという感じで、迂回路を案内しています。迂回路と書いておいて欲しいものですが。
樋橋側から行くと、国道の大樋橋の前から右に入り、すぐ二股に分かれますが、右側が迂回路で、左側が旧道です。ペット霊園の下で橋を渡って国道の大樋橋の下に来ます。その道は砥沢沿いに行ってしまいますが、中山道旧道自体は石碑あたりから右に行くはずですが、パーライトの土砂が10m以上溜まっていて、昔から山だったような雰囲気です。
後で写真載せましょう。

1.  えじり (40〜49才) @埼玉県    10/11(火) 13:31:03 No.20111012085759-1
芙蓉パーライトの土砂置場は、地図の等高線を見ると坂になっているはずなので全て土砂で大きな山になっているわけでは無いようですが、石碑のあるところから山肌を見るとほぼ全てパーライト関係の土砂です。

ちなみにパーライトは酸化ケイ素を主成分とする白い軽石で、建築用資材や園芸用土などに使われます。元の白い原石(真珠岩パーライト)はこのあたり一帯で山肌に出てます。
黒曜石からも質の良いパーライトが出来る様で、土砂の中には黒曜石もいっぱいころがってます。和田峠は古来から黒曜石の名産地ですね。
詳しくは芙蓉パーライトのページへ。
http://www.fuyo-p.co.jp/index.shtml

なお、鉄の組織状態でパーライトと呼ばれる物質もありますが、これはまた別のものです。街道と全然関係ない話になってしまいました。


2.  えじり (40〜49才) @埼玉県    10/12(水) 08:57:59 No.20111012085759-2
107,692バイト

樋橋側からパーライトの土砂置場旧道跡を見たところです。写ってませんが、この右横に小さな石碑があります。
上には国道の赤い橋桁が見えます。


コメント投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る