旧本庄商業銀行繭倉庫

きゅう ほんじょうしょうぎょうぎんこう まゆそうこ

明治時代に生繭市場が開設された本庄は経済も飛躍的に向上し、 建築物にも西洋技術が導入された。 明治27年に諸井幸次郎、宮下林平、戸谷八郎衛門、松本文作などによって設立された 本庄商業銀行の煉瓦造りの繭倉庫が残っている。この西側が銀行の敷地であった。 現在はローヤル洋菓子店となっている。

煉瓦はイギリス積みで、セメントが貴重品であったため漆喰を混ぜたものを使用している。 1階は通気のため高床となっており、 西側は荷物搬出のため出入り口は一段高くプラットホームになっていた。

(1997.11.02)


バーチャル中山道に戻る