カイザークローネ オフィシャル ホームページ

コンテンツは残しておりますが活動休止中です。

 そこは見たこともないような巨大な船舶が何隻も停泊する港だった。客船、貨物船、軍艦。 船と呼ばれるものはすべてここに集まっているかのようだ。俺は数カ月ぶりの揺れない地面の感触を確認するかのようにゆっくりと町の方に向かって足を進めた。

港町に入る