悪魔特捜隊本部
(2ページ目)
click here!
Cyber Click!
第四回更新!!(10/29) 次のページへ 前のページへ 投稿フォームへ
第三回更新だっよ〜〜〜ん!!(10/12)
御意、HIRO-P!!(わかるかな、このネタ..)
どもども、みんな元気かな?
HIRO-P隊長だよ!
だいぶご無沙汰しちゃったけど、その間にわが隊は新型の対デーモン用強化装甲服を開発したぞ! それが上の画像だ! ちょっと見た目はなんだか中世のよろいみたいだけど、それはデーモンどもを(なんかトリプルファイターの歌詞みたいだぞ)あざむくためにわざとそういうデザインにしたんだ!

それにしてもなんか手作りっぽいのは、蒲田の町工場に発注したからなんだが、そこの工場は某銀行の貸し渋りによって手形が落とせなくなり倒産寸前だったので、社長は涙を流して喜んでいたぞ!
ちなみに社長はもうちょっとで自分の足にスパゲッティーをゆでた熱湯をぶっかけて、保険屋にはバーベキューの火にローラーブレードで突っ込んだとウソをついて交通傷害保険をダマシ取る予定だったそうだ...。

それはともかく、新型のヘルメットである証拠に、後頭部から伸びている3本の電線、いやコードを見てくれ!
なに、秋葉のジャンク屋の棚からこぼれて水たまりの水を吸った中国製の電話のコネクターみたいだって..とんでもない!! これはアーマー内部のエアコンの電源(一本はアース)だ! これで隊員達は暑い夏場でも快適に戦う事が出来る!
かつて使用していた73年モデルはエアコンなしだったし、バイザーは固定だから、夏場に汗で顔がかゆくなってもかけなかった!
まるでリストラのためにエアコンをケチってる某食品会社の工場の事務所のように暑かったらしい!
とはいえ、73年モデルは記念すべき第一号モデルなので、ざぶとんがわりには今後とも使うぞ!

ってなわけで、前置きが長くなったが、早速投稿いってみよ〜!
隊員番号2:鉄笛仙 Recieved:24 Sep 1998 02:06 部門:その他

HIRO-P隊長〜〜っ!!
それがしは、いま、猛烈に感動してるでございます!
(日本語がへんだな)
なんとも、それがしのやうな者を栄えあるNO.2に指名して いただけるなんて!!(涙・・涙・・)
それがしは、命のかぎり HIRO-P隊長についていくでやんす。
ところで、隊長最近、巷に悪魔崇拝の書があふれているとおもいませんか?
こんなものを 善良なる日本国民に読ませてはいけません。
悪魔特捜隊 隊員として見過ごすわけには いきません。
HIRO-P隊長 !
ここは、ひとつ彼の始皇帝や、ヒットラーに習い焚書を実行することを提案します。
そうすれば、雷沼教授のいうところの悪魔化をすこしは防げるじゃーないですか。クックック。
隊長、歴史に名を残すチャンスだとおもいませんか?
まあ、人間の歴史がいつまで 続くかは甚だ疑問だがゥ 「はっ、僕は、なっ何をいってるんだ。これじゃあ、僕が悪魔だっていっているようなものだ。」
悪魔特捜隊に見つかる前に逃げなきゃ。
みんな、今の話 内緒だぜ。
こんなんでもいいっすか〜ごめんね隊長

おお、またもやリピーター! 鉄笛猫(しかしどう読むんだろ〜)隊員、職務に励んでおるな!
査定5ポイントアップ!(意味なし)
No.2ってのは実は一番エラかったりする場合もあるぞ! 昔イギリスのTVで「プリズナーNo.6」ってのがあったが、あの番組ではNo.2がNo.1だった!
ただ、最終回があまりにもわけわかんなくて、イギリス中から抗議の電話が殺到したところなんざー、元祖エ●ァンゲリオンってとこか...オチがつかないという点では、元祖ツインピーク●ともいわれたらしいぞ..。

それはともかく、焚書か...たしかにヒットラーもやってたな...。
わしが子供の頃は、「悪書追放」と書かれた「白ポスト」みたいなものがあったな〜。
だが、今の日本はかなり悪魔が浸透してて、悪魔崇拝の書を根絶するとしたら、まず神保町の一角をまるごとナパームで焼き払わなければならんな!

よし、こうなったらしょうがない、悪魔特捜隊が誇る空中騎兵隊出動だ!(今時懐かしいイロコイスヘリに乗ってるぞ!)

ドドドドドドドドド.....(ローター音)


「ビッグデューク6、ビッグデューク6、聞こえるか..、神保町の●賀書店を中心とした半径300メーターを焼き払え! スーパーナパームの使用を許可する! 東●堂書店、それに古書センターの芳●も逃がすな! 新古品のエ●本も残らず焼け! ビデオもだ!」

「こちらビッグデューク6、鉄笛仙(パイロットモード)です! 現在わが小隊6機はニコライ堂上空に集結! ただいまよりスーパーアタックフォーメーションに移行、悪書せん滅作戦を敢行します! なお、タクどもを震え上がらせるために、ワーグナー (パネルが出ない方はこちら)を流します!! オーヴァー!」

「了解、ビッグデューク6、大音量でいけ、ダンスのお時間だ!! 相●勇のプレミア本を探してるようなヤツにサーフィンがわかるか!! 神保町交差点を月面にしろ!!!」 


すどどどどど〜ん!!

「や、やったな..ナパームインザモーニング娘..これが..勝利のニオイだ...見事だ...ビッグデューク6、秋味生ビールを1ダースおごるぞ!!」


「や、やりましたよタイチョ〜! タンクを...じゃなかった●ロ本を! ....あ! まだ生きてるヤツがいる!! 手に「ミニス●倶楽部」をいっぱい抱えてるぞ! あ、もう一人、こいつは紙袋いっぱいに「リ●王」と「シネマジッ●」のビデオを詰め込んで三省堂方向に脱出する気だ...クソ!」

「かまわん、ミニガンで掃討しろ! それと●賀書店からは異様な熱気が感じられた! 客がデビルビースト化する前にバチルスガンブチ込んどけ!!」


「了解!! 各機に伝える、動くものは片っ端から撃て! 一人も逃すな!!」

DOKOKOKOKOKOKOKOKO!!!


ふ〜、戦闘モード終わり...これで日本の悪書の4%は焼き払ったな...。
むむ、そういえば鉄笛仙隊員、なんか不穏当な言動が見られたな..どれどれ、脳波感知器ビビビビ...。
....あ、これくらいだったらだいじょぶだいじょぶ!
ってゆうか、一応、隊員がデーモン化しそうになったら、ヘルメットが締まってすぐ楽にしてくれるから..ハハハ。

なんかよくわかんないけど、盛り上がったからあげよう..


ふ〜、朝の6時だっつーのにやたら盛り上がっちまったな〜、ったく、部屋片づけようと思ったのに..ブツブツ...。
ま、いっか、次いきまひょ!
隊員番号3●●コジェニー RECIEVED:25 Sep 1998 13:12 部門:情報

ソワリーカ! またまたバンコク市内でデーモン発見!

実はウチのカミさんが、地下のショッピング街で食器を値切ってたところ、突然、店のおねーさんが怒り出し、見る見るうちにこのよーなおぞましい姿に変身したとのことで、カミさんはそれをとっさにコダックスナップキッズ(中国製のやつを屋台で値切って6バーツ)で写して逃げました!

早くバンコクの平和を守ってください!!
わわ、デーモン千人斬りといわれる、このワシもちょっとひいてしまうくらいスゴいデーモンだ!
こんなヤツが潜んでるなんて、バンコクも恐ろしいところだな〜。

しかし、このデーモン、女のデーモンと男のデーモンが合体したのか、はたまた人間の男と女の両方と合体したのか、さっぱりわけがわからないところがヒジョ〜にコワい!
もっといえば、デーモンじゃなくても、こんな人ってホントにいそうなのがまたコワいな〜。

などとビビってる場合じゃないな、早速デーモンハンターズ出動だ!

(((((((((

前回タニヤで酔いつぶれて現地に残留した隊員が3人いたので、彼らに追跡を頼んだが、なんか、それっぽい人があまりにも多すぎて発見できなかったようだな...ま、しゃ〜ないか...。

奥様によろしく!


いや〜、タイの夜明けは遠いな〜..。
それでは次だ...おっと、新規隊員だな!
隊員番号:12 ぼぼのけ姫 Received: 2 Oct 1998 13:59 部門:情報

あの時は僕も新入社員。職場に配属されてまだ間もない頃の事です。派手なスーツを着て妙になれなれしいねえちゃんが、 昼休みの度に僕を訪ねてやって来るのです。最初は適当に世間話などしてたんですけど、日を重ねるにつれてすっかり向こうのペースにはまってしまいました。
「川崎で1人暮らししてるんですかあ?今度ぜひ案内して下さい」などと言われ、「イッケルケルケル」と「塩の柱」を熱くしているうちに、気がついたら生命保険の申込書に印鑑を押していました。
彼女がウ●ルシーの一員だと気づいた時はもう後の祭りでした。ウ●ルシーというのは●代田生命が大卒新人女子のみを集め、トラの穴で保険勧誘のノウハウをたたきこんだ特殊工作部隊のコードネームです。
気がついた時には、死亡時給付8000万、各種成人病特約、そしてごていねいに生涯年金まで付いた、とんでもない契約を かわしておりました。ハンコを押したが最後、彼女が2度と姿を現さなくなったのは言うまでもありません。今では、給料の3分の2は保険料の支払に消え、ビンボーと後悔でダンテの地獄めぐりのような日々です。
たまに「配当金のお知らせ」が郵送されてくるのですが、駄菓子屋にでも行かない限りは、使い道のないような金額が記されています。「機関銃を撃ち込んでおいて、あとからバンドエイドを貼ってやる」という仕打ちは正に悪魔そのものです。

同期の友人の中には、別な保険会社が送り込んだ、武漢出身の中国人女性工作員に、販促用テレフォンカード1枚もらったが ために、徹底的にマークされ修羅場を見た者もいます。
執拗な勧誘にうんざりした友人は、今日こそはきっぱり断るぞ、勝負だサタン、と立ち向かったのですが、かの中国女に、変な発音の日本語で「ナンデ保険ハイラナイカー!」と一喝されてしまいました。その瞬間、恐怖が友人の全身を貫き、理性のたががはずれたのです。
彼はそのまま発作的に会社を飛び出して失踪し、数日後なぜか東北の地方都市で警察に保護されました。

僕たちと同じようにデーモン女勧誘員の被害にあった方は全国に大勢いるはずです。
HIRO-P隊長!踏みにじられたリビドーと、まきあげられた保険料の恨みを晴らして下さい。
人間の姿をしながら人間の心を失った悪魔の保険屋達を、女体拷問人グレタになりかわって折檻してやって下さい。
ピシピシッ。

HIRO-Pのワンポイント....じゃなかった、おもわずトラウマコーナーと間違えてしまったではないか!
まったく、悪魔どもは、ここまで人間の心に傷跡を残すというのか!(ガンダム調)
今日はひとつめの投稿でパワーを使い果たしてしまったせいか、もうコメントが浮かばない!

だが、よく読んでみるとぼぼのけ隊員、デーモンの誘惑にまんまとひっかかり、おもわず塩の柱に血液を大集結させてしまった君にも油断(堺●太一か!)があるのではないか!

そして君の友人の話はリアルすぎてコワいぞ!

まあいい、とにかくハンターカー出動だ! 銀座方向!

((((((((

むむむ、隊員からの報告によると、ウ●ルシーに突入した瞬間、女どもはブラウスの下から直接溶解液を吐き出してきた!
これはこないだの万引き少女と同じタイプのデーモンだ!
装甲服のすき間から浸透した溶解液で若干負傷したものもいたが、隊員はすかさず長州奇兵隊仕込みの「寝撃ち」体制でバチルスガンを斉射、4体を倒したぞ!
だが、変身しなかった女子外交員を連行して96時間ぶっ続けでキャタピラ印刷機の拷問に掛けたが、ボロ雑巾のような体になっても、みんな平然と帰っていって、ちゃっかり傷害保険金を請求したのには驚いた。
ヒ素もなんにも使わなくても彼女たちなら億万長者間違いなしだな!

って、ここまで書くと今度はワシの命がアブナイな。 保険かけとこ...


ってなわけで、見事なオチがついたところで、申し訳ないけど、本日はこれまでだ..。
とにかくこんなにパワーを使うコーナーは見たことないぞ..。
...っとグチはそこまでにして、次回はアンチビルゲイ加藤 尚記、そして画像担当のカヤハワ隊員もついにレポートをくれたぞ!
乞うご期待! そして乞う投稿だ!!


遅れてスマン! 第4回更新でごわす!!(10/29)
どもども...じゃなかった、
ハイルHIRO−P!!
いや〜、すまんすまん、最近は世間に悪魔が蔓延しておって、このワシもMAS●YAからはじまって若貴兄弟、そして昨日は佐久●良子の尋問もやっておった。
おもわず私も念金浄化でお札をこんがりキツネ色にスモークして欲しくなってしまった今日この頃だ!
TVでも人類同盟の諸君の活躍が放映されているようだが、我々特捜隊もビシビシ行こう!!
では早速レポートにCOMING UP!!だ。
隊員番号:13 アンチビルゲイ Received: 4 Oct 1998 23:56 部門:その他

このページ,ネスケv3.01(Mac)で開けようとするとネスケがよくクラッシュしやがるのだ。
現在のところ,クラッシュ率.667。(なお,一度ネスケを終了さしてもっかい立ち上げるとうまくいくことが多いが。)これは,悪魔におかされたビルゲイツと寺西●高(一発変換。なんでや!)の陰謀に違いない。
画像ファイルの多用が原因かもしれんぜよ。
むむむ、それはゆゆしき事態だ!
かなりタチの悪い悪魔のニオイがプンプンしてるぞ!
マックネスケがクラッシュしてしまうのはどうもメモリー不足が原因と見られるが、ビルゲイツとその●西広高なる人物が関与している公算がかなり高いことが判明したぞ!

早速ハンターチャンス!

QUOOOOOO...(サイレン音)
((((((((((((((


まずビルゲーだが、早速特捜隊ワシントン州支部がマイクロソフト本社に突入、出頭を拒否したので、入り口に突っ立てるデッカイ「Microsoft Windows」の看板をバチルスガンでブチ抜いたらあっさり投稿、じゃなかった投降。

いきなり「フライトシュミレーターWW2」と菓子折りを持って「コレデ カンベンシテ クダサイ..」(本当は英語だぞ!)などと泣き落とし作戦に出てきたが、鉄の軍規をもつ我が隊員にそんなことは通じない!
「問答無用!!」
といきなりブラスターの銃床(銃のオシリ)で菓子折りをたたき落とし、フラシュミだけはしっかりともらったぞ

早速本社ビルに突入、片っ端からディスクとサーバーをチェック、文書類も調べたがサスガに簡単にシッポは出さない。
ビルゲーの奴、そうこうしてるうちに例の世界最強の弁護団を呼んできやがって、連中ワーワー騒ぎ出した。
見るに見かねた鹿児島出身の海江田隊員が強化服をバッと脱ぎ捨て、上半身裸になって威嚇の突きをしながら一喝した。
「ちぇすとぉぉぉぉぉっっっっ!!」

するとアラ不思議、ビルゲーちゃんのケツのポケットからこぼれた2DDのフロッピーが一枚!
早速解析するとなんとN88BASICではないか!!
なぜかそこに置いてあったNECの98DOプラスのスロットにすぐさま突っ込んで「LIST」と入力すると....

10 print"I am a demon. Windows is PAKURI."
20 go to 10


な、なんと恐ろしいプログラム!! 外道照身! ビルゲーの正体見たり!!
「バレタカァァァァァァ!!!!〜〜〜ビッグバンプログレス〜〜ジャシンカ〜〜〜」
赤射蒸着して巨大化寸前のビルゲ〜! すかさずバチルスガンとブラスターの一斉射を浴びせる我が隊員!
だが、さすがに数々の裁判を切り抜けただけあってビルゲーデーモンはしぶとい。
背中から二枚の巨大なウインドゥズ型のウィングを出して悠々と飛び去って行ってしまった....。

クソ! 特捜隊初の敗北!

一方大田区に潜伏していたもう一匹のデーモン、寺西広●は関西の某国立大学を卒業後、●京銀行に就職したのち●村投信委託に転職といういまどき超バブリーな生活を送っていたらしいが、単なる小心者で、我々の捜査の手が及ぶと見るや、アブク銭で買ったBMWで逃走しようとして中原街道を逆走し、洗足池に突っ込んだらしい。

まったく今回は手ごたえなかったな〜。

でも、貴重な情報ありがとう!


どうも最近、私の妄想&うちわモードが多いような気もするが...気のせいだろう。
ほんじゃ次のほうこく、いきまんしょ!
隊員番号:14 加藤 尚記 Received: 8 Oct 1998 23:14 部門:ギャグ

こんばんはHIRO-P隊長、先日は飛鳥了がTVシリーズに悪役で登場していたのではという長年の疑問を解決してくださり本当にありがとうございました。今日、会社帰りの電車の中でデビレディーを読んでいて突然ある歌詞が閃いたので、忘れぬうちに2度目の投稿をさせていただきたいと思います。既に似たような投稿がございましたらご容赦下さい。

デビルマンの替え歌(コキュートス編)

ここはどこだどこだどこだ
地獄の最下層コキュートス〜コキュートス〜
サタンの化身飛鳥了が氷の中に眠る所
苦労の末に着いたけどゼノンの頭が2個しかない
おまけに最近現世ではビースト化現象真っ盛り
現世に戻ったのか〜飛鳥了〜
何を企むサタンよ〜サタンよ〜

どうもお粗末さまでした。

おお、加藤隊員は私がデーモンの存在を知って悩んでいる青少年を癒す、WEB界の読むアロマテラピー「とらうまっ子倶楽部」にも投稿してくれたな!
そんときはど〜も!

今回はまた、ギモンも晴れて心ハレバレで替え歌を送ってくれたね!
だが、この歌はデーモンの首領と言われるサタンの存在について世に警鐘を鳴らす役割もはたしておるところが見事!
週間モーニングに連載中のデビルマンレディーは恐れ多くも悪魔特捜隊創設者であらせられる永井豪先生がお書きになっていらっしゃる警世の書だ!
このページの読者で読んでない者はおそらくいないと思うが、替え歌にあるとおり、サタンが地上界に潜伏していることが最近あきらかになっているぞ!

増大するデーモンやビーストへの対応も急務だが、彼らの背後にあって、我々人類に地獄のおどりを踊らせようとしているサタンのせん滅こそ最重要課題だ! 勝負だサタン!

隊員諸君においては、より一層の警戒と、よりモノ凄いレポート、そしてよりおもろい替え歌等を考えるように!

さたん〜はい〜ず〜こ〜(「軍神 広瀬中佐」のメロディーで(って誰も知らんよな!))


ほんま、サタンちゃん、どこ行ったんやろね〜。
ってなわけで、次の報告だよ〜ん。
お、これは画像担当将校の...。
隊員番号:7 カヤハワ  Received:11 Oct 1998 23:46 部門:情報

 HIRO-P隊長、一度も投稿したことのない本職に隊員番号7を与えていただきありがとうございます。本来隊員番号とはデーモン撃滅に功労のあったものだけに与えられる名誉ある称号のはず。このままでは他の隊員への示しもつきませんでしょうから、私が経験しました七年前の事件についてご報告申し上げます。いささか時間がたちすぎているとはいえ、随分昔からデーモンが暗躍していたことを示す貴重な記録であると本職は確信する次第であります。

 本職は大学生時代に、M学習館という学習塾で時間講師の任務に従事しておりました。M学習館は、下は小学一年生から上は中学三年生まで、幅広い年代をターゲットとしたポリシーもクソも何もない地域密着型の塾でした。当時は受験産業バブルの残滓がありましたので、あのようないい加減極まりない経営実態でも何とかやって行けたのでしょう。今でもその塾は生き残っているようですが、首都圏40以上の教室を運営していたかつての勢いは失われているようであります。

 さて悪魔特捜隊ユーゲント育成部に任官したての頃は特筆すべきこともない平穏無事な日々が続きました。若きユーゲント達を将来の特捜隊幹部に育成するという崇高な任務に、私は生き甲斐を感じておりました。
任官から一年を過ぎた頃、それまで配属されていたF市からO町への異動を命じられました。あまりにも急な辞令で「少し変だな」と思いましたが、上層部の命にも逆らえず早速現地へ向かいました。しかし後から考えればこれが狡猾なデーモンの仕組んだ巧妙な罠であったのです。

 O町支部に到着したその日、十日後に五人の講師のうち四人までが職を去り、残った一人の男が室長に昇格することを知らされました。どうやら世間的には鉄の規律と結束力を誇る悪魔特捜隊ユーゲント育成部も、末端の支部においては様々な矮小な権力闘争があった模様です。

 室長に昇格した男(当時29才、キツネ目。以下デーモンと表記)は某大学教育学部を卒業した嫌みったらしい小人物でユーゲント達からも忌み嫌われておりました。
それから数ヶ月とたたずに、当初二百人を数えたユーゲントの数もわずか百二十人程度と激減し、その指導力の無さは一目瞭然でありましょう。本職はきゃつの不当なる行動、例えばクラス編成の際に学力で分けるのではなく素直に言うことを聞く生徒や女性徒ばかり自分のクラスに集めて、問題児を本職の担当にしたり(尤もその方が教えがいはありましたが)、生徒に対しても甚だしくえこひいきをするなどの悪行を是正せんと孤軍奮闘しておりました。しかし敵もなかなか手強く苦しい日々が続いておりました。

 そんなある日、事件が起こりました。特捜隊本部にあるユーゲントの親から怒りの通報が入ったのです。曰く「O町の講師がウチの子供にセクハラをした」と。他支部の知人からその話を聞いたとき本職には思い当たるフシがありました。そういえばデーモンがその女子生徒(当時小学二年か三年)を教える時は必ず一番奥の部屋で鍵を閉めていたこと、その女子生徒は少し自閉症の気があるという理由でデーモン自らマンツーマンで指導に当たっていたこと、稀にみるほど可愛らしい子供であったこと(近所でもフランス人形みたいだと評判でした)、以前デーモンは自分はロリコンであることを職場仲間に対して公言してはばからなかったこと。そして強調しておくことは、事件当日に被害にあった女子生徒が授業が終わった後に半泣きの顔で「アゴが閉まらない」といいながら帰宅し、デーモンが顔面蒼白で後を追いかけて行った事実です。

 それにしても「アゴが閉まらない」という彼女の言葉は一体何を意味するのでしょうか。時々影でその子にお菓子を与えていたらしいことを耳にしていましたので、おおかた歓心を買うために大きなあめ玉でもしゃぶらせたのだろう、と本職もその時独り合点しておりました。しかしもしあめ玉よりも大きいモノ、デーモンが一番その女生徒にしゃぶらせたいモノ、ストレートな表現をすればきゃつのイ●モツであったとしたら・・・。

 それまで抱いていた数々の疑問が一気に氷解しました。同時に底知れぬ怒りがこみ上げてきました。早速本部に報告すると、驚くべきことにデーモンは、事件当日の担当は本職であると偽の報告をしていたことが判明しました。もちろんそのような悪あがきは通用せず、本職への疑いは晴れ、デーモンは数日後懲戒免職処分を受けどこかに去っていきました。しかしデーモンの息の根を止めずに再び野に放ってしまったことは今でも悔やまれます。

 あれから随分時が経ちましたが、その子の心の傷は一生消えないでしょう。受けたトラウマの深さを思うと涙が浮かんできます。迂闊にもそのデーモンの人間時の名前は忘れてしまいましたが、いつか必ず彼女の敵を討ってやろうと現在も任務に励んでおります。

 以上報告終わります。

うおおおおぉぉぉぉぉ!!
ゆるせ〜〜〜〜ん!!!
なんたることだ! 無垢な少女にそんなフケツな行為をするとは!!(関係ないけど昔、シャンプーのCMで「フケが二つでフケツー!」ってのがあったな〜。)
まったく、そんな品性下劣なで〜もんは、宇宙の果ての果てまででも追いかけろ!(たぶんイデは発動しないと思うけど..)
こういうときのためにわが特捜隊が来年の予算を長銀から前借りして導入したイデのレーダーで捜索だ!
ピピピピピ..むむむ、これは現実の映像か? デーモンは京都北白川の天下一品でラーメンを喰ってるぞ!
早速、ソロシップ...じゃなかったハンターカー出動!!

QUWON QUWON QUWON....!!
(((((((((((

「東京憲兵隊..じゃなかった悪魔特捜隊だ! 神妙にしろ、デーモン!」
「ズルズルズル....フフフ....ばれたか....。」
そのときヤツは突然立ち上がってチャックを開けた!

ずど〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!

一瞬ワシもなにがおこったかわからなかったが、ヤツは必殺武器のイチ●ツを全開したんだ!
そいつは直径6キロ、長さ20キロ!! これじゃ〜女の子のアゴも抜けるハズだ!
ヤツはカウンターに座っていたため、南に向かって伸びた!
もちろん天下一品本店の厨房はぶっとび、客のコップにやたら口の長いやかんのような水差しで水を補給していた社長もどっかに行ってしまい、となりの餃子の王将(一発変換!)北白川店も有名なゲーセンもペシャンコ、付近を包囲していた我が隊員の大半と応援の京都府警のみなさんもほぼ全滅してしまったが、ヤツの●チモツは銀閣寺を押し倒し、京都駅の東をかすめて伏見を抜けなんと宇治の平等院の手前でやっと止まったらしい!
まったく直径6キロなんて、スペースコロニーじゃあるまいし...。

そして、天下一品のちょうちんが身代わりになってくれたおかげでかろうじて命拾いしたワシはヤツの声を聞いた..。
「ハハハ、ソーラレイを発射するぞ〜〜!!」
ばかな..そんなもん発射されたら京阪神はベトベトになって全滅だ!
だが...くっそ〜こういうときに限って、武器がない!
バチルスもブラスもペシャンコ! ほかの隊員も虫の息だ....。
ちくしょ〜それにしてもデカいな〜、黒々として根元までムケてやがる....。
と、そのとき目の前に半分割れてはいるが、天下一品名物のからし味噌の容器がころがっている..!
「これだ〜!!」
ワシは躊躇することなく両手でそれをわしづかみにして、思いっきり目の前の物体にスリ込んだ!!

「ひぃぃぃぃぃぃぃぃっっっっっっっ!!!!!!」


ハアハア...なんとかデーモンは倒した....街の後始末は証拠インメツのプロ、人類同盟の諸君にまかそう..。

というわけで、渾身のレポートに対抗して渾身の戦いをしたぞ!


ふ〜、戦いはますますシレツになってきておるな〜。
あ、そういえば、あのあと王将の前で餃子券ひろっちゃったよ、トクしたトクした..。
では申し訳ないが、本日最後のレポートだ!
隊員番号:15 妖獣ヒーメン Received: 15 Oct 1998 17:32 部門:情報

報告。小学校2年の妹が、近所の公園でデーモンの攻撃をうけたんです!
そいつは不自然な動作を小刻みに繰り返しつつ、砂場で遊んでいる妹に近づき、溶解液を浴びせようとしたらしいのです。
妹はとっさにすべり台の陰に隠れ、事無きを得たのですが、息をきらして家に帰ってきたときは、ほとんどジョンベネちゃん
状態でした。
妹の目撃証言を元に、指名手配のためのイラストを描いたので添付いたします。(デーモンは手製の覆面みたいなもので顔を隠していたらしいです。)
場所は池袋北口公園、夜ともなれば、中南米やフィリピン、台湾からのストリートデーモンで賑わう界隈です。

そうかそうか、妹さんはヒドい目にあったんだな〜。
~泣〜くな妹よ妹よ泣くな、とおもわずギター片手に歌いたくなってしまった...。
しかし国籍に対する偏見はいかんな!
一応このコーナーは検閲なしだからそのまま載せたが、アジアは一家、人類は兄弟、アジアごはんもいかがっすか〜、だ!
それはともかく、この程度のデーモンはハンターカーを出すまでもなく、公園の砂場に落とし穴掘ったら簡単に引っかかったので上から亜●酸入りの牛丼をブッかけたら即死した。

だが、ヒーメン隊員(またまたスゴい名前だ!)の送ってくれた画像は公開するべきかどうか、特捜隊本部でも慎重に検討した結果やはり公開することにした..。

警告:あまりにも恐ろしく、かつまたいかがわしい姿のデーモンなので、
気の弱い隊員、女性隊員、そして未成年隊員はなるべく見ないこと!!!

それでも画像を見る


いやはや、我々の戦いはいつまで続くのだろう...。

まあ、これが世間への警告になればいいけど..


っというわけで本日は終わりだ..。
しかし、回を追うごとにこのコーナーの方向性がわかんなくなっているような、かなりひとつの方向に固まっちゃっているような、なんだか訳わかんないけど、隊員諸君もこのコーナーがよりよい方向性を確立できるようなレポートを作成することに精進してほしい!!
で、次回だが、いまんとこ、アムール東西隊員、目白のミーコ隊員、みくろ隊員、Pなわ隊員、そしてアルフォンヌ隊員とまたもやドトーのラインナップだ!
ヤフーのオススメに出たおかげか、投稿がふえてるぞ! がんばらなくっちゃ!
ではまた!!
ってなわけで、投稿フォームだ! あるいは、メールでもいいぞ!
隊員名:メールアドレス(任意): 公開 非公開

部門: 情報 ギャグその他 
顔のビジュアル: 男その他
報告文:



次のページへ 前のページへ トップへ