「とらうまっ子倶楽部」
(VOL.3 〜4/2)
)
3ページ目で〜っす!

前のページへ
次のページへ
殿堂へ

NO.042
では投稿です! ひさびさの NEW FACE! んで女性の方です! 会員番号21番! (1/8)

了美 さん

はじめまして♪
インターネットを始めて1ヶ月ほど経過したのですがこんなにディープ なページがあるなんて知りませんでした。
みなさんの意見を読ませていただいて、ああこんな考え方もあるのかと 感心したり、うんうんそーだよねとうなずいたりしてるうちに ああわたしもデビルマンについて語りたいっ。という衝動がむくむく 沸いてしまってこうしてペン(?)をとってしまいました。

出会いは中学生のときでした。
栗本薫先生の「魔界水滸伝」という小説(永井先生が挿し絵をされてい ます。この挿し絵、凄いので一見の価値ありです。クトゥルーの異形 の神々を恐ろしく、おぞましく、そしてどこか美しささえ漂わせて 見事に描ききってらっしゃいます。「新魔界水滸伝」のほうでは別の 人にかわっていますが)が大好きでその後書きで栗本先生の歴代美少年 ランキング一位に飛鳥了様が輝いてらっしゃったのですね。
それで興味を抱いて、古本屋でコミックスを購入して、 ショックを受けました。
なんて凄い話なんだろう。

怖さ、というよりは衝撃のほうが強かったです。
「怖さ」はかえって10年経った今のほうが全然怖い。読み返すのをためらうくらい。当時は何十回と(好きなシーンはかるく100回 以上)繰り返し読んだのに。
思うに、当時のわたしよりも今のわたしの方が心の闇が深いからかなあと。
この作品を通して自分の闇の部分が浮かび上がってくるような 気がします。

もし自分が悪魔狩りの対象になったらその場で自殺してしまいそうなほど怖いけれど、もしお隣の人が悪魔かもしれない、と思ったら 悪魔狩りに参加するのかもしれない。
深〜い井戸を覗き込んであ、オバケがいる、と思ったらそれは自分の 顔だったみたいな。ううう、上手く表現できないんですけれどっ。

あと絶対的な印象として美しいと。
わたしがあの性格最悪で残忍で自分勝手で面の皮がぶ厚くて、いやー もう絶対親類縁者やご近所様にはいてほしくないね、と真剣に思う 飛鳥了様のファンだというのも勿論あるのですが、(でもおっかけ はちょっとしてみたい・・・・)
凄惨なシーンの間に割って入るあの飛鳥了としての明との 決別の場面がなんて美しいんだろうと。
それと文句無しに美しくて静謐なラストシーンが今でもはっきりと脳裏に焼き付いています。

この文章書いててつくづくわたしってミーハーなんだなあ、と反省してしまいました。みなさんすごく真面目に書いてらっしゃるのに。
でも少しでも自分の思っていたことがかけてすっきりしました♪
お目汚しでなければ本当に幸いなのですが。
では


HIRO−Pのワンポイントとらうま:どうもどうも、いらっしゃいませ! そうですか、いんとろぢゅーすど、ばい栗本センセですか。 でも意外とそういう方もいらっしゃるのではという気がします。 でも栗本センセが了サマベストフェバリットってのは知りませんでした。 当時に今のやおいっ子連中がもしいたら「了サマ総受け本」なんてのが出来てたりして..。 なんてくだらないこと言っちゃってスイマセン。 了美さんの投稿で一番スゴいとこは「今の方がむしろ怖い」ってとこですか。 ボクは前のコメントで「抵抗力がついてから読むときデビルマンはバイブルになる」などと安易に書いちゃいましたが、成長した後でこそわかる闇の深さ(自分の内面とか世間とかの)とか、ボクなんかと違って、精神を研ぎ澄まし続けた人だったら逆に子どものときに読む以上のインパクトを受けるに違いないのでは..。 さらには様々な知識や経験を己の血肉としている人も十分「アダルトトラウマチルドレン(?)」になっちゃう可能性があるんスかね〜。 なんてちょっと意味不明になっちゃいましたけど..。 で、了の「美しさ」ってのはもちろんアンドロギュヌスの伏線ということもあ るんでしょうけど、やはり悪の輝きというか、カミソリ系のミリョクを放ちつつ、さらに最後は明への愛を告白し、美樹はじめ人類を滅ぼしてまでも純愛路線を突っ走る姿は、もう乙女心をつかみまくり状態ッスね〜。 ボクもあの決別シーンは大好きですよ! 多分あのシーンのシブさは小学生のときにはわからなかったでしょう。 多分って言ったのは、あのへんはもうコワすぎて当時読んでなかったからですけど(笑)。 それで、このコーナーはたしかにヘヴィーが売り物ですけど、必ずしもへヴィー=真面目じゃないんじゃないかと思いますよ。 すっきりしたならそれが一番! 


NO.043
で、早速RESを頂きました! 会員番号21番!(2nd) (1/19)

了美 さん

わたしのおバカな文章にコメントを付けてくださってどうもありがとうございます(^±)。恥ずかしいけれど、すごく嬉しいですねっ♪♪

わたしの場合歳を重ねるにつれて残虐なシーンや話がダメになっているようです。
うーんただ単に昔の方がニブかっただけなのかも・・・・

話は変わって、了についてですが、そうそうそうなんですよ〜。
美しさや冷酷さや崇高さや純粋さをいっしょくたに持ちあわせていてなんだかもー分けわからない所が魅力ですね!(これ褒め言葉かなあ)
やおいですか・・・・う〜ん生半可なものじゃあの「新デビルマン」様にはカナワナイでしょうねえ・・・・。なんかわたしアレ読んで ひっくり返った記憶が・・・。
わたしはやおいも好きですが、ラブラブな明と美樹ちゃんの後ろでハンカチ噛み締めてるような了がいいかなあ。
多分女だけにもなれるんだろうから、明の元彼女とかの設定で女の子で出てくりゃよかったのに。男同士の恋愛はフツーはタブーなんだって知らなかったのね、サタンちゃん。とかって思っちゃうわたしは結構ヘンなファンなのかもしれません・・・・・
(かなりヘンですね)

なんだかまたカル〜イ感じになってしまいました。うう。
全然トラウマとかじゃなくてすみませんっ
では〜


HIRO−Pのワンポイントとらうま:ははは。 嬉し恥ずかしトラウマくらぶ。 なんて、喜んでいただいて光栄でございます! そうですか、残虐はやっぱ歳いってから(ってお若いんでしょ)見るとキツい場合ってあるスよね。 ヒトそれぞれですね〜。 ボクはいつの日かデビルマンをまともに読めるようになろうと、修業(?)にはげんだ結果、余計ヘンになっちゃって、こんなページやってます(実話)。 で、魅力のハナシですけど、やっぱ、謎って〜のがミリョクのキホンなのかな〜。 了は前半においてすでにミョ〜な存在感だしてたけど、「最後の告白」を聞いても、ある程度は納得したけど(ボクが)、なんやイマイチわけわかんないってゆ〜か、まあ前にも書きましたけど、デビルマンにおける神とか天使って何ってゆ〜のがそもそもよくわかんないので...。 なにやらアヤシイ魅力であることは言えてると思うんですけど..。 それから「新デビルマン」。 そうそう、よく考えてみると、あれは明&了の超ラブラブワールドだったっすっね! 実はボク、去年の8月に引っ越ししたときに「新デビルマン」やら「豪華愛蔵版」を荷造りしたまんま、いまだにダンボールの中に しまったまんまなんですよ、クソッ! そーゆー観点で読んだら、アレほどスゴい(かな?)や●い(やまい、でもい〜かな?)本ってないかも? そいつは見落としてやしたぜ! HIRO−P一生のフカク! そして、女の子になっちゃう了ですか! たしかにサタンの超能力とサイコジェニーの催眠術(?)をもってすれば、精神のみならず肉体的にも(?)カンペキなハーフ系超美少女として明を一発で落とせたハズ? 今からでも遅くない! サタンよ、その超能力で時間を逆行させてもう一度「飛鳥=了子=ラングレー」とかになって明にアタ〜〜〜ック! してみては? あるいはこのネタ、どっかの同人でやってくんないかな〜。 美樹と了子がノコギリで決闘する場面がもう浮かんできましたよ! って、前回より長いコメントになっちゃったな〜。 病み上がりだからかな〜。 またよろしく!


NO.044
すいません、いろいろあって更新サボってました! ではいきましょう、会員番号..お〜っと13番さん! ヘビーリピーティングNO.4、ありがとごじゃいま〜っす!!(って昔のバスクリンのCMか!) (1/27)

広野たらし さん

こんちは〜
>そして、女の子になっちゃう了ですか! たしかにサタンの超能力とサイコジェニーの催眠術(?)をもってすれ
>ば、精神のみならず肉体的にも(?)カンペキなハーフ系超美少女として明を一発で落とせたハズ? 今からでも遅くない!サタ
>ンよ、その超能力で時間を逆行させてもう一度「飛鳥=了子=ラングレー」とかになって明にアタ〜〜〜ック! してみては?あ
>るいはこのネタ、どっかの同人でやってくんないかな〜。 美樹と了子がノコギリで決闘する場面がもう浮かんできましたよ!
あはは、コレもうやってる人がいます。しかもあの有名な某CLA○Pさんたちです。ゼノンに進められて女になるのですが、状況はもっと 笑えて完ぺきな女の子…ではなくて、単なる女装の了(目も座っているコワイ…)で、明にアターック!当然、明はコワイモノを見る目で了を見てました。
これは、5年くらい前の「失楽園(!)」っという名前のハードカヴァーの豪華同人誌のネタです。他にも一人で「自分は強い!」って叫ん だあとに「私って寂しいオンナになりそう…」ってつぶやくシレーヌ様とかいてなかなか飽きさせない本でした。

HIRO−Pのワンポイントとらうま:なんだ、やっぱあったんスか。 だれでも考えそ〜なネタだもんね。 ってゆ〜かこのネタは「日刊アスカ」ってゆうサイトで、エヴァンゲリオンに出てくるアスカ=ラングレーってゆう女の子(日独米混血)が飛鳥了に相当するキャラじゃないか、とかいう説を展開していたところからインスパイア(カッコイイ言葉だ)されたよ〜な気もするんですけど..。 しっかし、女装の了もコワいけど、それを勧めるゼノンちゃんもけっこ〜キ印はいってますね。 たそがれるシレーヌ様もGOODですけど、ここでひとつ思い出したのは、マンガの最初の方で了が、「デーモンに愛はない!」な〜んて言ってたけど、シレーヌに対するカイムのアレは、愛でなくしてなんなんでしょうか? そんでデーモンの首領たる了サマ自身はバリバリ愛ありまくりッスよね!


NO.045
今回はさらにもう一発!  会員番号22番 (1/27)

YOU さん

デビルマンをみて何かわからないが、共感するものがあり幼心に妙に何か熱いものを感じた記憶がある今でもデビルマンの関係の物をみるとワクワクしてくるのわなぜだ・・・・

HIRO−Pのワンポイントとらうま:それはやはり、我々の旧大脳皮質のなかにデーモンと分岐する以前の、彼らと共通の凄じい獣性がひそかに息づいているからじゃ〜ないでしょか? デビルマンと化すことは、失われた道程を遡ることによる進化なのかにゃ?


NO.046
どうも、一週間のゴブサタです、玉置宏...じゃなくてHIRO−Pで〜す。 ではまいりましょう。 (2/3)

藤川さとし さん

ん〜ん。
BGMがテレビ版の歌になっているのは良くないなあ。
あのビデオ版の強烈な「ミミミ レミファミレド...」のやつにしてほしいなあ。


HIRO−Pより:う〜ん。 いちおーTVのOPやEDも人気あるんですけどね〜。 ちなみにボクはビデオ版のメロディーを忘れてしまいました。 ゴメンナサイ。 そういえばダビングもしてなかった..。 今度レンタルしたときにチェックしま〜っす! ただあのビデオ、けっこう多くのレンタル屋に置いてあったし、「店長おすすめ」ステッカーがよく貼ってあったと思うんですけど.....豪センセイ......さ、3巻.....うぅ.....。(今回はとらうまじゃないので会員番号はナシよ。)


NO.047
今度は久々(?)正統派のとらうまですね〜。 会員番号23番 (2/3)

ゆうな さん

初めまして、ゆうなです。
私が初めてデビルマンを、知ったのは。中学二年生の時でした。
「なっ何このアニメは?」もう、脳天を突かれた。
私が今まで見ていたのほほんアニメとは全然違い暗い陰のある(と、ゆうか悪魔)これが正義の味方?と、いう不思議な気持ちのままいつのまにか学校から帰ってきたらビデオを用意して見る番組になっていました。
その後の私は2,3年ぐらいは、アニメが本当のデビルマンだと思い「その後明君と美樹ちゃんはデーモンを倒して幸せに暮らしている・・・よかったよかった」と、のほほんっと、思っていました。
それが高校の帰り道立ち寄った本屋さんでデビルマンの原作を、見つけ(最終巻)明君と美樹ちゃんのその後が見られる、とわくわくしながら帰って読んでみると、飛鳥はサタンだは、おじさんおばさんはひどい殺されかたしてるは、デビルマンの一番大切な美樹ちゃんは同じ人間に串刺しにされて殺されてるは、そしてデビルマンも体の下がなく死んでるは・・・
頭ががーんと、真っ白になってしまいました。
それからなにをどうしたら良いのか解らずただ泣いていました。

そこから何か自分なりにデビルマンの出生を知りたいと思い、色々永井先生の本を探しています。
バイオレンス・ジャックが鍵をにっぎっているようなのですが私の周りに知っている人もなく本が売っているわけでもなくどうしてよいか解らない今日この頃です。
何方かこの十数年のもやもやずっと持ってる私の心の傷をなおしてください。
デビルマンがすきなみなさんからすれば「いまさらかもましれないことですよね。
初心者の私ですがアニメと、漫画のあまりのギャップがとらうまです。
(一部改行HIRO−P)

HIRO−Pのワンポイントとらうま:ありゃー泣くしかないよね〜。 超HELPLESSすぎる原作版の結末はグリーンガム噛んだ後に飲む冷水みたいなもんで、TV版見た人ほどココロにしみますよね〜。 わかるわかる。 ボクの場合涙が出るまえにココロが凍りついてしまいましたけど...。 で、デビルマンの「出生」ですか。 バイオレンスジャックはどちらかと言うと「その後のデビルマン」みたいですよ。 まあ、あえてデビルマンのルーツをたどるなら、「魔王ダンテ」かもしれませんけど、あれは基本的には違うストーリーではないかと思います。 豪センセイがデビルマンのあの壮絶なストーリーを書くに至った経緯については諸説あってわからないですけど、一説によると、死者にむち打つようで悪いけど、石森章太郎センセイのアシスタント時代の「怨念」が豪センセイのキッキングボードだそうですが...。 と、ボクにはこんなコメントしか出来ませんが、少しは心の傷が癒えたでしょうか? みなさんも、ゆうなさんに励ましの言葉をかけてあげてください!! ただ、TV版と原作版のあいだに横たわる深いミゾを見て「痛み」を感じる事のできる人は、間違いなくビ ビッドな感性の持ち主だと思いますよ!


NO.048
この投稿も、とらうまじゃないけど、載せなきゃ。 会員番号18番 (2/3)

酒呑童子朗 さん

デビルマンに関する事ではないのですが
先日 石森章太郎先生がお亡くなりになりました。
永井先生は石森先生の下でアシスタントをしていたときもあり、 多大な影響を受けたであろうと思います。
私の知る限り、作品の中でちゃんとした神々と戦おうとしたのは 009の天使編が最初だったように思います。
その後、ハルマゲドンをあつかった作品は出ましたが どれも連載中断というような形で終わざえるを得なかった中で デビルマンが始めて壮大に終わったのだと思います。
何をかいているか自分でも分かりませんが 個人のご冥福をお祈りいたします。


HIRO−Pのワンポイントとらうま:僕にとっても石森センセイは「石森」です。 仮面ライダー、キカイダー、イナズマン、ロボット刑事..。 すべてがボクのセイシュンだったな〜(感慨)。 「とらうまin1974」でも書きましたが、石森センセイの描くコミック版は、素晴らしい子ども向けライブアクションだったTV版とは対照的に、かなりハードな「社会性」を盛り込んだアダルトチックな世界でした。 ボクも小学校のころ「天使編」を読んで、「いったいどうなっちゃうんだろ〜。」とビビった覚えがあります。 石森センセイの下で超ハードなアシスタント時代を送った豪センセイは間違いなく多大なる薫陶を受けたことでしょう。 石森なくして豪なし、デビルマンなし、とでも言うべきか..。 合掌。


次回は、なんと某現役女子アナの方から!!! 乞うご期待!!


NO.049
すんません、だいぶ間があいちゃって...実はボクの身辺にタダならぬ事態が...ウゥ。
、とまあ、個人の事情はさておいて、トラウマエクスプレス発進!! 会員番号24番 GO!! (2/12)

原元 美紀 さん

はじめまして、原元 美紀と申します。
「ヤフー」であなたのページを見つけました。

アニメの「デビルマン」しか知らなかった私は、あなたのストーリー紹介による「原作 デビルマン」で改めてデビルマンの魅力を知りました。
素晴らしい解説です!!

トラウマではありませんが、「デビルマン」は私の初恋です。
なぜなら、私の名前も「ミキ」。
不動 明が、「おいおい、ミキちゃんよぉ」または、「ミキーッ、愛してるぜーっ」と叫ぶ度に、幼いながらも、自分のことを呼ばれてるような気がして胸がドキドキしていました。

そしてオトナになってあなたのHPを見て、改めてデビルマンに惚れ直しました。

ところで、ひとつ質問があります。
アニメ「デビルマン」は、ヨーロッパのTVでも放送され、どこかの国で視聴率100%を取り、永井 豪は表彰されたという噂を聞いた事が有ります。
それは事実なのでしょうか?
ご存知ですか?もし知っていたら教えて頂けませんか?

では、今後の活躍を楽しみにしています。


HIRO−Pのワンポイントとらうま:はい。なにも言いません。まずここをクリックしてください http://www.t3.rim.or.jp/~mikih/ どうです!見ましたか!! あんびりーばぼーですよね! 実はこのお便りは投稿ではなかったのですが、ご本人に了解をいただいて、投稿として掲載させていただきました。 この後ボクもお返事を書いて、ちょっとしたやり取りがあったんですけど、今回のletterについてあらためてコメントさせていただきますと..。 まず、ボクのストーリ解説をほめていただきました。 ボクは小学校以来、文章を褒められたことがなかったので、とても嬉しかったッス。 そんで、「デビルマンが初恋」だなんて、ちょっとステキ! でも、みなさんお気づきのように、この美紀さんは原作版を読まれていなかったのです(もしかしてもうお読みになったでしょうか?)。 ボクの文章でデビルマンに惚れ直していただいたのは身に余る光栄&恐悦至極なんですけど、ぜひとも原作版を読んでいただいて、あらためて「とらうまっ子」としての生を受けられんことを願って止みません(もう会員番号あげちゃいましたけど..)。 それから、視聴率100%はもちろん、みなさんご存じ「グレンダイザー(ゴルドラッ ク)」です。 一応念のため..。


で、たびたびスンマセン! じつはボク●業の危機に瀕しておりまして...(単なる実話)。
とにかく、この週末あたりにはゼ〜〜〜〜〜〜〜ッタイ、更新しますんで、今日はこれでご勘弁を!!
次回は、まいるさん北波さんのベテラン投稿陣による「こいい」一発を2連発させていただきますんで、乞うご期待でヤンス!


NO.050

さあさ、超お待た! 元祖トラウマレディー!(失礼) 会員番号11番(5th)! (2/18)

まいる さん

ゆうなさん
すべてはアニメ版から「デビルマン」を知ってしまったことから始まっているといえるでしょう。
あれと、原作デビルマンは、別物と、こうしてみなさんの深いトラウマに触れながらも、私の心は未だ絶叫しています。

原作が連載されていた時代、まだ商業まんがには「テーマ」というものが存在していたし、作家たちは、それの如何を競い合えるだけの基盤があったと記憶しております。
「私は、この作品において、この事を訴えたい」と、彼らは語る言葉を持ち得ていたのです。

こと「デビルマン」においては、私自身の思い込みと一笑に付されても、「デビルマン」は「デビルマン」唯一無二のものとしか考えられません。デビルマンのルーツは?等々、いろいろご説もあるとは思いますが、ましてや。「豪ちゃん、たまにきつ〜〜い一発かましてみない?」なんて、編集部のご要望に応えてではない何かを感じてしまうのは、私だけでしょうか?

その「デビルマン」が、永井豪の語る言葉と、メッセージ、そして、密かに囁かれてもいるような、何がしかの天啓のようなもの?が、これだけ込められた作品であるという事を考え合わせた上で、その作品をあえて、当時のまんがというものよりはるかに規制の多かったアニメとして、公共の電波に乗せてしまうという事自体が信じられなかった。もう、当時の私としては、責任者出てこい状態でした(笑)

あの串刺しシーン抜きでは、リンチシーン抜きでは、メッセージは不完全なものでしかない。その一こま一こまにさえ、込められた言葉があった。その言葉を読み取ろうとせんがために、私たちは、こんなに今もなお、こだわりを捨て切れていないのではないだろうか?。。。まるで、聖書のページを繰るかのように、私たちは、あの作品にこだわり続けているではないか?

そのメッセージは、昨今よくある映画やマンガのオチのような単純なものでは決してなかった。こうして原作連載当時から知っていてなお、その中から汲み取ろうとして汲み取れないでいるもどかしさが、あの作品の虜にさせるなにものかであると思うのですが。

>それからなにをどうしたら良いのか解らずただ泣いていました。

私が抱きしめてあげたかった(・・\
その瞬間こそが、今ここにこうしている、あなたの始まりだったのでしょうね。

HIRO−Pのワンポイントとらうま:いや〜、さっすがまいるさんですね。 ボクとちがって、ゆうなさんのココロの傷をまっ正面から受け止めてくれました。 感謝するとともに、このコーナーが作り上げたのかもしれない読者相互の「癒し」の力というか、そういうものを感じて、主宰者としてはウレシイ限りですよ、ほんとに。 小学生だったボクの叫びが二十数年の時を経て、みなさんのマインドと共感しあってるのでしょうか? そして、読者の皆さんの間にも新しい輪が出来つつあるような..。 そのきっかけであり、すべての始まりであるデビルマン。 たった一本のマンガがここまでのHPを作らせてしまうデビルマン。 老いも(失礼)若きも、その魂に風穴を開けられてしまう恐るべきソウルシェーカー。 一片一片がカミソリで出来ているジグソーパズル...。 第一巻の最初のページを開けた瞬間、ショルダーガードはガチャっと降りて、降りられなくなってしまうジェットコースター..。 まいるさんのメッセージに戻りますけど、商業まんがが「テーマ」を失ってから久しいですね。 それはまんがにかぎらず、アニメや特撮もそうかと思うんですけど..。 それは それで嘆かわしいかぎりではありますが、デビルマンについていえば、テーマを超えたテーマ、娯楽を超えた娯楽、という領域に達しちゃった..。 まさに「ちゃった」、ってカンジはしますね。 逆に言うと、「達しちゃう」前段階の部分でも十分テーマ性はあるし、緻密な伏線もドッサリ(了のセリフとか)あるんだけど、作家ってのは一生に一度か二度、「達しちゃう」みたいですね。 そういう作品にブチ当たっちゃったボクらはって〜と、はたして幸か不幸か....。 ゆうなさん、いかがだったでしょうか? またお便りください。 そしてまいるさん、ありがとうございました。


すいません、またまた時間になっちゃいました。
次回こそ北波さん
そして、ついに原作を読んだ原元さん
さらにひさびさ了美さん、と、超強力ラインナップでお送りさせていただきます!!
こうご期待!!


NO.051
毎度毎度すいませ〜ん! では早速行きま〜っす! 会員番号1番さんで〜っす! (2/26)

さすらいのダイナミックフリーク北波さん(メールより抜粋)

「いしのもりぢゃないやい!」

(前略)

ゆうなさんのいう、『デビルマンの原点』ですが、簡単に作品名をば...。
デビュー作『目明しポリ吉』から既にキャラクターへのあふれんばかりの鬼畜ぶりは出てますね。お得意の「みんなしんじゃえ」節は、やはり、『ハレンチ学園』の「ハレンチ大戦争」編〜短編『鬼』。悪魔狩りの原点は短編『吸血鬼狩り』。暴力礼賛は『ガクエン退屈男』。また、『ハレンチ...』時代のPTAによる大糾弾がやっぱり『デビルマン』執筆一番の原動力だとは思いますね。

不動明-飛鳥了コンビの原点は、『ハレンチ...』の山岸&十兵衛〜『ガクエン...』の門土&竜馬を経てるように見えます。ジンメン編の後にある「ススムちゃん」のエピソードは、ずばり短編『ススムちゃん大ショック』という自作をセルフパロディしてます。無差別合体の恐怖は短編『くずれる』かな?

『魔王ダンテ』は、神vs悪魔で、悪魔を主人公にした...という意味では、原点ですが、確かにHIRO−Pさんのいう通り、構造はかなり違ってますね。
むしろ、『凄ノ王』の方が直結してます。(魔王ダンテの苦悩する主人公って、結構石森風だと思いません?明はああいうウジウジ悩むタイプじゃないっすよね。)

『ポリ吉』『ガクエン...』以外は、文庫で今でもお手ごろ値段で手に入る筈。
盟友・ケン石川も猛反対したという『バイオレンスジャック』衝撃のラストはこれらに目を通してからの方がショックでかいと思いません?

この辺語り出すと、到底一晩では足りないんですが...読めば納得するんだけど。
オフ会でもしますか(笑)作品用意して講義しますよ(苦笑)。
そういうHP作ろっかな。今、『ビバ!ダイナミック』って、タイトルは決まってるんですけど。(石川賢コミックリストも準備の準備中)


(中略)

P.S. 『世紀末 デビルマン読本』(浦山珠夫と光輝堂・編 コアラブックス)
   読みました?あれなら俺でも書けるなあ。何か永井ファンぽくないし。
   何より、連載当時読んでたという割に当時の突っ込み浅いしなあ。
   ただ、神についての突っ込みはちょっとうなずけました。

HIRO−Pのワンポイントとらうま:いやいや、ありがとうございます! 毎度ボクの超イーカゲンコメントを超体系的にフォローしてくれる、このコーナーのスーパーブレインの北波サン。 しかしアレですね〜、北波さんの列挙されたデビルマンのルーツたる作品群は、すなわち豪センセイの漫画史=代表作品群そのものといったカンジになってますね〜。 これは手塚センセも石ノ森センセもそうなんでしょうけど、結局作家のコアってのはひとつしかなくて、個々の作品はその水面下に横たわる氷山のあちらこちらが見えかくれしてるようなものなんですかね〜。 な〜んて無理矢理まとめちゃいましたけど..。 ただデビルマンは氷山が水面下から一瞬空中に跳ね上がって、逆さ落としで降ってきたよ〜な作品じゃないですかね〜。 ボクなんかその落下の瞬間の飛沫を浴びただけでブっ飛んじゃいましたよ、まったく..。 それはともかく、北波サンのHP、期待するとともに一抹のキョーイ(脅威)を感じちゃいますね〜。 北波サンがその気になって豪ページ作っちゃったら、このインチキコメンテーターはますます存在価値なくなっちゃいそうですね〜...ヤバい! ボクは実生活と あわせてダブル失業になっちゃったりして、ハハハ。 な〜んて単なる実話書いちゃいましたけど、北波さん、お互いがんばりましょう!
P.S.「世紀末 デビルマン読本」まだ読んでません、読んだらまたコメントしますね!


NO.052
お待たせしました! ぢょしアナ原元さん、再度登場!! 会員番号24番! (2/26)

原元 美紀 さん (メールより抜粋)

(前略)

ところで、やっと「完全復刻版 デビルマン」を読みました。
なかなか売ってなくって結構探しましたよ。

感想ですが、うーん、ホントにアニメとは違うのですね。
凄まじいの一言です!一気に読みました。
アニメでは、毎回いろんなデーモンが出て来てそれも楽しかったのですが、原作では、シレーヌやサイコジェニーなど、名が付いているのは数体。
その分了君の存在が大きかった。

年代の古い作品を読むと、必ず違和感を感じるものですが、(細かなギャグは置いといて、)古さを感じさせませんでした。
私が一番感心したのは、マンガにありがちな御都合主義も、了君のおかげで解消されていたということ。
「そんな馬鹿な」というツッコミも入れずに読めました。
了君をああいう設定にしたのは、まさに神業!
何も知らずに読んだ読者は全く裏切られたことでしょう。

了君に、「デーモンや人間たちの動きが、どうしてこんなに俺の思う通りに進んでいくのだろう?」
と疑問を抱かせる。

それは実は、了君が人間の恐怖心を「体得(?)」、する為に人間界に降りてきたデーモンだったから。

あの時代、人間の恐怖の意味・効果をここまで深く分析できた漫画家がいたであろうか!どんな宗教の世紀末論よりも説得力がありました。

広瀬さんの解説を先に読んでいても、素晴らしさは衰えなかったと思います。
他の漫画家達に絶大な影響を与えたと言われる所以が判りました。

先日、「モーニング」で、江川達也さんが「デビルマン」を描いていたのですが、あれは、断片的にイメージを抜き描きしたものだったのですね。
やっと納得できました。

まだ興奮しているんで、なんかまとまらないですが、読んで良かった。
HIRO−Pさんありがとう!!

原作を読んだ後にまたあなたの解説を読み直して深い感動を味わいました。


(後略)

HIRO−Pのワンポイントとらうま:とうとう読んでしまいましたね〜。 人生の向き、何度くらい変わりました? ボクは135度くらいだったけど、ガキのころだったんでその後もクルクル回って現在に至ってるよ〜な気がします。 それはさておき、一気に読まれたようですね! ボクのカイシャの女の子で、一巻の途中で挫折して、本を返してきた人いたけど、信じられないッスよ、あの漫画でタイクツするなんて..。 けっこうアート系に興味あったりするコだったんスけど..。 それまた置いといて、てゆうか、もうボクがヘタにコメントするまでもなく、美紀サンの受けたインパクトが、文面からかなり伝わってきますよ。 ボクもTV版との違いにショックを受けたんですけど、漫画版の巧妙(?)なとこは、一応、前半は各デーモンとの対決スタイルというTV版ライクな構成になっているとこですかね〜。 そんで、「わ〜、ちょっとエグい(半死語)じゃん、マンガの方は〜。」な〜んて、おマヌケな小学生が読み進んでいくと5巻でズドン!ってなことになるわけですよね〜(もっとも前半もじゅ〜ぶんコワいけど)。 そしておっしゃる通り。了クンの設定の妙。 ただ前にも 書きましたけど、了については当初の予定外だったそうですけど、でもそれにしちゃ〜やっぱ、もう初登場のときの目つきがすでにサタンってカンジもしますね〜。 古さを感じないという点についてはボクも全く同感。 逆に不思議なくらい新しい。 あの新しさは何だろうって思っちゃう。 別に今70年代リバイバルブームだからじゃなく、究極のエヴァー、じゃなかったエバーグリーンというか、エバーブラディーレッドというか、まだ2,3世紀は持ちそうですね〜。 でもあのギャグもなかなかイケてる感じしません? ボクのストーリー解説も少しはお役にたったようで光栄です! 今後もお互いデビルフリーカーとして頑張りましょう!


てなわけで、またまたまたまたごめんなさい、了美さんは次回になっちゃいました。
そしてさらに続々のNEW FACEさんたちが3名ほど待機してます。
しばしお待ちあれ!


ど〜もど〜も!、ほんとにすいません! HIRO−Pです!
ボク自身がミニ阿修羅地獄にはいっちゃったカンジですよ、まったく..。
カイシャはクビだし、その他その他..ブツブツ..。
でも、その間も投稿やメールをくださった皆さん、ありがとうございます!
とにかく行ってみましょう!!


NO.053
ほんとにおくれちゃってゴメン! 会員番号21番、またまたHELLO! (3/15)

了美 さん

どうも、お久しぶりです。
実はすぐにも投稿したかったのですけど、あんまり続けてしまうと、 ページが軽くなってしまいそうで、控えていましたゥゥ (テーマからはずれすぎちゃうし)

CLAMPさんの同人誌はそういえば昔本屋さんの店頭で見たこと があるような気がします。でも高くて買えなかったゥゥゥ
何故サタンが男の姿でいったのかについては、 わたしはもう勝手にゼノンあたりが「サタン様カワイーから女の子になっちゃうと絶対危ないですよ。不良とかにからまれて!」とかって反対して(でも実際の所あぶないのは不良のほう)更に魔将軍ザンあたりが中途ハンバな知識から、 「そーですよ。それにはじめはオトモダチから始めたほうがいいといいますし」とかって余計なこと云って、サイコジェニーが 「ちょうど最近死んだ飛鳥了というハーフの少年がいますし、 これを使っちゃいましょう」とダメ押しして 不動明の親友飛鳥了が誕生したのだ、とストーリーを 作っておりましたゥゥゥゥゥ
アスカ=了説ですが、わたしはどちらかというとカヲルのほうが了に近いような感じがしました(でも飛鳥=了子=ラングレーってよすぎるー♪)。
そういえばエヴァで一番好きなキャラはカヲル君ゥゥゥつくづく わたしってミーハーなんだなあ。

あいまいな部分が多いということで共通する、エヴァンゲリオンとデビルマンですが、その部分について語ることでその人の人生観や方向性や願望が、見えてくるような気がします。

HIRO−P様
身辺でただならぬ事が起こっていらっしゃるようですね。
ご無事をお祈りすることしか出来ないのですが、息災をお祈りしています。


HIRO−Pのワンポイントとらうま:いやいや、こちらこそお久しぶりになっちゃって....。 実はこの投稿もちょうど一カ月前にいただいたものだったんですよ。 ボク自身は半月ぶりのコメントです。 トホホ。 それはともかく、いいんですよ!了美さん! 君、ためらいたもうことなかれ! 重さ軽さ関係なし! とにかくこのコーナーはみなさんとボクの一本勝負! 思い立ったが書き時! 食べたいときがウマイとき...ってのは昔のククレカレーのCMですが、ホント、気にしないで行きましょう! で、サタン男の子デビューの内幕ですが..、そ〜だったんスか! ゼノン、ザン、サイジェニの三人(?)がスタイリスト兼マネージャーだったんだ! その光景ってスゴそう..。 ゼノンなんか、一人で4人分だし..。 ザンはあんまし出番のないキャラだったッスけど、TV版のムザンにその面影をみることができますね〜。 んで、サイコジェニーはとくに肩書ないけど、デーモン軍団のなかでは特別な地位にあったんでせうか? そんで、たしかにEVAにおいてはカヲル君が了に近いッスよね、「見た目」的にも。 ちなみにボクも半分死にかけ のカヲルHPやってます! で、次のセンテンス、あいまいなエヴァとデビル、っていうとこ...了美サン、深いじゃないッスか!! 軽いだなんてご謙遜ご謙遜!! まさにいい得手妙!ですよ。 ただ、エヴァに関しては、どこまでが意図的な曖昧さなのか、よくわかんないし、デビルマンはエヴァよりはかなりわかりやすいとは思います。 唯一デビルマンでわかりにくいのは「神」に関する部分じゃないですかね〜。 しかし、漫画でもアニメでも映画でも文学でも、解釈の多様な作品ほど名作だ、ということはよく言われますね〜。 かっこよく言うと、我々のイマジネーションを無限大に喚起する作品? 最後に、ボクへの励ましのお言葉、ありがとうございました。 なんとか頑張ります!


NO.054
次は、なんとあのファミコン版デビルマンに関する重大情報! (3/15)

魔太郎 さん

はじめまして。
以前話題になっていたFCのデビルマンですが、私はクリアーしました。
最後のボスはもちろんサタンでした(その前はゼノン)。
サタンを倒した後,「ゆるしてくれ 明・・・ わたしはおろかだった。」の名場面がデモでながれて、デビルマンが孤島で神の軍団の来襲をみつめている絵が出てきます。そしてゲーム中に助けた人の顔グラフィックが続きます。
なんと私のデビルマンは、人間に絶望することなくデーモンを倒してしまったのです!
パスワードをとるときに「あなたのデビルマンどは、**でガス」とでるし、捕まっている人間を助けたり助けなかったりできるのでマルチエンディングだと思います。
サイコジェニーや魔将軍ザンもでてきますよ。

HIRO−Pより:このお便りは、とらうまっ子とはちょっと違うので、あえて会員番号は出しませんでした。 それはともかく、....そうなんですか!! この日本のどこかに、アレをクリアした人がいたとは! 実はご存じのとおりこのHPはファミコンデビルマンについて別のコーナーを作ったんですが、そっちのほうが、ちょっと今、開店休業状態なもんで、本来そっちの、しかもラストのネタで使うべき情報だったんですが、あまりにもスゴいのでこっちに載せちゃいました。 しっかし、あの横スクロール画面で、ゼノンやサタンとバシバシ戦うなんて....スゴすぎる...。 たしかにあのゲームはいくらでもコンティニューできるので、婚期(ヤバい)、じゃなかった根気さえあればクリヤできんことはないとは思うんですけど..。 それにしても、出てくるんですか....アノ場面が....(絶句)。 で、デビルマンが迎え撃つんですかね〜、神の軍団を......イヤハヤなんとも....。 って、やたら「.....」ばっかになっちゃいましたが、やっぱオドロキですよ〜。 今、ボクの目の前に問題のカセットがありますけど、この中にそんなスゴいデータ が入ってるんだな〜って思うと..。 一応、豪センセも監修したんでしょうね〜。 ちなみにボクはシレーヌ、カイム、ジンメンのとこまでしか行ってません。 それにしても魔太郎さん、貴重な情報ありがとう! 今度、牧村夫妻の消息についても教えてください! ぜひ。


NO.055
続いては、NEW FACE さん。 会員番号25番! (3/15)

ユニコーン さん

そうですねー。おもしろいっすねー。このページは。ぼくは今22歳ですが、デビルマンとの出会いはたしか10歳くらいだったと思います。なんとなく手に取ったのですが・・はまりました!やっぱ僕が好きなのは、カイムっすねー。シレーヌと合体した姿はなんともいえず迫力ありました。トラウマ的にはぼくよりも4つ下の弟の方が強かったみたいで、そんな弟の枕元にこっそりと単行本を置いておくという嫌がらせをして楽しんでいました。ハハハ・・。
 あと僕はたしかソノラマ文庫とかいう会社からでていた小説版デビルマンも読みふけりましたね。不動明以外のデビルマン心の動き等が読みとれてなかなかたのしいっす。腕だけデビルマンとか出てきていかします。
 僕が気に入っている悪魔はサイコジェニーです。なんかセクシャルですよね。
 他にもゲッターロボとかマジンガーとか何で「機械から血が出るんじゃ」って感じできてますよね。また送ります。


HIRO−Pのワンポイントとらうま:楽しんでいただいてるようですね。 しかし、カイムってどっか機械獣みたいなカンジしませんか? そういえば合体機械獣なんてのもあったな〜。 んで、4っつ下ってことは当時6才ですか?弟サン。 そりゃキツいわ。 小説版は一度ちゃんと読んでみたいですね。 で、サイコジェニーちゃん。 たしかによく見ると女性のボディーラインですね〜。 しかし彼女(?)はいったい何と何が合体したデーモンなんだ? ゲッターやマジンガーもスプラッター感覚あふれる作品でしたね。 またヨロシク!


NO.056
もう一ちょいくか! あれ?この人知ってる..。 会員番号26番!? (3/15)

やまなさとし さん

こんにちは。おひさしぶりです。
あのあとも、ちょくちょく電脳に〜と倶楽部寄らせてもらってます。
当然、俺とデビルマンも読ませてもらってます。
で、俺とデビルマンを読むまで1度も原作のほうは読んだことはなかったんですが、何回も寄ってるうちに読んでみたくなり最近になって、知人が文庫版をかったとのことで、それを借りて読みました。(OVA版は見たことがあったけど)どちらかというと、永井豪作品の画風があまり好きではなかったので毛嫌いしていたのかもしれない。
読んだ直後はっきりいって頭が痛くなりました。
こんなものが少年漫画として発表されていたという事実に、あまりの業の深さに。
こんな感じはその昔”地獄の黙示録”、”ザンボット3”、”TheWall”を見た時以来だった。
感想としては、読んだのが今ごろだったのが後悔してしまった、と同時に、今まで知らなくてよかったのかもしれない。
内容についてはまだ消化しきれない。もしかしたら永遠に消化できないかもしれない。
まったく、こんな物を読む気にさせてくれて****ありがとう。
それはともかく、仕事のほう大丈夫ですか?


HIRO−Pのワンポイントとらうま:いやいや、実はこの方、ボクの郷里の友人なんですけど、とうとうデビルマン体験されちゃったようですね! まずはおめでとう! かなりキてるようですね! ただ、文庫版は「新デビルマン」からのオマケがいっぱいはいちゃってるのでちょっと気にはなりますが..。 でもインパクトがじゅうぶん伝わったようでひと安心(?)。 で、地獄の黙示録やザンボット3(ボクのやってる電脳に〜と倶楽部にて収録)、そしてTHE WALL(ロックバンドのピンクフロイドの曲をアランパーカーがトラウマムービーに仕立てた)と比較すべき作品とのコメントは、同じ郷里で過ごした者として泣けましたね〜。 それらがボクらのセイシュン!! ちなみに、近々、このコーナーの某読者の方が「ジゴモク」HPを立ち上げられるそうです(マル秘情報)。 というわけで、デビルマンを新たな心の糧(?)として頑張ってください! 完全復刻版も御一読あれ! ボクも職探し頑張ります! (ちなみに****の部分はボクの郷里での呼び名です)


NO.057
さらにいくよ! 本日ラスト! 会員番号27番だ!! (3/15)

Pちゃん さん

はじめまして。インタ−ネット始めて1ヶ月未満の奈良に住む主婦です。デビルマンファン達のペ−ジを作られてるなんて感動しました。それで思わず私も”私とデビルマンの出会い”を聞いていただきたくて・・・
 
私もまずはTVからはいりました。その頃は、おもしろいなあって毎週みてたけど、どちらかというとエンデイングでハト(?)の飛ぶ中、デビルマンの向きが変わる瞬間を見るのが好きだったというか、見ないと気がすまなかったというか、その程度だったんですが、”原作”に出会ったのは今から?年前、高校2年の時でした。兄の部屋でみつけて・・・兄は永井豪さんの漫画、結構買ってた世代なのでいろいろあったなか、”このデビルマン何?TVと姿がちがう〜”と読み始めたのです。
 
それからは5巻一気に読みました。何ともいえない衝撃と感動を覚えています。でも、私の単純な脳細胞ではスト−リ−が理解しきれず、3度程、読み返しました。
やっと頭に入ってから、おせっかいな私は学校でみんなにすすめました。すると、あっという間にクラス中のほとんどが、授業中にまわし読みをし、ボロボロになって私の手元に返ってきたのを覚えています。
 
それからの私はもうたいへん。初めてアニメの主人公に恋をしてしまいました。そう、明君に、デビルマンにほれてしまったのです。何度美樹を自分におきかえ想像したことか・・・女ならあんな強い人に守られたいです、本当に。しかもそれがすぐそばにいる明君とは知らないなんて映画のス−パ−マンみたいですよね。
でも、結局最後は守ってもらえなくって・・・
スト−リ−の凄さにはまいったけど、悲しい結末にはもっとまいりました。もう少し何とかならないの・・・と。 
ラブスト−リ−だったんですネ、当時高校生の私にとっては。

だらだらつまらない事書いてしまったけど、デビルマンと明君は今も私の心の恋人です。


HIRO−Pのワンポイントとらうま:ありがとうございました。 なんか、とてもよくまとまった文章ですね。 ボクもこのコーナー長くやってると、自分が通信添削のセンセイになったような気になるときがありますよ。 それはともかくも、TVから入られたという点、ボクと同じですね。 ハトが飛ぶとこ、ありましたね〜、20ン年ぶりに思い出しちゃいました。 ボクの田舎ではなぜか日曜の昼にやってて、ウチは母親が日曜も働いてたせいか、よくカップヌードルをすすりながらデビルマンを見ていたおぼえがあります。 ボクは最近思うんですが、計算してかどうか、TVは原作を補完していたんじゃないかと..。 つまり、明&ミキのラブラブな日々や平和な牧村家は、ふんだんにTVにでてきましたよね。 そういう場面は原作にもあったし、ひとつひとつをとればTVよりも濃かったりするんですけど、原作のラストの牧村家崩壊はやはり、TVを見てる人ほどショックをうけたはずですよね。 逆に言うと、デーモン・ウォーが起こらなかったもう一つの世界というか、あるべき(?)未来の姿がTV版の世界ではないのかと..。 さらに言えば、TVとマガジンはほぼ同時進行だ ったので、豪センセイだってTV版を意識してないはずはないと思うんですよ。 ちょっとそれちゃいましたね。 ボクは男なんでわからないけど、たしかに明クンは最強だし、正義感も愛もバリバリ。 すこし昔のヤクザ映画のキャラの影響をうけている気もしますが..。 逆にいうと美樹(ミキ)ちゃんも当時の男子小中高生にとっての....なんて言うのかな..アイドルじゃなくて、セックスシンボルじゃなくて..なんていうか、70年代アクティブカワイイ系ギャルのイデアが結晶したようなもんですかね〜。 マジンガーの弓さやかみたいにロボット乗り回したりはしなかったけど、インパクトはミキのほうがあったような気がしますね〜。 で、ラブストーリーとしてのデビルマンですが、原作版で言うと、ま、了クンはおいといて、ボクは「ミキ」が「美樹」になっていたのにドキっとしたのをおぼえてます。 やはりちょっとアダルトテイストはいってますよね。 特にシレーヌ編あたりでひとつの盛り上がりを見せますけど。 ただいつも思うんですけど、デーモンと合体したから明は「男らしく」なって「愛」も盛り上がるんですけど、アレはなにを意味してるのか? これはひょっ としたらデビルマン全体のテーマに通じるのかもしれないですけど、ひとことで言えば「成長」かな。 明クンだって別にデーモンと合体しなくてもそこそこ逞しさを身につけていったんじゃないでしょうか。 あそこまで強くなるのはちょっとキツいけどね。 ただ、合体しても人間の心を持ち続けるためのキーワードが純粋な心だとするならば、あのストーリーのひとつのテーマは、純粋な者こそ真の力を得ることが出来る、ということになるんじゃないでしょうか。 なんか、また話がそれちゃいました。 ボクもあんな強い男になりたいと思ってましたよ。 そして、ボクもあんな恋がしてみたい(最後悲惨だけど)。


ってなわけで、いかがでしたでしょうか?
ボク自身ミニ阿修羅地獄にハマってるだけあって、文章もちょっと暴走気味だったですね。
さて、次回は、あぐり さん、和己 さん、が控えてらっしゃいます。
来週早々くらいにやらせていただきますんで、こうご期待!


いやいや。
またしても大ブランクあけちゃいました。
ホントにごめんなさい。
晴れて(?)失業者となった今、心も軽く身も軽く...と行きたいとこですが、どうもいまひとつヘンなカンジ。
ま、当たり前ですけどね。 固定収入なくなっちゃったわけですから。
とにかく、いまんとこ時間だけはあるんでなんとかサボった分を取り返したいと思います!
皆さんもお便りヨロシク!


NO.058
さあ、それでは気分も新たに! 会員番号28番様、パイルダーオォォォン!! (4/2)

あぐり さん

こんにちは、はじめまして。初投稿です。20代後半女性です。
 私の永井豪体験は、『キューティハニー』からですね。その後は「エッチな漫画の人」というイメージで20代を迎えました。
 23のとき、友だちに借りて『デビルマン』読んだのが、第二の、そして真の出会いになったと思います。
 美樹ちゃんが、悪魔にでなく、悪魔と化した人間に惨殺されてしまうというのがショックでした。

 えーとえと、実はわたくし、やおい系のHPつくってまして、意外と好評をいただいていたりするのですが、そういう中で私の「やおい原体験」を思い出すと、なんとなんと『グレンダイザー』に行き着いたりするのですね。その辺についてはここでは深くは語りませんが。
 でもって、マジンガーもグレンダイザーも永井作品だった、ということを知ったのはわりと最近だったりするのです。
 やっぱりすごいなあ、永井豪♪(違うってば)

 その私は、近ごろ、永井作品を次から次へと読み漁っています。
 子供むけ作品でも、残虐でディープな描写があるのがすごいですね。私はどちらかと言うとお子様ランチ派で、ディズニーなんか今でもひじょうに好きなのですが、永井作品とそしてネットのおかげで、近ごろはだいぶ好みや趣味も変わってきた・・・いや、「変わる」とまではいかないか。「幅が出てきた」くらいかな?・・・とにかく革命的なできごとをむかえているような気がします。
 今の私は『マジンサーガ』の続きが出るのを待ってます。
 この作品の5巻に出てくる、ビストリカ村の娘たちの運命・・・敵につかまって改造され、敵の子どもを生み育てるだけの存在になり果ててしまう・・・これがひじょうにショッキングで、これを読んだ日はおひるごはんがのどを通らなかったです。男性の方々はどうか知らないですが、女性の私には気分が悪くなるものでした。ほんとに。
 でももっとショックだったのは、そんな運命になった娘が自ら「殺して」と願うのに・・・望み通り「殺して」あげたあとで、ヒロインが「でも、本当に殺してほしかったのかしら・・・」とつぶやく、というところでした。
 ただいたずらに残虐描写を繰り返して扇情するだけではなしに、重たい重たいものを残してしまう、というのが永井作品のすごさだと思います。

 初投稿で、もしかしたらハズしてしまったかも。でもかかせていただいてありがとうございました。
 乱文乱筆失礼いたしました。

HIRO−Pのワンポイントとらうま:どもども。 楽しい投稿ありがとうございます。 ぜ〜んぜんハズしてないですよ! 逆に、内容が盛りだくさんなので、どうコメントしていいか、なかなか手強いな、コリャ。 全体的には、あぐりサンにおける「私と永井豪」的なお便りですね〜。 ボクもコミック版キューティーハニーはエッチだと思いますよ。 確か最初に読んだのはエネルギー切れて、公園で素っ裸で困り果てる場面だったかな..。 ありゃTV版より200倍くらいエッチだと思ったな〜(当時小5?)。 TV版も違ったテイストのインパクト持ってましたけどね〜。 で、やっぱ、美樹ちゃんのアレは、やっぱスゴすぎですよね〜。 古今東西、悲劇のヒロイン数々あれど、あれに勝るヒゲキ度があるだろうかと、今更のように思ってしまいますね〜。 で、そ〜なんですか、やおい関係も豪センセにお世話(?)になったんですか! しかもグレンダイザーですか! ってことは、やっぱ、●ュークフリードX●甲児....ですか? ってあまり深くつっこんだらいかんようなんで、そのくらいにして...。 そうですか..マジンサーガにそんなエピソードがあるんですか ..知らなんだ..。 今度読んでみますけど、そのエピソードの原形はコミック版マジンガーの「グロゴスG5」のエピソードのような気がしますね〜。 知ってる人は知っていると思うんですけど、ブロッケン軍団がある町をある晩突然占領し、年寄りはその場で射殺、若いお兄さんは戦闘員に改造、女子供は素っ裸(今回2回目)にされて機械獣の全身に張り付け、という壮絶なシチュエーション。 でも女子供は何人かは死んじゃうけど結局救出されるんで、「ビストリカ村」よりは救いがありますね〜。 ただ、そのエピソードにしても、適当に(?)エロとギャグをちりばめていたとはいえ、なかなか他のマンガでは味わえない豪センセ流ザンコクテイストで、当時クラクラした覚えがあります。 今回はちょっとデビルマン度が低めでしたけど、またお便りお待ちしてます!


NO.059
では、ドンドン行きますよ。 ン...これは....? (4/2)

Devil Dan さん

Devilman is god!!!!

ONE POINT TIGER-HORSE FROM HIRO-P:Oh!! You are allright!! Off course.....sorry, of course,Devilman is God!!!! Gott mit uns!! The enemy of Rider-X is God!? Goddora-Damusu no daiyogen......?


NO.060
ハアハア、なんかインターナショナルバージョン入っちゃいましたね〜...でも Devil Dan さんってなんか日本人のような気がするんだけどな〜..。 ま、それはともかく、次の方です! Membership No.29! (4/2)

和己 さん

こうゆうの、はじめてなんです。ていうか、何回か送ろうとしたんですが、すべて失敗に終わってるのでこれもうまくできるかどうか・・・
私も、TVも原作も見ました。どっちもいいけど、やっぱり原作のデビルマンが好き!だってTVのはパンツだし・・この前OVAのキューティーハニーのNo・3を観たときオープニングで明君とシレーヌがいてたのー。(ほんまにちょっとだけやけど)だから嬉しくなって、デビルマンのHPにアクセスしました。また見ますね。

HIRO−Pのワンポイント...とらうま?:ありゃ? こりゃとらうまかな? でも会員番号あげちゃったし...ま、いっか! ハハハ。 お見受けしたところ、関西系の女性の方のようですね。 バッチリ届きましたよ(だいぶ遅くなっちゃったけど...。)! で、やっぱ、このお便りのポイントは「TVのはパンツ」ってとこッスね! まあみなさんTV版原作版と好みも分かれるとこだとは思いますが、TV版デビルマンのデザインをあえてけなすとすれば、あまりにもスポーツ選手っぽいルックスだってとこですかね〜。 ご存じの通り最近出てる高価なアクションフィギュアでもTV版と原作版は両方出てるんですけど、何かの雑誌に書いてあったTV版デザインに対する形容の言葉は「ギリシャ彫刻を思わせる..」なんて書いてあったかな。 TV版はたしか小松原一男先生が手を加えられたと聞いてますけど、一種の生物であるはずのデーモンだったデビルマンがパンツにベルトにバックルってのは確かに....。 もっとも、それでもTVのデビルマンはけっこうブキミだったし、ベルトとバックルを見慣れていたボクにとってコミックの尻尾はけっこう強烈でしたけど..。  んで、とりあえず、和己サンのトラウマはパンツでした...でいいですか?


NO.061
はい、パンツをはいたデビルマン、みたいな本書いてたヒトはいまや自民党になっちゃいましたが、次の方です! 会員番号30ば〜〜ん!

魔太郎 さん

(前略)

私の原作版デビルマンとの本格的な出会いは、二年半ぐらい前にコンビニで立ち読みをした「いきなり最終回」でした。アニメ版とマンガ版は全然違うらしいと聞いていたし、小学三年の頃に豪華愛蔵版の一巻だけ読んだ事があったので、どんな最終回やろ?とパラパラッと読んでみたら、全然わからない(笑)。
数日後、古本屋で完全復刻版を見付けたので、全巻買って読んでみて凄まじい衝撃を受けました。初めて読んだ日は興奮と恐怖と感動と悲しみで眠れませんでしたよ、「俺はこんな凄いマンガを18年間も知らずに暮らしてきたのかー!!!」って感じで。
で、次の日から現在まで永井豪作品集めまくり、友人に勧めまくりの毎日を送っています。

でもデビルマンってラブコメ(ああっ*神さま、B*YS BEなど)好きの人達には、いまいち受けが悪いんだよねー。

HIRO−Pのワンポイントとらうま:どもども、またまたのご来店ありがとございます! 実は(前略)の部分には例のファミコンデビルマンの最終ステージ攻略に関する貴重な情報が入ってたんですけど、これはせっかくの情報提供を尊重し、後日「FCデビルマン」コーナーにて堂々の発表を行いたいと思いますので乞うご期待! で、魔太郎さんは前回のFCデビルマンエンディングに関する衝撃のレポートに続き、今回、デビルマン体験をお寄せいただきましたので、めでたく栄誉ある会員番号30番の座を獲得されました!(ちょっとオオゲサ。 会員番号ケチっててゴメンナサイ。) で、「いきなり最終回」とはまた、新パターンじゃあ〜〜りませんか! でもたしかに他にもいるかもしれないな〜、あれで気付いたヒト。 ちなみに失礼ながら魔太郎サンの現在のお年を推理させていただきますと..小学三年ごろ(8才?)から18年間知らなかった(8+18=26)ことに気付いたのが2年半くらい前...とのことですので、26+2.5=....今は29くらいですか? なんて年齢当てやってもしょうがないんですが、そうすると、FCをクリヤされたのは多分、原作を読んで からだろうから、けっこ〜最近なんですかね〜? もしかして中古かなんかで買ったんすか、カセット? それはともかく、本題に戻ると、魔太郎さんのようにデビルマンが永井豪教入信のきっかけになったヒトは永井豪信者の何割くらいなんでしょうかね〜。 布教活動にはげんでらっしゃるようですね〜。 んで、ラブコメ系の人達が拒否反応を示してるのはたしかに納得できますね〜。 あいつら〜軟弱野郎だ!基本的な人生観の違い! な〜んて一言で切って捨ててしまうのはカンタンですけど、意外とラブコメ系の人でもバイオレンスジャックのような体格してる人がいて、ケンカすると負けたりするから世の中複雑だ..。 ま、そういう人たちにはやっぱイヤハヤ南友あたりから入ってもらうのがいいんじゃないスかね〜(逆効果?)。


NO.062
あれあれ、掲載前にまたまたいただいちゃいました。 会員番号29番Again! (4/2)

和己 さん

こんにちは。ちょっとひまをみつけて、書かせてもらいます。
この前ひさびさに、オリジナルビデオのデビルマン観てしまいました。(なんか、このページをみて触発されたのね)やっぱりいいです、たまんないです。
結婚して、子供2人も産んでそれでもなお、明くんにときめいてる私。やばいかなー。
あと、Pちゃんさんの投稿みて思い出したんですけど、私はエンディングの明くんがバイクで走って明くんとデビルマンの顔が重なるところが好きでした。
でも子供心に「悪魔なのにパンツって変だ」と考えてましたねー。だから原作のデビルマンをみて、「あぁ、やっぱりこれだよー」って感動したもんです。
そして今2歳の子供といっしょにデビルマンをみてます。これって、この子にトラウマ与えてんのかな・・・でもデビルマンを見て「かっこいー!!」って言ってるんで、やっぱり私の子なのね。
ではまた。がんばってください。
(一部改行HIRO−P)

HIRO−Pのワンポイントとらうま:はいはい、またまたありがとうございます! そうですか、和己サンは2児の母! 育児のかたわら投稿してくださってるんでしょうか。 なんかこのコーナーもお昼のラジオ番組みたいになってきちゃいましたね〜。 かなり、ほのぼの系はいちゃってますけど、それはそれでいいですね〜。 もはや時代は親子で原作デビルマン! トラウマも一子相伝! ってなんか北斗神拳みたいッスけど、いくつになってもデビルマンっていいっすね〜..って水野晴郎か! 明くんはみんなの青春のモニュメント!? それはともかく明くんとデビルマンの顔が重なるところは憶えてないな..悲しいぜ。 で、パンツですけど、和己サンの場合、原作で納得して感動されたんですか、ナルホド。 人それぞれですね〜。 しかし2歳にして「原デビ」とはまた、スゴい免疫療法? ジンメンのとこなんか大丈夫だったですか〜、ってちょっと心配になっちゃいましたけど、あれ見て育つ子はタクマシイだろーな、ってなんとなく感動しちゃいました。 和己さんも子育てがんばってください!


ってなわけで、半月ぶりの「とら倶楽」、いかがでしたでしょうか?
本日はここらでちょっとビーイングタイムに移らせて頂きたいと思います。
次回は、遂に来た!久々の超重爆撃、鈴木満彦さんはじめ、早くも3度目の登場の和己さん、そして初登場RIKACOさんなどなど、調教力...じゃなくて超強力ラインナップでお届けいたします!(たぶんこの週末)


では..4ページ目にGO!!


さあ、皆さんも「とらうま」を吐き出してトリップしましょう!

お名前:

メールアドレス(任意): 公開 非公開

デビルマン等に関する体験、感想




または、 めーる にて。

以下つづく 

「俺とデビルマン」トップへ