click here!
Cyber Click!

とらうまっ子倶楽部 [

10/9スタート! 10/26分 11/12分 12/7更新! 投稿フォームへ 前のページへ 殿堂へ HOME


ども、またまたご無沙汰しちゃってました! HIRO-Pです。
もの憂い季節になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょう?
最近は朝っぱらから和歌山の事件のTVばっか見てます....そんなことはともかく、今日もまたいってみましょう!!


NO.139
では一発目! う...これは濃ゆそうだぞ...の、No.48 (10/9)

小畑雄司 さん

前回は、何か、愚痴ばっかしだったので、今回ちゃんとトラウマ話をと思いメールしました。
俺が、初めて原作版のストーリーを知ったのは実は原作の、マンガ゙じゃないんですわ。
俺が小学生の低学年の時、ある本屋でデビルマンの本を見つけたんですわ。
それが、少年マガジンが別冊で出してた「ロマンアルバム・シリーズ」
とか言うやつでした。
表紙はテレビ版のデビルマンがどーんと出て、テレビ版のデビルマンが大好きだった俺はすかさず中身を見ずに買って帰った。
で、家に帰って1ページ目をめくると、テレビ版の美樹ちゃんの全裸じゃーあーりませんか!?
俺は「はぁうあ! 何やこれ?」と重いつつ次ページをみると、なんかヒムラーみたいな男(飛鳥 了を始めてみた時そう思った(^^ゞ)と明がディスコデーフィーバー・・・・そんで、アモンとの合体・・・
「なんや?この話は?これ「ひむら」とちゃうんか?飛鳥 了? ????」と戸惑いつつも読みつづけると・・・・
タレちゃん(これもテレビ版のキャラ)のく、首が切断されてる?
はぁうあ!?美樹ちゃんがーーー!?
実はこの本、メインはテレビ版の全話リストとか声優の写真と経歴とか、キャラ設定とかの本だったんですが、巻頭にテレビ版キャラによる原作ストーリが再現されていました。(しかも、全てセル画から書き起こしてある)
そーりゃーあんた・・・テレビのデビルマンキャラで原作ストーリー演られたら、ショッキングでっせー?
もー何が何だか・・・・。テレビ版のデビルマンしか知らなかった小学生の俺に、お馴染みのキャラが繰り広げる別世界のストーリー。
で、その本でこれが、原作版のストーリーであること、また、原作版のデビルマンが毛がモジャモジャで尻尾がある
恐い容姿である事も知ったのでした。
当時の俺には、とても原作版のデビルマンを「かっこいい」とは思えず、気持ち悪いとしか思えなっかた。
(当時、その後にハマルことになるバイオレンスジャックでさえ、本屋で見かけては気持ち悪いと思ってた)
で、とりあえず俺は、見なっかた事にするのが1番という結論に到達した。
しかし、小学校5、6年の時に再び、原作版のデビルマンに遭遇(奇しくも、同じ本屋であった)
幾分、成長していた俺は迷わずに購入し、再度、ショックを受ける事になる。
ロマンアルバムではストーリの抜粋で構成されていた為、原作版はやはり、ショック大だった。

テレビ版の美樹ちゃんやタレちゃんの、首チョンパの姿は原作版よりビジュアル的にショックだったけど・・・。
このロマンアルバムは1年位前まで大事に保管してあったのだが、結婚して引っ越しの際に紛失してしまった(TT)

ps 俺の持ってる原作版の本の著者近影の所に、永井 豪氏の写真とコメントの他に<住所>っていうのがあって
住所が書いてあるんだけど、これって当時の自宅?(^^;
ちなみに住所は東京都豊島区東池袋2−7−21 東京大塚コーポ302号室となってるけど・・・・


HIRO-Pのワンポイントとらうま: なるほど! ロマンアルバムとあったから、てっきり徳間のアレかと思ったんですけど、もしかしてボクもそれを見たおぼえがあるかもしれない...。 こういった「資料モノ」話に関してはボクのいいかげんさは定評があるので、話半分で聞いてもらいたいんですけど、その「ロマンアルバム シリーズ」って、巻頭に小松原氏が描いた悪魔特捜隊拷問室で叫ぶ明の絵が載ってなかったでしょうか? とにかく、その本は原作アニメ化のパイロット版的なノリで作られていたのはおぼえてるので、多分、小畑サンが見たものと同じではないかと言う気がします。 しかし、もし持ってたら超プレミア...だったかも...。 みなさまの情報をお待ちしてます! あと、センセイの御住所はたぶん結婚前だから現在はちがうのでは...。 しかし最近某ゴーマニズム漫画家と某オタク評論家の大ゲンカのとき、ゴーマン漫画家サイドの某おたくライターの住所をバラしたバラさなかったでモメてましたが、昔はストーカーとかもそれほどいなかったのか、けっこう皆さん住所を公表されてたような...気がします。


NO.140
次、いきましゅ..今度は初めての方..会員番号65番! (10/9)

サットン さん

はじめまして!!!
私のデビルマンとの出会いは、アニメでした。(ちなみに私34歳、妻子供2人 すいません、あまり関係ありませんが)マンガとの出会いは、それから2〜3年あとでしょうか、KCの単行本を見たとき、かなりショックを受けたクチです。
特にショックを受けたのは、あの血まみれのシレ―ヌの姿でした。
ラストは、正直言ってそこまでのショックは無かったと記憶しています。
ところで話は変わりますが実は、僕もイヤモンフリークでーす。
アニメ版LDを買ったクチですから、オッパイポロリン最高っす。
あの、長い髪と尻尾、大人になった今でもなんか興奮しちゃうんですよ!(すいません、年甲斐もなく・・・)
またまた話は、変わりますがマンガ、アニメ双方のキャラの人気投票をやっては、いかがですか。(それもデーモンキャラ限定で)HIRO−Pさん検討してみてください。


HIRO-Pのワンポイントとらうま:おお、妻子もちの方ですか! っていっても、このコーナー、半分くらい所帯持ちのひとでは..という気がします..。 ボクはといえば...悪魔特捜隊のない平和な世の中になったら所帯を持とうかな...ってなことは置いといて、なるほど、ラストよりもシレーヌがショックだったという人はけっこう多いですね〜。 羽根がモゲた顔のとこ、痛そうだもんな〜。 ボクもジンメンや首ちょんぱほどではないけど、子供心に夜道をバイクで走っていってライフルでシレーヌを撃つ了の姿が焼きついてます。 しかし、またまた出現! イヤモンフリーク! TV版キャラNo1...かな? で、人気投票ってあちこちのページでやってますよね、cgiでオートマのやつ。 たしかにデビルマンのは見たことないから、やってみようかな...。 ちょっと最近いろんなことに手を出し過ぎてなかなかすぐにはできないかもしれないですけど、cgiスクリプトさえあれば簡単にできそう..。 だれか教えて! ボクも研究しますけど(そういえばOVAn続き制作の署名cgiもやんなきゃ..)


NO.141
続いても新しいお友達! 会員番号は66番(ボクの誕生日も66)! (10/9)

後藤田 さん

はじめまして。後藤田と申します。いつも楽しく拝見させていただいています。
今日はじめてエンディングテーマを聞くことができてうれしいです(いつもは勤め先で見ているので…)。本当、永遠の名曲ですね。永井先生の作品ではこの曲と「zのテーマ」が聞いててたまらなくなる曲ベスト2です。

ごく最近、ようやく「デビルマン」の完全復刻版を手にいれ、読むことができました。
文庫版を昨年読む機会があり、そのときもたしかに凄くて、ショックを受けたのですが……復刻版は違いますね!
いくら加筆されているからといっても文庫版も同じ「デビルマン」のはずなのに、オリジナルのこの迫力は何?何が違うんだろう?と思います。
さらに困ったことに、復刻版を読んでから他の漫画もいろいろと読んでみたのですが…どれも面白いし、感動もするのですが…どれもこれも「物足りなく」思えてしまう。「不朽の名作」を文庫でたくさん読んだのに…ああ困った。
この状態はちょっと続きそうです。う〜んやっぱり「デビルマン」のパワーはすごい。

きっと時間がたてば落ち着くと思います。何をいいたいのかわからないまま送信してしまって申し訳ありません。うろたえているまま、乱文失礼いたしました。次の更新を楽しみに待っています。

HIRO-Pのワンポイントとらうま:エンディングテーマ、気に入っていただいたようですね! オフィスとかで見てるみなさんも、JavaやMIDIをはずしてる皆さんも、たまには聞いて見てください! 手作り風オルゴールでやっております。 ただネスケの人にはJava起動がキツい場合があるので、ちょっと改良してみます! で、「Zのテーマ」というと、「ひっとのい〜のち〜わ〜...」ですよね....っとスパロボ大戦Fのカラオケモードで確認、Ok! ボクもあの歌ダイスキ! 劇中でタマに(けっこう頻繁だったかな..)かかるところがいいですよね。 昔のアニメ特撮のいわゆる「挿入歌(意味深..?)」には主題歌よりも燃える曲がけっこうあったような気がしますね〜。 それはともかく、デビルマン..。 ふむ、文庫版と復刻版、そんなに違った印象を持たれましたか! ボクは「豪華愛蔵版」で文庫版と同じものを読んだんですけど、そういわれると、やっぱ、余分なものがない分オリジナルの持つパワーがひときわ際立ってるッスよね! ちなみに不朽の名作ってのは豪センセイの、という意味ですか、それとも他のマンガ家さんのも含めてという意味でしょうか..。 いず れにしても、オリジナルのパワーに脱帽ですね。 みなさんも「完全復刻版」を一度は読んでくださいんね! そして、4巻と5巻を目の前に置いて、子供の頃のボクが本屋で味わったキンチョー感を味わってみてね!(無理かな?) それにしても、コーフン状態がちょっと伝わってくるようなホットな文章、ありがとうございました! またよろしく!


NO.142
しかし、今日もどこかでだれかがデビルマン体験! してますね! ではお次は....?、わ!会員番号61番 (10/9)

zenon さん

 かなり以前に投稿させていただきましたzenonです。このページを発見したときにかなりハイな気分になってしまったため思わず長年抱いていた思いを吐露してしまいました。文字が化けてしまった内容に関しては忘れてしまい、訂正できませんのでその点についてはお許し願いたいと思います。今回再び投稿させていただきたいと思ったのは、ここに投稿されている様々な内容から触発されたからです。
 僕は、デビルマンはその作品を以って完結しており、その他の永井豪作品に登場するデビルマン関連の話はすべて‘IFという可柏pが同じだけの全くの別物と考えています。


HIRO-Pのワンポイントとらうま:こりゃこりゃ、お久しぶりです! 皆さんは前回のzenonさんの衝撃の投稿をおぼえてますか? Rolling する Heart の status を straight に shout されてて、ボクも少なからず衝撃を受けたものです。 ただ、字化け部分については restore 不可能のようで残念ですね〜。 それでもまた投稿いただけてうれしいです! で、今回も一部字化けちゃってますけど、zenonさんの opinion はよくわかりますよ! やはり original is only original ということですね(ってすいません、横文字ばっかで..)。 「レディー」が「デビルマン」との関連性をますます明確に現してきた昨今、ボクもおもわず毎週の展開を追っかけてますが、それはそれとして、zenonさんの言葉もまた胸に染み入る今日この頃ですね〜。 はたしてあさってから始まるアニメシリーズやいかに、といったところではありますが..。 しかし、zenonさんはまだなにか胸に秘めていらっしゃるような気がいたします。 なにかございまし たら、またよろしく!


NO.143
はい、次はまたnew comerさんですね! 会員番号67をさしあげましょう! (10/9)

かずひさ さん

 皆さん初めまして。
 あれは小学校1年のとき、いとこの兄ちゃんちでの出来事。本棚に並んでた本を何気なく手にとってパラパラと読み始めてびっくり!そのあまりの衝撃に我を忘れて一気に読んでしまいました。しかしその夜怖くて眠れずやっと眠ったと思えばタレちゃんしてしまいました。
 そんなこんなで現在、講談社漫画文庫版「魔王ダンテ」「デビルマン」
(HIRO-P註:ダンテは中公文庫です)を一気に今日買ってきて読み終わったとこです。今日もタレちゃんしちゃったらどうしよう。

HIRO-Pのワンポイントとらうま:しょしょしょ、小1! キッツ〜〜〜! っすね!! タレちゃん首チョンパを読んでほんとにタレちゃんとはまた、そのまんまというか、まったくご愁傷様! 豪センセも罪なマンガを描いたもんだね〜、とおもわず言いたくなるようなオハナシ! それにしても、かずひささんは今はおいくつなんでしょうか? いや、三つ子のタマシー百まで千まで、いくつになってもコワイもんはコワイっすよね、ったく! 短いけど、ちょっと横綱級のとらうま話でした!


NO.144
と言ってる間に本日のトリです! 当ページの相互リンク先、会員番号68番! (10/9)

あゆみ@ハニー さん (メールより)

わたしもさっそくとらうまのページを読ませていただきました。

わたしも幼少の頃、病院や習い事の待合室で豪先生の作品を読んでいたんだということを最近確認しました。
デビルマン、バイオレンスジャック、ハレンチ学園、覚えているシーンは全て女の子の裸がでてくるところばかり(^-^;;
これもトラウマなのでしょうか?私、女の子の裸を見るのが好きなのです。

ちなみにデビルマンは万引きの得意な女の子がデビルマンになってしまってお風呂で悩むシーン、バイオレンスジャックは女の子が全裸で木に吊されダーツの的になるシーン、ハレンチ学園はスカートめくりされてパンツを
見られないようにする対策として”パンティーをはかなければいいんだ!”
というような変な勘違いをして体にパンティーのボディペインティングをするシーン(たぶんハレンチ学園だと思うのですがきちんと確認していないので違うかも、、、でもこんな漫画をかくのは豪ちゃんだけ!?)

HIRO-Pのワンポイントとらうま:あゆみさんとは先日の「第二回 豪フリークサミット」で実際にお会いしたんですが、ハニーに負けず劣らずキューティーな方でした! その後にやりとりしたメールのなかで、ちょっとトラウマチックなお話が出たので、ご本人にお願いして掲載させていただきました。 でも、「女の子の裸をみるのが好き」って女の子が言うぶんには絵になってていいですね〜(男×男だと???)。 しかし、これは恐怖やショックというよりは、もっと sexual な要素が強いトラウマなんですけど、ダーツ(けっこう仮面でもあったですね)とか、デビルマン少女ミーコのエピソードなどは、単なる裸プラス、バイオレンスなりグロなりといった要素がはいってて、それがエロ的な部分を撹乱するか増幅するかは、読んだ人次第なのかな..? ボディーペインティングの場面はボクもなぜか覚えてますね〜。 って、なんか書いててどうしめくくったらいいかわかんなくなったけど、あらゆるタブーに挑む豪チャン万歳! あゆみさんの ホームページ もみんなで見よう!


今回のスペシャル!!

少年誌やアダルト誌(ZERRY藤尾 名)で活躍中の漫画家の山田X(エックス)さんより、スペシャルイラストをいただきました!!
どうもありがとうございました!!


てなわけで、あっという間のひととき、皆様、お楽しみいただけたでしょうか?
今回は全体的にサラっとしてたような気もいたします..。
ま、あんまりガツンとくる投稿もまた、気合が入りますけど(お互いに)..。

で、次回ですが、akiさん、CINNAMON GIRLさん,、海野広さん、D・若宮さん、はっこいさんという、またまたドトーのラインナップ! 見逃せませんね〜!! なんとか一週間をメドにやりたいと思います!


↓10/26更新です.....。


すすす、すいませ〜ん!!
またもや更新をサボること2週間 m(_ _)m ほんと、ひさびさ顔モジ使っちゃうくらい反省!! です。
ま、この間にイロイロあったんですけど、いいわけモードはこれくらいにして、投稿いきましょう!


NO.145
まずは新しいお友達ですわよ! 会員番号69番! (10/26)

aki さん

最初に見たのはTV版を収録したビデオでした。
ビジュアルに惹かれて見た8歳の頃、デビルマンは私にとってただただカッコ良く、そしてショッキングな存在でしかありませんでした。
それから10年、原作が文庫版で出版され、改めてショックをうけました。
ビジュアルだけではなく、その深さにもです。
OVAでしょうか、誕生編というのを観たことがあったので、これがそうだったのかと、また、デビルマン・不動明の苦悩、 行動の根底にある美樹への愛など、10年前では理解できなかったようなことを読み取ることができ、改めてデビルマンを愛するに至ったのです。


HIRO-Pのワンポイントとらうま:なるほど、akiさんのお便りは、極めてシンプルだけど、ポイントをグサグサ押さえてて、かなりインパクトあると思います。 こういうお便りもコメントしづらいというか、完結してますからね〜。 前にも書きましたが、ボクは当時小学生だったので、明の苦悩や美樹への愛どころじゃなくて、4巻と5巻に近づけないありさまだったんですけど、多分読んだとしても、特に美樹への愛なんてわからなかったんじゃないかな、と思います。 あれはほんとにちゃんと読んだ(読めた)のがサラリーマンになってからという毎度おはずかしいお話なんですが、美樹との別れのくだりを読んで、最初ガクゼン、あとからジーンときたおぼえがあります。 ちなみにその部分は先日発売されたCD「デビルマン伝説」にサウンドドラマとして収録されておりますので(三石琴乃サン演ずる美樹の「オヌシ」「セッシャ」も聴ける!)お金のあるひとは買ってみてください..。 でもやっぱ、デビルマンって、子供のときと大人になってからと2度読むと2度オイシイマンガ?かも。


NO.146
ちなみにこれまた先日発売のマグナム増刊(表紙がサイコー)のヒロモト森一氏によるネオデビでもオヌシ&セッシャが入ってましたね〜。 なんかうれしかったな。
それでは次のお友達! またまた新しい転校生ですよ! 出席番号70番! (10/26)

CINNAMON GIRL さん

はじめてメール出します。HIRO-Pさんとほぼ同世代の絵描き♀です。

私の場合トラウマというより物事の認識、価値判断、嗜好..あらゆる思考回路、人格形成のベースが全て『デビルマン』という....なんかホントにヤバイです(泣笑)。
私は音楽マニアでもあるんですが、なんというか、『ワイルドサイドを歩け』系のものしか興味を示さないとか(普通の)人がイヤがる(TOO MUCHな)ものを好むとか、考え方がみんな『ALL OR NOTHING』なのとか、元を正せばぜ〜んぶデビのせいと思っちゃいます。
しかし何事も中庸で横並びを重んじる我ニッポン国においてこの性分がどれ程までに人生をイバラの道にしているか!...いやそれ程、私にとっては唯一無二の作品であります『デビルマン』は。

前置きはさておき、そんな私が初めて読んだのは小5の時、歯医者の待ち合い室ででした。(シレーヌが明を鷲掴みにして飛んでいくアノ辺)
しかしトラウマというのならやっぱりタレちゃんの首かな。あの狂ったオジサンの「ニタ〜」も凄いインパクトだったんだけど..それよりタレちゃんの『涙』です。泣いている首なんて!ショックはコワイとか恐怖から来るのではなくて...『痛み(pain)』。
あくまでも精神的なイタミでした。

話が少し脱線しますが永井マンガの魅力って確かにエロ&バイオレンスというのが世間一般の意見だと思うけど、私は『ナイーブさ』もその一つだと思う。
永井先生の描くキャラの流すあの涙は究極の悲しみ、喜びを体験した者のみが流すことを許された神聖なもの(聖水)。明のようなコワモテがポロッと流す少年のような涙。もっとも愛するものを失うということが、こんなにも切なくやるせないものなんだということを私はデビルマンで体感したような気がします。(←サッチャンの時、美樹の首チョンの時..)
星飛雄馬の流す滝のような涙より明の流す涙ひと粒(ホント、ポロッて感じ)にの方が数倍も人の悲しみを感じるって事ですか(星飛馬だって..年バレバレ)。
「おれはからだは悪魔になっただが〜中略〜これが!これが!おれが身をすててまもろうとした人間の正体か!」というくだりは切なくって涙なしには読めません。
究極の恐怖とバイオレンスを描きつつ実は真実の愛(陳腐な表現でスミマセン)とは何か..を若干12才の少女に問い掛けるなんて。うーん哲学。

...あとこれが最大のトラウマ(裏トラウマ!?) なんですが、美樹首チョン事件の時、なぜかコワイという感情は全然なくて何を感じたかというと..ズバリ、『セックス』なんです。
それは美樹がハダカだからとか、そういうんじゃなくて、なんか突き刺されたヤリから滴る血や、肉魂、生首に性的魅力と快感を感じてしまいました(小6当時)。
少し大人になってから、カニバリズムなどの倒錯世界(と人は言う)を知って、あの時の感情はそれに近かったのかも..とムリヤリ自己分析しましたが、その時はなぜか無意識にその感情(セックスを感じてしまった)を人に言ってはいけない!と思ったものです。(鬼畜扱いされると幼いながらに察知した?)
あー言ってしまった!踏み絵状態。
..なんか支離滅裂ですいません。感情が先に走り過ぎちゃって。御意見聞かせて下さい。
...それと唐突ですが、最終回の1話前(美樹首チョン)の導入部分の欄外の言葉をミョーにはっきり覚えているんですが、最後にそれで〆ます。
『「君だけだ。美樹!」愛する美樹のもとへひた走る明。...だが!』(多分こんな感じ)


HIRO-Pのワンポイントとらうま:うう、き、来ましたね! ゼロ戦撃墜王大空のサムライ坂井三郎サン(週間プレイボーイの人生相談スゴかった..)もビックリのひさびさの重爆撃機コンソリB24すぺしゃる! スゴいじゃないですか、シナモンさん! デビルマンのおかげで、根回し中庸大帝国ニッポンからspin-offしちゃったなんて(ボクはカイシャからburst-offしちゃったけど..)、草葉の陰で本居NORINAGAセンセイもおもわず「むぎゅ!」とやってらっしゃることでしょう(っていったいなんなんだ、このオレの文章)。 しかし素晴らしすぎる人生航路ですな。 こんなhyper-deepな、ビチアス海淵(マリアナ海溝のいちばん深いとこ)より7.3mくらいディープな、Devilman-a-horic(中毒)さんをシャーマン戦車よりも大量に量産しちゃうなんてもう、豪センセったら罪深すぎるお方! ってなんか、むりやりハイな文章書いてますが、これくらい書かないとCINNAMONさんに対抗秀吉出来ない気がして...。 それはともかく、あのオジサンの「ニター」はスゴいですね。 もうスゴいとしかいいようがない。 あと、あの暴徒というか近所のみなさんの描写は ほとんど商業マンガの域を超えてますね。 あれはもうスペイン内戦の共和国軍の村の衆がカトリックの司教を釜ゆでにした帰り道にアストラル界にちょいと寄って、そっから豊島区のダイナミックプロの通常空間に突然手を出してGペン持って描いたとしか思えないっすね。 う..なんかボクのアタマも包丁が三本くらいささってるみたい..。 しかし、豪センセのナイーブさに着目したのはおそらく本コーナー初じゃないでしょか! おみごと! 実写の忍者ハットリくんが忍法キメたときみたい! ギャグはさておき、豪センセイの描く涙ってホント、情感こもり過ぎっていうか、子供のころからボクもそう思ってたですよ。 デビルマン以外でもキューティーハニーで親友のなっちゃんが殺されたときとか、あの血涙の一滴一滴がいまにもバクハツしてエンドウ豆の遺伝子がグチャグチャになるくらいガンマ線をまき散らしそうな感じがしたのはボクだけじゃなかったんですね! なんかウレシイな〜! ほんと、あの繊細さが逆に、あらぶるバイオレンス&エロシーンを64K倍にパワーアップしていたんですね〜(感涙)。  で、今回のハイライト!? 美樹チャンの串刺しにほとばしる熱いエ ロス!?  なるほど、勇気ある告白ですね、ありがとうございました! でもそれってそんなにアブじゃないですよ。 ボクも小学校時代にそういう経験というか、ボク自身じゃないんですが、こんなことがありました..。 それは雪の日、学校の帰り道、小さな川にそって歩いてたら、対岸でどっかのオジサンがなぜか、ナイフで子犬だかウサギだかの腹を切り開いていたんですわ。 それを見た友人がひとこと、「オレ、ああいうの見ると○ッキする..。」 って、あんまり参考にならないかもしれないんですが、特に幼少期にあって、性に対する意識がまだ未分化の状態のときって、わりとこういうことあるんじゃないんですかね〜。 で、それを大人になっても厳然と持ち続けているというか、意識のうえでキープしているひとは筋金入りのヘン○イと世間から呼ばれてしまうという悲しい(?)現実もあったりしますね〜。 ま、これもまた、フロイト的に言うといろいろあるんでしょうけど..。 ちなみにボクも明が合体するときのエンディングのコピーを(後半だけ)覚えてます。 「..だがこれは阿修羅地獄の幕開けにすぎないのだ..。」(だったと思うけど..) ちなみに先日、 近所の古本屋さんで偶然、「そのとき水爆ミサイルは東京にせまっていた!」でおわる話が載ってるマガジン(73年10号)を手に入れました(1000円!)ので、扉コピーとエンディングコピーを紹介します。 扉:「「もう、見てはいられない!」 敢然とたった 明=デビルマン!!」 エンディング:「ふきあれる殺戮の嵐、東京にせまる水爆ミサイル!! もはや地球破滅は必至だが、デビルマンに救出手段はあるのか!?」 でした! スゴいですね〜。


NO.147
ふぅ〜。 パワー出し過ぎ...。 でもがんばらなくっちゃ新グロモント(古い!) 次のお友達はもうクラスメートの出席番号59番ちゃんですよ! 今日は給食当番やってね! (10/26)

海野広 さん

 この間、友人に「デビルマン」読ませました。
友人は、「おもしろい」とほざいておりました。
 数日後、その友人は私にこう言いました。 
「デビルマンの夢ぇ見た。」
・・・・・・・・・・・・
友人は私ほどあのラストにショックを受けていませんでしたが、やはりなんらかの形でなっているんですね、
トラウマに・・・・・・。
 まぁ、その夢っていうのが、いきなり学校に飛鳥了が来て、生徒や先生をデビルマンにしていった、というものなんですけど。ちなみに私はデビルマンにもデーモンにもなっていなかったそうですじゃ。(デーモンになっていたのは体育教師二名だけだったとか。)

HIRO-Pのワンポイントとらうま:おお、やっちょるやっちょる(山口弁)。 MASAYAもビックリの布教活動、ゴクローサン! しかし、「夢ぇ見た」の「ぇ」がなかなかイイ味出してるね〜。 まるで「まんが日本昔ばなし」の常田富士男先生か、はたまた往年の「ウソップランド」の赤星昇一郎の子泣きジジぃ(ちょっとちがうけど)を思い出してしまったですよ。 おそらくこのコーナー初の夢ネタ! クロサワ監督も草葉の陰で喜んでいらっしゃるでせう! それはともかく、なんか内容的にはかなりコワすぎる夢ッスね〜。 しかし、飛鳥了はどうやって先生や生徒をデビルマンにしていったんだろう? 改造銃でみんなをおどして体育館に全員集合させて、放送部のヤツにゴアトランスのCDをガンガンに掛けさせて、テクノビートがドコドコ鳴るなかで先生と生徒が割れたビール瓶でドツキあう....。 でもデーモンになっちゃったのが体育教師2名だけだったんなら、デーモンに分が悪すぎるな〜。 全校生徒が何人か知らないけど、デビルマン軍団いっちょあがり! ってなとこですかね〜。 海野サンは人間のままで生き残ったようなので、これからも投稿に専念してください!


NO.148
なんかホントはもっと暴走したかったけど、自粛しました..。 では次の方! 会員番号71番! (10/26)

D・若宮 さん

はじめまして、現在28歳の男です。
ゲッターロボやマジンガーを見て育った世代ですが、当然その中にデビルマンも含まれていました。

デビルマンの原作を読んだのは、高校生になりかけの頃のことで、ショックだっただけでなく、深く魂をえぐられたような感覚を覚えました。受験勉強の傍ら、学習塾でクラスメートと授業中にまわし読みしたものです。

現在でも、永井豪先生の作品を改めて読み返す毎日ですが、「手天童子」と言い「凄ノ王」と言い、驚かされることばかりです。そう言う意味では、学校や親が教えることの出来ないことを、永井先生の作品から学んだ・・・と言うよりは思い知らされたわけで、感謝することしきりです。

「デビルマン」やそのほかの作品にこめられたメッセージは、今でも自分の無意識の奥深くに刻み込まれ生き続けているわけで、むしろ”トラウマ”と言うよりは”原体験”と呼びたい気がします。

それにしても、「デビル自マン」に掲載されている、永井先生の奥様の「ユングのイニシエーションのようなものかしら?」と言う発言にはビックリしました。さすがと言うか、なんと言うか・・・・教養と感性のあふれる発言ですね。やはり、偉大な人の奥さんだけに違うよなあと感心しました。

また、時々お邪魔致します。HPの更新楽しみにしています>HIRO-Pさん

HIRO-Pのワンポイントとらうま:どもども、こちらこそはじめまして! そうですか、「魂をえぐられた」とは、なかなかインパクトのある表現ですね。 高校生になりかけってことは15歳くらいですかね。 しかし、なるほど永井豪の作品は人生の課外授業かもしれないとはなかなかのいい得手妙。 学校じゃ暴力や性のナマな部分って教えてないし、ボクの親もほとんどなにも言わなかったッスよ。 もっとも世界中さがしても学校でデビルマンに匹敵することを教えてる国なんてないんじゃないかな..。 ボク自身を振り返っても確かに豪センセは人生の反面教師でもなく裏面教師でもなくまさに正面教師!!(ホメすぎか?) 最近はなにかと教科書をいじるのがはやりのようですが、歴史の教科書も道徳の教科書も(保健体育も?)永井豪でやってみたら....どうかな?(ちょっとコワい) そんで、奥様のお言葉ですが、ホント、スゴいです。 実はあれ以降もメールのやりとりをさせていただいてるんですが、ほかにもいろいろと興味深い御発言をされております。 いっそ「奥様語録」というコーナーでも作ろうか?とも思ったんですが、本人のご了解を得て、おいおい公開していきた いと思いますので、乞うご期待です! 今後とも宜しくお願いいたします!


NO.149
では、申し訳ありませんが本日ラストです! 会員番号72番! (10/26)

はっこい さん

幼少の頃小遣いといえば、全てプラモデルと仮面ライダーのスナック菓子につぎ込んでいた為、デビルマンとの出合いは当然のごとく、金のかからないTVアニメーションでした。悪魔がヒーロと言う設定に興味がわき毎週TVの前でパンツをはいているデビルマンを見ていました。
そんな時友達から漫画のデビルマン見た事ある?と聞かれ初めてデビルマンがマガジンで連載されていた事を知りました。
それも書いているのが、あの永井豪!!今の人は余り知らないかもしれないけど当時彼といえば知る人ぞ知る作家、ハレンチ学園ではPTAから総スカンをくらい、連載される漫画には女の子の裸がウジャウジャと言ったとても話題の作家でした。
で、その友達から単行本を借りた私は、読んでビックリ何故パンツをはいてないんだ?どうして腕がもげる?どうしてタレちゃんの生首が出てくるんだどうしてあんなに血が出てくるんだ…何故なんだ?本の中のデビルマンは、あくまでも残酷で、片手で充分の不動明はカッコ良くスゴイ、ヒゴイ、マゴイに気付いた私は、事あるごとに他の友達にも読むように進めたが『エー!永井豪が好き?』と言った感じで、どうも私をスケベな人間だと決め付ける様な偏見的な見方をされたものでした。
そして現在37歳になり妻、子供をもつ身になった今でも、デビルマンの事が忘れられず、最近流行っているフィギュアも買ってしまい、今度は妻からも『オタクじゃないの?』と言った偏見を持って見られています。考えてみると私にとってデビルマンとは今現在も続いてる偏見との戦いである様な気がします。
追伸 目を閉じれば、今でも明の血にそまる美樹ちゃんが横たわるベッドでのシ−ンが忘れられません。 あ!! やっぱりスケベ人間だ!


HIRO-Pのワンポイントとらうま:いやいや、ボクも仮面ライダースナックにはお世話になりましたよ! ってゆうか、ボクんとこの学校でもご多分に漏れず、カードだけ取ってお菓子(個人的には好きだった)ポイ捨て、が問題になってました。 実際、駄菓子屋の前の溝はいつもライダースナックだらけだったのをよく覚えてます。 それは置いといて、デビルマン! なるほど、豪チャンといえばやはり当時はハレンチ漫画家(失礼!)! 当時のTVでは教育評論家の阿部”カバゴン”進センセイ(こないだひさびさにTV(若貴問題)で拝見しました)がよく出てきて、あ〜だこ〜だゆってたですね〜。 やっぱ永井豪ってゆっただけで親とか目クジラ立てそうな時代だったもんな〜。 そして時は移って現在は現在でまた、周囲の偏見と戦っていらっしゃるんですね〜。 まったくナミダなしには語れないはっこいサンの半生記! いや〜、オトコの生きざまを見せてもらいましたよ! なんてヨイショはともかく、あらためて見てみましたよ、問題のシーン! おそらくはっこいサンご指摘の場面はシレーヌが明をさらっていくときのページの一番下のコマですね。 なるほど、起承転結の転で、明 クンがシレちゃんに文字通りワシづかみ(シレーヌはワシじゃないかな?)にされて血がドバドバ。 でそれがまだ気絶してる全裸の美樹チャンにポタポタ..。 う〜ん、味ありすぎ! このコマでお世話になった人、正直に手を挙げて!!(全国から「は〜い」という元気のない声がかなり聞こえたよ〜な..) この場合も血がエロスの下味になっていることを指摘して、筆を置かせていただきます。


はい、今回はいかがだったでしょう?
前半飛ばしすぎたせいか、後半ちょっとダレましたかな? すいません。
次回はまたがんばります!
現在いただいている投稿は、GENさん、ハマモトさん、そしてまたもや登場のCINNAMON GIRLさん、たくさん、橘ゆみさんです。 今度こそ一週間後に!


11/12更新分です.......。


ま、毎度毎度、申し訳ござんせん....。
もはや更新サボリ常習犯になってしまいました....。
まあ、イロイロあったんですけど...。 こんなヤツが家族に加わったりして...(これで3日つぶれました)。

例によってとっとと参りましょう。

NO.150
最初の投稿は、今回はじめての方..。 会員番号73番! (11/12)

GENさん

はじめまして。今日初めてお邪魔いたしまして、みなさんのあまりの思い入れの深さ、ディープさに溺れてしまいそう・・な24歳男。もうすぐプロレスラーとしてデビュー予定です。マイナー団体ですけど。

私の初デビルマンは、私自身も覚えていない、アニメの再放送。2〜3歳だったらしいですが。その後、小学四年生の頃また再放送にはまりました。しかし、ウルトラマンや仮面ライダーの好きな私なので、ヒーローものという感覚でありました。原作版の研究書などが出回っているのをパラパラめくったりしてはいましたが、アニメ版とのあまりの違いに嫌悪感すら覚えていたものです。
また、朝日ソノラマの小説「真・デビルマン」も目を通しましたがやっぱり全然ちがう・・
妖獣なんたらとか出てこないじゃない。だれだよ飛鳥了って。チャゲアス?
というわけで、全く原作版を知ることなく月日は流れ・・・・・高校1〜2年の頃。「いきなり最終回」シリーズが出版され、1巻(巨人の星、タイガーマスク等)をかなり楽しんだ私は、続いて出た2巻、3巻も購入。そして・・・・
原作版最終回に出会ったのです。
 まずはストーリーのダイジェスト。フーン、ハーン。そう。美樹ちゃんが惨殺されたのは何となく知識として知ってるなあ。ハルマゲドン? ようわからんがなあ。デビルマン軍団対サタン? どれどれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ねむったんだね・・・明。永劫のやすらぎのねむりに・・・

・・・・・・・・・・・・・

釘付けだった・・・ その日一日、頭の中は下半身のない明、了最後の独白、そしてラストシーンで埋め尽くされていました。

あれから数年が経過しました。今では立派な豪マニアに更正しています。
「ジャック」は遅ればせながら今、文庫版で毎月の配本を楽しみにしています。
ですから最後の「あの場面」が読める日まで、古本屋で見かけても決して買いません!

HIRO-Pのワンポイントとらうま:おっと〜! プロレスラーの卵(いまはもう卵じゃないんですね)さんからの投稿! いきなりロープ最上段からガツン!(Tell me GATSUN..) とくるかなとおもったら、なかなかシックなお手紙ですね。 ゴゴゴゴゴゴ...ってのが、マンガの中のSEっていうよりは、GENさんの心象風景のなかに響いた音のようですね〜。 あのゴゴゴゴがはたしていままでに何人の読者の精神にスーパーソニックブーム(セガのゲームのブームじゃないっすよ!)を巻き起こし、彼等が生まれてこのかた後生大事に引きずってきたパラダイムをズルズルズルっとトロロ芋シフトさせたことか...。 それにしても、「いきなり最終回」がきっかけとなったというのは今回はじめて。 ここら辺も世代の問題でしょうか? まあ、GENさんの場合、それに至るプロセスがいろいろとあったわけですが..。 それとチャゲアスですが、やはりあれはパクリではないかと(当然チャゲアスサイドですけど)いう説が、一部に根強くあります。 しかしいったいどうやって真偽を確かめたらいいのだろう? チャゲアスのHP探してメール出してみる? ってなわけで、Yahooで検索してみたんですが、チャゲアスのオフィシャルサイトは見つかりませんでした。 ちなみに数年前、ボクはカイシャの女の子に飛鳥に似てると言われて舞い上がっ たことがありましたとさ。


NO.151
だれかチャゲアスのメールアドレス教えてください! では次です。 会員番号74番! (11/12)

ハマモト さん

こんなサイトがあるとは正直笑ってしまいました。
うれしいですね。日本全国にこんなにもファンがいるとは。
僕はそこそこマンガを読む方ですが、友達に『とにかくデビルマンだけは読め!読まないとおまえは人間として失格だ』
と言ってます。
もうだいぶ昔になりましたが、『バイオレンスジャック』の愛蔵版が出たので、思わず揃えてしまいました。
『デビルマンの続編』と言われた日にゃあ買うしかないでしょう。まだ読んでない『デビルマンおたく』の人は是非読んで欲しいです。
僕は演劇をやっていたのですが、『デビルマン』を取り上げようとしたこともありました。人間の基本ですからね。
永井先生。脚本書いて頂けないでしょうか?


HIRO-Pのワンポイントとらうま:いやいや、ウケていただけて光栄でっせ。 ハマモトさんも熱烈デビ宣教師されてるようで、たのもしいかぎりですわ。 そして、バイジャ全巻そろえてないボクには耳の痛いお言葉です。 で、演劇ですが、実は96年に出た「正義とは何か」(福昌堂 刊)という別冊宝島ライクな本に、豪先生のインタビューとともに、戯曲「デビルマン 不動をまちながら」という演劇のシナリオがまるごと掲載されてます。 作者は、「じんのひろあき」という人で、下北沢のザ・スズナリで実際に上演されたようです。 内容的には、牧村邸に立てこもった美樹や政、そしてデビルマン軍団の人々が明の救援を待ちながら極限状態の時間をすごすというもので、マンガと違って、けっこう沢山の人たちが立てこもります。 とはいえ、掲載された「正義とは何か」という本自体(巻頭インタビューは、よしりん!)入手困難でしょうけど...。 著作権の問題もあるから、ここで公表するわけにもいかないし...。 こうなったらハマモトさん、いまからでも遅くない! キホンとしてハマモト版戯曲デビルマンを書いてみてはいかが? 期待してまっせ!


NO.152
しかし最近、よしりんの正義も暴走中ですね〜。 このページには関係ないけど..。 では次...う!! 会員番号70番!! (11/12)

CINNAMON GIRL さん

2回めの投稿です。デビルマンについて話し出すとキリがなくなっちゃうんで、まとめるのは至難の業です。

つい自分勝手な思い入れで話が暴走しちゃうんで。なぜこれ程までに惹かれるのか…、ここで色々な方が解説されているのを読むと、胸につかえたものがスーッととれるようでウレシイ限りです。

特にこーい内容のものを読むと、世の中に自分と同じようにこの作品から多大な(というよりヘビーな)影響を受けた人々がこんなにいる!と、しかも同年代(小中学生)で同時期(70年代初頭)にですよ。なんか時空や空間を超えた感じがして…涙出ちゃいます。まるで明が新聞読みながら「デビルマンだ!この子はデビルマンだ!」と叫ぶ第3巻 201ページの心境です。ホント、「同志よ。」って感じ。

プレ思春期に受けた衝撃って人の人格を決定づけ、その後の人生まで影響を及ぼすもんなんですね。
自分ももしデビルマンを読んでいなかったら多分今とは全く違う考え方、人生を送っているだろうなーと思う。

とにかく私はデビルマンという作品の持つ圧倒的なドライブ感がなによりも好きなんです。ウムを言わせずたたみかけるようなあの展開 こそカタルシス!!なので、今出ている文庫本や愛蔵版はイマイチ好きになれなくて…、アナザーサイドのエピソード部分はもちろんなんですが、“後で加筆されたページ”も必要ないのでは…と思ってしまいます。(永井豪先生ゴメンナサイ!)

ストーリー的にはより判りやすく説明的になっているけど、“絵”そのもののパワーが全く違う。(なまじ絵を描く職業なんでそこが一番気にかかる)そのままイッキにレッドゾーンか〜というところを何か水さしちゃっているような…。描ききれなかった部分を後から…というのはわかるんですが、特に最終話のアーマゲドン 描写、殆ど人物描写はないですよね。だからこそより(いままでのどの戦いよりも)スザマシイことが想像できるんです。イマジネーションをビンビン刺激するんです。あの見開きページにとてつもない 宇宙を感じたのは私だけでしょうか。(←クサイ言い回し)一度完結した作品は手を加えれるほど、作品そのもののパワーダウンは否めないと思うんです。絵のタッチだけではなく、セリフの鋭さ、リズム、画面展開総て含めてです。なので、これからデビルマンを読みたいという友人とかにはどうしても完全復刻版をすすめてしまいます。

いまではページがとれてボロボロになってるオリジナルの単行本を買った時(1974)もアレ〜っと思ったんですが、その後愛蔵版など買う度にどんどん追加部分が多くなっているんで、こりゃーどーしたもんかと勝手に悩んでました(笑)。 人によってはどーでも良いことなのかも…でもツイツイこだわってしまうんですよー。

デビルマンはロマンですよねー。読んでいると音や声が聞こえてくるんですよ。
例えば 3巻184〜185ページの 「おどらされるぞ日本人全部が〜狂気のおどりを 死のおどりを 人間の未来をこわす!地獄のおどりだ」の所とか同230ページ「戦争がはじまる きょうとつぜんに 人類がかつて経験したことのない 異生物との戦争だ!」もうコマ割からセリフまでサイコーです。もう“詩”になってますもんね、五七五とか みたいに。地の底からアフロ“土着”ビートが聞こえてくる。
(アーマゲドンからラストにかけてのBGMはなぜかキング・クリムゾンのレッド)

こんな風なんでOVA『誕生編』のなかで了が「人間であることのしあわせをかなしみを人生をそのすべてをすてるのだ」という部分を“一気に言ってしまっている”のにはチョット待ったーと思った。あそこはやはり「そのすべてを」と「すてるのだ」の間にひと呼吸“間”がなくてはイカン!(第1巻115ページ)しかも「そのすべてを」まで情感たっぷりに激しくもってって「すてるのだ」はそれまでの激しい感情を全否定するように悲しく…とか、もーくだらないでしょう?こんな感じに全部に解説つけてんですよ。我ながらアキレます。

ちなみに私がデビルマン全5巻のなかで一番大泣きしたのはあの合体部屋に入る前の了と明の掛け合うくだり、なんか男の友情とか人間不動明の最期とか…色んな感情がないまぜになってもうウルウル。137ページから138ページの明と了が泣き震えながら手を握り合う所なんて“男だけの世界”って感じで女のわたしは羨ましくて眩しくて…。なんかまたキリなさそうなんでこの位にしときます。話がトラウマについてじゃなくてゴメンナサイ。


HIRO-Pのワンポイント(になりそうもないけど)とらうま:いや〜、も〜、解説いらんね。 もうボクは突っ込みようがないッス。 ほんとに。 CINNAMONさんのこの投稿、全体からほとばしるパワーとパワーへの憧憬、そして細部への偏愛。 まさにマクロとミクロの照応状態。 投稿によるヘルメス学の体現とでも申しましょうか..。 ちなみにボクの父親(昭和9年生まれ、つまり藤村俊二や長門裕之や南田洋子や石坂浩二とかと同い年)は、十数年前、某地方銀行の支店長代理(だったよな..)だったんですけど、ボクに向かって「ミクロとマクロってどっちが大きいんだっけ?」という質問を発してました。 もひとつ関係ないけど、母親は、これまた十数年前、ボクが作った100分の1ゲルググ(ガンプラ、当時ホビージャパンがはやらせた戦闘機風マーキングをガンガンにほどこしていた)を見て、「この怪獣、カッコイイね」と言ってました。 すいません、全然関係なかったですね。 まあとにかくこうして読んでみると、デビルマンはOVAになる前にしてすでに、バーチャルマルチメディアな、つまり、静止画像とテキストだけで、動画を上 回るパワーやスピード感、そして聞こえもしないサウンドがドコドコと重低音バクチク状態したり、サウンド化不可能な天界の妙なる調べを奏でたりと、これがブラウザーソフトだったらプラグイン千本ノックしないと再現できないような、もうこりゃまたタイヘンな作品だったと...ふ〜(息つぎ)...思いません?? 
ちなみに、この文体からもすでににじみ出ているCINNAMONさんのmore artsideを皆さんにも見ていただこうと、CINNAMONさんにお願いして、作品の画像をUPさせていただきました!! 必見!! 


NO.153
や〜、今度からコメンテーター、CINNAMONさんに代わってもらおうかな...。 ではGO AHEAD!! 会員番号は75番です。((11/12)

たく さん

僕が原作版のデビルマンを初めて読んだのは小学校3年生のときです。TV版しか知らなかった僕にとって、近所の本やさんで立ち読みした原作は本当にショックでした。そのときKC版のコミックスを5巻一気に読んでしまったのを今でも鮮明に覚えています。怖かったな〜。そーいえば同じ本屋さんでドキドキしながら「はなっペバズーカ」を読んだのもおぼえてます。それぞれの感想についてはまた書きます。とりあえず投稿してみました。


HIRO-Pのワンポイントとらうま:いや、どもども。 思い立ったら投稿! これがキホン! そうですか小3でね〜。 小3なんて、今の子供だったらコロコロ読んで、親にせびって64でポケモンバトル、ってなとこがスタンダード..かな? あるいは、「家に帰ってプレステやろ〜ぜ!」かな? でもコロコロに最近は完全にやられてるといわれてるガンプラ系総本山のボンボンという雑誌をご存じでしょうか? それに昔(10年以上前、MSV全盛期か?)、「はじけてザック」というアクションヒーローまんがが載ってたんですが、悪者が主人公の男の子の大事にしていたセミレギュラーのカメの甲羅を、主人公の目の前でバリバリ剥がして殺したりと、なかなかスタンダードな熱血少年マンガ系の絵柄にしてはエグい内容でした。 それはともかく、「はなっぺ」ですか! ということはそんなに昔のハナシじゃないっすね。 たくさん、けっこうヤングジェネレーション? それではお言葉に甘えて、「はなっぺ」もヨロシク!


NO.154
すいませんね〜。 2週間以上もほっといて...。 これで今回はファイナルなんですぅ..。 会員番号....! (11/12)

橘ゆみ さん

トラウマではありませんが、私の夫の伯父がデビルマンの主題歌を歌っていた人なのです。
その他たくさんのCM曲もうたってます。以上。


HIRO-Pより:おっとっと、身内(?)の方からのタレコミ情報? そ〜なんですか! 伯父さまがね〜。 で、伯父様って誰?? そこで、読者の皆さんのために調べましたよ!! と言いたいのですが、実は、この道にかけては並ぶものなし、といわれた会員番号一番、ふりーく北波氏(HP)をまんまと誘導尋問にひっかけて聞き出すことに成功!!

では、貴重なデータです! みなさんメモの用意!!

OPは作詞:阿久悠 作曲:三沢郷(サインはVのヒトっすね)
END作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一(ピンクレディーコンビ!)


だそうです!!
ふりーくさん、ありがとうございました!

というわけですから、橘さんの伯父さんは..っと、あれあれ歌手名がないや、トホホ....。
すいません、ふりーくさ〜〜〜ん!! もういっちょ、おねげーしま〜〜〜〜っす!!

オリジナルは『デビルマン』でしか名前を見なかった「十田敬三」てヒトっす。 

わ〜、ありがとうございました〜〜!!

って実は歌手名のほうを先にいただいてたんですけどね...。 ちょっと脚色しちゃいました。 そもそも誘導尋問のきっかけっていうのが、最近発売されたCD「デビルマン伝説」で、水木しげ...じゃなかった水木一郎大先生が歌ってらっしゃったので、ボクも一瞬、「もしかして、橘サンは水木センセイの....」と、身を震わせたんですが、実際はそうじゃなかったようですね。 ふりーくさん、かさねがさねありがとうございました。 ちなみにふりーくさんよりのオマケ(?)のコメント!

ちなみに豪ちゃん、ある講演で「デビルマンはある意味自分探しの作品なんです。アニメの主題歌でも<俺はだれだだれだ...>って唄ってるでしょ?」
...なんて...。先生!<あれは...>ですっ!...とはダレも言えなかったんだろうなあ。(苦笑)


..............(載せたらマズかった.....かな?? センセイ、ごめんなさ〜い!)


はい、今回もみなさんありがとうございました!! 
ボクもWEB界のオオカミ少年といわれながらも、なんとか週イチの更新を目指してがんばって参りますので、皆様の熱いご支持、ご指導、ご鞭撻、そして、ご投稿、お待ちしております!!

さて、次回ですが、仕事猫さん、イヤモンさん、みゅうさん、おうまちゃんさん、Clashさん、荒田 影さんという、またもやまたもやデビルマン軍団総集結状態!!
ご期待のうえにもご期待でっせ!!


.....す、すいません、12/7になっちゃいました.....。


いや〜、もう言い訳は聞きたくないでしょうけど.....。

一応、間に「悪魔特捜隊」を都合2回はさんだとはいえ、このコーナー、3週間以上あけてしまうとは......。
たぶん、今年の4月のあの退職騒ぎのとき以来の失態というか.....。
特捜隊コーナーでも書いたんですが、謎の微熱一週間事件とかいろいろとあったりもしたんですが.....。

m(_ _)m なにとぞお許しを! m(_ _)m


NO.155
では懺悔の時間はこれまでにして早速いきます、会員番号57番 (12/7)

仕事猫 さん

「摩利と新吾」の「シマリンゴ」の件ですが、これはマリシンゴのアナグラムで、単行本の欄外コラムにスイカ模様のリンゴが描かれてたような記憶が...あいまいですが。真・魔王ダンテとの関連は、キャラ設定が似てるかなと漠然と感じただけなのです。ダンテ、淳、橘先輩と新吾、摩利、夢殿先輩の三角関係。もしかして意外と普遍的な三角関係のパターンなのでしょうか? 新吾(正義感が強い日本男児)を想う摩利(日独ハーフのブロンド)には、了にも通じるものが...。まあ、どちらも現物が手元にないので、「真・魔王ダンテ」と「摩利と新吾」の両作品をしっかり読んだ方、詳しい情報を教えていただけるとうれしいですね。いずれ古本屋で探してみようかと思ってます。

ジーザス=YAWOI(一説によるとYahwehの転訛したものだという)説なんか書いて大丈夫かなと、一瞬私も思ったんですが、なんとスーパーミステリーマガジン月刊●ー11月号には衝撃の聖書(カナンの呪い)解読説が! 酔っ払って裸同然で寝てしまったノアが、裸を見られて激怒し孫のカナンに呪いをかけたというのが一般的な解釈ですが(見られたくらいでアンタむちゃくちゃやん)、実はカナンが寝入ったノアに対して無理矢理×××なことをしたからではないかと...だとしたらノア激怒も無理はないような気もします。

う、なんか話がどんどん横道にそれて、全然トラウマに関係なくなってしまった。一応、HIRO-Pさんのコメントのレスになってるからいいか、と一人で納得してしまおう。(^_^;)

ではまた。


HIRO-Pのワンポイントとらうま?:なるほど今回は前回の投稿(7ページ目の最後、ちなみにNo.50のhorieさんのアイディアにより、とらうまの殿堂から各会員の投稿に直接ジャンプするリンクを作成中です)のresなんで、初めて読んだ人にはよくわからないかも知れません。 ちなみにアナグラムってゆうのはノストラダムスもよく使ってるみたいですが、ある言葉を並び変えて暗号化することで、「マリシンゴ」→「シマリンゴ」はモロにそうですが、例えばギョーカイ言葉の「メシ」→「シーメー」とか、「ホモ」→「モーホー」とかいうのもそうなんだろうか、と、一瞬、思う...わけないか..。 ただ、ヤヲイ系シチュエーションの常として日本人×ハーフというパターンってよくありますね。 甲児×フリード....じゃなかった、みくろサンごめんなさい!! フリード×甲児なんてのはそのバリエーションかな、と、いまふと思ってしまいました。 で、ボクもたまに月刊ム●を買うんですけど、11月号は逃してしまった! で、早速某ホテルからパクってきた(ウソ)聖書をひもといてみると、問題のノアとカナンのくだりは、創世記(旧約の一番最初)9.18に出てくるエピ ソードで、カナンっていうのはハコブネでおなじみのノアの孫、つまりノアの息子ハム(あれ、どっかで聞いた名前だな、悪魔特捜隊隊員?)の息子というわけなんですが、実はノアの三人の息子、セム、ハム、ヤフェトってゆうのはそれぞれが黄色人種、黒人、白人の祖先だそうなんですよ(ということはノアとその奥さんってどういう人種??)。 で、ここからがさあお立ち会い! 仕事猫さんがおっしゃってるように、何だか知らないけどワインで酔っ払って裸で寝ていたノアを見てしまったハムにたいしてノアは激怒、そして呪いをかけるときに言った言葉「カナン(つまりお前の子孫)は呪われよ、奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ」「セムの神、主をたたえよ。 カナンはセムの奴隷となれ。 神がヤフェトの土地を広げ セムの天幕に住まわせ カナンはその奴隷となれ。」 ....おいおいおい!! じゃあ、クンタキンテやマンデラはじめ黒人のみなさんがヒドイ目にあった理由ってこれだったの??????? と、おもわずツッコミたくなる一節じゃ〜あらしゃいませんか!! まあこれはあくまでノアの言葉であって、神の言葉じゃないようだし(それにしてもノアさんは 神に選ばれて唯一大洪水を生き延びた人類全体の祖先のハズだぜ!)、これは後世の人類社会の人種差別をすでに見越したいましめと解釈するべき....なんでしょうか?? なんか、おもわず意外な発見をしちゃった...。 だれか答えてこのギモン!


NO.156
って、なんかいきなり「聖書とらうまっ子倶楽部」になっちゃいましたけど、さて、気分も新たに次いきましょう! 会員番号56番! (12/7)

イヤモン さん

こんにちわ。

最近NTTドコモの株が390万円というニュースを見て1000株持ってたら39億円だなあ、39億あったらなにしよう?
と考えていたら原作デビルマンの実写版つくろうと思ってしまった・・。

最近原作を読み返しましたが、美樹が殺されることよりも美樹が人を殺してしまうことのほうが悲しい気がしました。年齢のせいですかね。
でもホント美樹ちゃんて可愛いのにね。生き延びてほしかったな。
バイジャでは人犬にされちゃって・・・。でもそんなときは「女バン」の美樹ちゃんを見るのさ。

あとこれは当時も感じたのですが牧村宅もろとも火の海にするときの見開きの「グワッ」は結構しょぼいなあ。重要な場面なのに。

でも他にもイヤモンファンがいてくれて嬉しいですね。
永井豪ばんざい!


HIRO-Pのワンポイントとらうま:実はこの投稿をいただいたのが10/27だったんですけど(ゴメンナサイ!)、ドコモ株は最近では一時480万を超えたりしました。 ちなみにイヤモンさんは1000株のたとえをされてますが、ご存じかも知れないけど、ドコモ株は1株から売り買いできるので、くじに当たって390万で買っとけば、一カ月で100万もうかったかもしれませんね〜。 で、話を戻しますが、たしかに1000株買うカネがあったら実写デビルマンを作るべきです!! それが後世のためというもの! ってゆうか、昨今ばぶるがはじけてボクはじめ皆さんや皆さんのおと〜さん、おか〜さんたちもヒ〜ヒ〜言ってらっしゃる事と思いますが、日本人ってのはそれ以前になんだかんだで儲けた何百兆というカネを土地や株につぎ込む事しかしなかったんで、このザマになっちゃったワケです。 その一千万ぶんの一を使って、世界中がひれ伏すような映画の一本でも作ろうというココロザシのかけらすらなかった!! これが命懸けで守ろうとした(?)日本人の正体か!! ともわず炎を吐きそうになったところで次の話題、見開きのグワ! あれはたしかにあそこだけ見るとちょ っと...という感もなきにしもあらずですが、あの圧倒的な流れのなかではそんなに違和感ないんじゃないかな、と愚考(世界最強のケンソン語ッスね!)いたします。 前後しますが、美樹が人を殺してしまう哀しさ!! まさにそのとおり!! けっして年齢のせいじゃないッスよ!! かえってあの場面はそのことを描くために存在してるんじゃないかと思います! それでは、全国6000万のイヤモンファンの益々のご発展を祈って筆を置かせていただきます!


NO.157
ああ、なんかやっと調子が出てきたな〜、さて次は新顔さん、会員番号76番!(12/7)

みゅう さん

はじめまして。
デビルマンは小学生の頃、アニメで見ました。
その時は特に感じるものもなく、普通に見ていたのですが、中学生になって、朝日ソノラマの小説を読んですごいショックをうけました。
原作まんがではなく小説で原作のストーリーを知ったんです。
それから、すぐに原作を読み、そして・・・飛鳥了にはまりました。

不動明と飛鳥了がふたりでいろんな世界にとばされるまんがを読んだ覚えがあるのですが、これは私の妄想なんでしょうか。
なにぶん、ずーーーっと昔で記憶も定かじゃないんですが。
そこでは、デビルマンの時よりずっと了くんが明くんの事ばっかり見てて、なんかすっごく嬉しかったんです。
同人誌とかだったのかしらー?
でも、永井豪先生の絵にすごく似てたと思う・・・。

HIRO-Pのワンポイントとらうま:どもども、はじめまして! そうですか、TV→小説→原作ってのはまた新パターンっすかね。 ちなみに小説をちゃんと読んでないボクにはまたまたグサッなお便りです。 すんません。 しかし、みゅうさんも他の「多感な女性たち」(括弧でくくっちゃってスンマセン)とおなじく、「了道」にハマりやしたね、旦那! で、お便り後半なんですが、それは妄想じゃありません!! ましてや同人誌でもありません!!! れっきとした豪先生の作品、「新デビルマン」です!!(講談社コミックス完全復刻版または、文庫版や豪華愛蔵版にも原作に組み込むかたちで収録されてます) そしてもちろん(?)明×了は盛り上がってますんでご心配なく!! そりゃ似てるよな〜...本人だもん! さあ、みゅうサン、そうとわかったら本屋へGOGOGO!! 穴の開くほど読んでネ!

業務連絡、いただいたメールアドレス、間違っているようです! できましたら正しいアドレスをお教えください。


*CM*
ちなみに「キーガール同盟」内「あしたのおジョウ」コーナーにて「新キーガール」企画中ですんで見てね!


NO.158
では次です。 お、ひさびさ! 会員番号ティーンエージャー15番!!(12/7)

おうまちゃん さん

CINNAMON GIRLさんの、そうだ、そうだっていいながらよみました。
うまく打てないんだけど、牧村のおじさんとおばさんの凄惨なすがたに、がっくり肩をおとしてしまう(涙も)デビルマン、『そこにかくれていないででてこい、きさまら』 の怒りのタッチ、『地獄へ墜ちろ、人間ども』の炎吹くシーンは、私も一緒になって吹いてよんでた。それでもまだ、デビルマンが守るべき人間はいる、と希望見い出して美樹のもとにむかうとき、わたしもこころのなかで、人間の救いというか、希望、のようなものは、あってほしい、とすこしずつ笑みをとりもどしながら駆けていく明と気持ちが同化してるから、だから、つぎの美樹の首には息がとまるほどで、ここで、美樹がタレちゃんの涙の首を見た気持ちが自分に本当に重なってきて、やるせない深いかなしみ、ああ〜月並みな表現ですいません、絶望感、でも、それでもたたかわずにいられない、までの、明のモノローグはかなしいピアニシモで、だんだんフォルテになってくる、明の怒りで高鳴る心臓の音がきこえるようなのね。
豪せんせのマンガってギャグでも曲相あるんだよね。主人公といっしょになってとんだりはねたりしちゃうし。けっこう仮面ってはじめはよみきりだったらしい。これもわたしまだ小学生か中学だったとおもうけど、読みながらうたいましたもん、連載になったの当然。きっと全国の読者がうたったとおもう。
あれ?、話がズレてるな〜。デビレデ烽yマジンガーも30年たってもパワーおちてないのは凄い。
デビルマンで聖書をしった世代だからわらっちゃうけど、目にみえないまやかしのヒューマニズムに自分を埋没させたくない。自分の責任をきちんと果たしたい。もっとしっかりいきなきゃ、っておもうし、オウムやサカキバラや薬害エイズ、毒入り事件のおとなたちに投げかけたいし、息子たちがいつか私とおなじような体験できるように?豪ちゃんに10年がんばってもらいたいです。
アニメはもっぱらなつやすみの再放送(メルモちゃんと2本立て)でみてました。
これもマジンガー同様、こどもたち大好きでゲゲゲのよりみてます。
で〜〜び〜〜〜〜るgするの、田中亮一になって。これはこれでいいよね。
仮面ライダーでももとはスカルマン(骸骨)。世直しに死人がヒーローになるのって、設定がいい。
ちょっとまとまんなくなってきたのでこのへんで。
(HIROーP註:字化けはそのままです)

HIRO-Pのワンポイントとらうま:来ましたね〜!! CINAMON GIRL火山は次々と誘爆を引き起こしてますね! おうまちゃんさんのパッションが文章全体からほとばしってて、ボクのコメントなど寄せつlけない勢い!! 拝見するにおうまちゃんさんは音楽関係に造詣が深くていらっしゃるような..。 ピアニッシモ→フォルテッシモとか曲相とか..。 ただそういうテクニック論ではなく、デビルマンラストは、凄じいストーリーとキャラの生きざまや想いが飛び交った軌跡が見事に紙面にカッティングされたアカシックレコードというか、それが計算を超えた美しいリズムやメロディーに結実してると言えるんじゃないでしょうか。 ボクは音楽を語る言葉はあまり持ってないんですが、紙の上の単なるシミでしかない漫画が、我々の感性というプレイヤーによってビビッドに再生される様はたしかにオーディオの世界と比較されうるものだと思います。 そして、一度無機物に封印したものがまた時を経て生き生きと開花するさまは、植物と種子の関係にも似てるかな。 さらにおうまちゃんサンは子どもたちのことについても言及されてますが、全くそのとおりで、良きにつけ悪しきにつけ 、倫理の規範の所在が希薄になっていて、というか、これは、もうすでに親になっているハズの(←ボクも)世代からしてすでに、価値観の崩壊が起こってきているので、下の世代になにか倫理的なものを求めるのも無理かも知れません。 しかし現状は完全におわってるのもこれまた事実。 大人たちからして、リストラをしたりされたりと、そんなことに明け暮れている昨今。 オウムという比較的派手目のテロに全国民は怒りを燃やし、阪神大震災の復興を誓ったのもつかの間、結局また古典的な毒物混入ブームが世間を騒がせている最近の現状はいったいなんなのか? と、子どもたちだって見てることでしょう。 なんかボクも収拾がつかなくなってきましたが、よりよい明日のために、よりよい作品を世に広めましょうぞ!!


NO.159
やっぱね〜、オトナがこれじゃ〜ね〜...ブツブツもちろん、include meです! では次です。 これまた初登場! 会員番号77番!(おっと縁起がいい!) (12/7)

Clash さん

「ぼくがデビルマンに出会ったのが小学4年、横須賀の遊楽街にある古本屋だった。
小学3年からにっかつロマンポルノ映画館を横切り、そこの古本屋に通っていたぼくはいつものように紐でまとめられた漫画の束を探っていた。するとそこにはカバー無しの「デビルマン」全5巻があった。「あ〜、TVでやってたのだ〜」と喜んで思い切って大金¥250で揃いを買った。いざ読んでみると「なんだ・・・これは!?」
10才そこそこのぼくにはあまりにもショックが大きかった。何もかもが違う。びっくりしながらも「サバト」で踊るおっぱい丸出しの女の人にドキドキしたりしていた。が、そんなウヒヒな感じを吹き飛ばす展開になっていく。徐々に高まる恐怖感、何故だかわからない怒り、涙が止まらなかったジンメンとの戦い。そんな胸を締め付けられる程つらい思いをしながらも読むのを止める事が出来ない。そして決定的なことが起こった。決して起こってはいけないことである。何度もピンチを迎えつつも最終的に助かるはずの人が・・・。ここで全ての感情が怒りに変わった。「どうしてこんなことするんだ!どうして・・・」大衆の暴力を初めて実感した瞬間だった。それ以来、人の言っている事を信じてはいけない、みんながやっていることが正しいとは言えない。などという思いにとらわれてしまい、少数派へ少数派へと流れていってしまった。今でも読み返すとその思いが蘇る。あの、燃え盛る火の中で揺れる美樹ちゃんの姿と共に。」


HIRO-Pのワンポイントとらうま:や〜、なんか読んでて、小4のClashさんが受けたトラウマのしみるような感じが伝わってきましたよ、ホントに。 小学校3年生の持ってる倫理観やら世界観のキャパをはるかに超えた世界が一挙に押し寄せて心のダムを決壊させるあの瞬間! あの瞬間を覚えている人があまりにも多いから、このコーナーはこんなに続いているんだと思いますね〜。 特にTVから入ったヒトにはなおさらで、シレーヌ、ジンメンとジョブと呼ぶにはあまりにも強烈なパンチを左右に受けて進んでいって最後にKO! という豪センセイの罠にんまんまとはまった純真な魂がまたひとつ。 アーメンですね。 で、ボクにとってもあの瞬間が多数派の正義を疑い始めた最初の瞬間だったと思います。 ボクは高校のとき了..じゃなかった寮(一応、ムフフな男子校)にはいってて、よく徹夜であ〜だこ〜だとやってたもんですが、いかに大人達が信用できず、人間というものがオソロシイかという例えをだすときは決まって悪魔特捜隊やら牧村家襲撃のハナシに持ち込んだことをよくおぼえてます(実は当時、まだ通して読んだことがなかったくせに!!) たださきほどのおうまち ゃんサンの投稿にもどるようですが、現在にいたってもなお、そういった問題って、全く解決してないというか、世の中見渡しても少数派への迫害ばっかのようで、全く気が滅入りますね〜。 美樹ちゃんの叫びが人々に届くのはまだだいぶ先のようッスね..。


NO.160
ほんと、お寒い時代!(ガンダムより) では本日最後です。 会員番号78番 (12/7)

荒田 影 さん

私はファミコン版デビルマン→TV版(ワンシーンのみ)→原作というちょっとかわった進み方をしたものです。
第三段階、とくに彼女の最期はショックでした。
いまだに”デビルマン”と聞くとあのシーンが・・・


HIRO-Pのワンポイントとらうま:こ、これは、星新一センセイの再来のような超ショートショートな投稿! でもトラウマはいってるんで、会員番号さしあげます...けど.....。 実はボクもFCデビルマン持ってまして、昔から読んでくれてるかたにはわかると思うんですが、以前このページにはFCデビルマンについてのコーナーがあったんですけど、いろいろ著作権等の問題がございまして、現在はちょっとひっこめてるんです。 それに関して、いろんな方から情報をいただいてるんで、近々新装開店で復活させたいとは思ってるんですけど...。 それはともかく、ボクは現在FCをクリアしてないんで、第三段階の彼女の最期とはいったい誰の?? やっぱ美樹チャンですか? それともおか〜さま? たしか情報によるとゲームをクリヤ(サタンを倒す!!)と牧村夫妻は生きて戻ってくると聞いたんですけど..。 それとも原作のほうの「彼女の最期」なんですかね〜。 よろしかったらまたお便り下さい!!


、というわけで、今回はここまでです!
次回はササさん、ミヤーンさん、後藤田さん、まきまきさん、さらにもうひとつ後藤田さん、鉄笛仙さん、ケロちゃんさんと、たまりにたまった投稿を一挙にご紹介(の予定)です! あんまり口約束するとまたウソになっちゃうのですが、なるべく急ぎますんで、どうかこのページを見捨てないで〜〜!!
では罪滅ぼしに、ただいまより殿堂から投稿へのダイレクトリンク開設工事に入ります!!

......! 出来ました! ついに「殿堂」システム第一段階完成!!
会員名から投稿へ一発ジャンプ可能になりました!!


さあ、皆さんも「とらうま」を吐き出してトリップしましょう!

お名前:

メールアドレス(任意): 公開 非公開

デビルマン等に関する体験、感想




または、 めーる にて。


以下つづく

「俺とデビルマン」トップへ