「あ」行

アドリアン
【人名】アルカードの本名。悪魔城の住人はこの名で呼ぶのが正しいだろうとは個人的見解。→アルカード
アルカード
【人名】若様。本名アドリアン=ファーレンハイツ=ツェペシュ。アルカードは自称のはずが、何故か両親共にアルカードと呼ぶ。母の遺言で人間の味方をし、父に反発して覚めぬ眠りについたはずだった半吸血鬼。外見は父と母を足して二で割った容貌なれど、はた迷惑に思いこみが激しいところは父親にそっくり。父への反発はおそらく近親憎悪。
アリオルムナス
【人名】焉道にいる魔女。陰々滅々としたBGMの中に響く「えーい!」のソプラノとサービス全開のふとももにファン多し。出典不明。
お菓子
【アイテム】女性の魔物はドロップアイテムにお菓子満載。レッツダイエット。
奥方様
【人名】リサのこと。仮にも悪魔城の王妃、下っぱ魔物が名前で呼んではいかんでしょう。→リサ
オルロック
【人名】表城の中ボスにして、伯爵以外では城内唯一の吸血鬼。オルロックについて語り出すと長いので割愛。統治するエリアは大変趣味が良く、噴水がある中庭は悪魔城五本の指に入る名所。

「か」行

崖側外壁
【地名】表城の奥にある。天候の変化を楽しめ、鳩の子育ても観察できる上、湖を見渡す双眼鏡まで用意されている。
吸血
【その他】伯爵が本気で魔物から血をいただく時には、豪快に握りつぶして血を絞り出す。さながら躍り食い。
蝙蝠
【使い魔】「蝙蝠の素」から生まれる蝙蝠は常について回りレベルアップもする。カプセルモンスターの蝙蝠は飛びだしてそれっきりの消耗品。
コリントの花嫁
【その他】ゲーテの詩。最古の吸血鬼文学(諸説あろうけど)にして、制作年が月下の設定年と同じという選択の余地がなかった作品。

「さ」行

サウジーネ
【人名】愛称「まーちゃん」は公式設定。つば広帽子と黒のミニスカ、ホウキ、黒猫とお約束づくしの魔女っこ。空中墓地にいる。
サキュバス
【人名】大理石の廊下から地下水脈に降りていく途中で登場する中ボス。デザインに忠実に絵を描くとサイトが要・年齢制限になってしまう、お色気ねーさま。血の匂いに敏感だか鈍感だかは微妙なところ。
囚人
【人名】オルロックの間にある牢獄内の住人。人影を見ると俺は無実だと言わんばかりに檻を揺らし、通り過ぎてしまうと寂しそうに独房の奥に消えていく。背中に哀愁。
食欲
【その他】アルカードはとにかくよく喰う。しかも食べ物に対するこだわりは並大抵のものではない。人間側に付いた理由は食べる楽しみがあるからとの説も。
蔵書庫の爺
【人名】蔵書庫で悪魔城の物品をアルカードに売りつける強欲爺。アルカード幼少時の教育係の模様。人選ミス。

「た」行

第一の城
【地名】ゲーム中では「表城」いわゆる悪魔城。月下では傀儡城主がふんぞりかえている。
第二の城
【地名】ゲーム中では「逆城」表城を一定条件でクリアすると現れる、表城が上下左右ひっくりかえった構造をした城。伯爵を倒すならこの城へ。天井が床になっているので歩きにくいことこの上なし。
血飛沫
【その他】1)一部の敵を剣で斬った場合、ダークメタモルフォーゼや妖刀村正により返り血を糧として吸収可能。月下の醍醐味の一つ。2)アルカードとドッペルゲンガーは死亡すると血飛沫に変わり消えてゆく。この血が一番おいしそう。
血の匂い
【その他】悪魔城では人物識別に血の匂いが一番有効らしい。
跳鉱石
【武器】サブウエポンの一つ。軌跡を描いて跳ね回る石。ドッペルゲンガーLV40が装備。
デス
【人名】裏城「洞窟」の中ボス・伯爵の腹心。市松模様の襟がポイントのフード付きマントを羽織った骸骨な死神。家出したアルカードには匙を投げている模様。ゲーム序盤早々に登場して装備没収という前代未聞の荒技を披露、母の形見の剣から愛用の盾から果ては鎧まではぎ取られてアルカード大パニック。没収品にそっくりなニセモノでアルカードをからかうお茶目も忘れない。
デスの使い魔
【使い魔】キャラクター紹介公式イラストでデスの肩にとまっている、羽根耳がラブリーなミニサイズ骸骨。残念ながらゲーム中には登場せず。
天井水脈
【地名】逆城の上部にある水脈地帯。洞窟の天井を水が流れ、滝は轟音を立てて下から上へと流れ登る。
ドッペルゲンガー
【人名】ゲームでの実態は「登場して」「戦って」「おわり」その間下手するとあいや上手く殺れば数秒。イベントもありゃしません。
ドラキュラ
【人名】伯爵。フルネームはドラキュラ=ブラド=ツェペシュ。百年に一度、悪魔城と共に甦る時限式吸血鬼。最愛の妻亡き後は再婚もせず、我が家を荒らす家出息子のために「親父の威光」なる強力武器まで用意してしまう健気な親父様。親父の威光に自分もダメージを受けるあたり、親馬鹿を自覚してちょっぴり恥ずかしいらしい。外見は白髪お髭のロマンスグレー。

「な」行

投げナイフ
【武器】サブウエポンの一つ。ドッペルゲンガーLV10が装備。

「は」行

伯爵
【人名】→ドラキュラ
半妖精
【使い魔】一人称は「ボク」だけど外見からして紛れもなく女の子。タマゴの中にいたというのは本人の弁。名前が欲しかったところ。
一人目のドッペルゲンガー
【人名】ゲーム中では「ドッペルゲンガーLV10」LV10のアルカード相当の性能なれど、変身能力の点で多少オリジナルより性能が高い。大理石の廊下から崖側外壁を抜ける際に通せんぼする中ボス。長剣と投げナイフを装備、鏡の中から華々しく現れる。
二人目のドッペルゲンガー
【人名】ゲーム中では「ドッペルゲンガーLV40」LV40のアルカード相当の性能で、天井水脈の中ボス。石化属性をもつ剣(ミリカンの石刀?)と跳鉱石を装備。
ブルー・アルラ・ウネ
【人名】可愛らしい少女の姿をした妖花。攻撃の技は多彩でダメージも強い上に防御も固く、岩を投げつけてくる取り巻きまでいる。天井水脈の群生地を駆け抜けるのは命がけの障害物競走。
噴水
【その他】オルロックの間、中庭にある。その前を通ると彫刻の獅子の口から流れ出す水にうっすらと血が滲み、やがて噴水の水全体が赤く染まる。
変身
【技】アルカードは吸血鬼の能力「霧・蝙蝠・狼への変身」を受け継いでいる。霧は毒を帯びることも可能。ドッペルゲンガーもまったく同じことができる。
宝石
【アイテム】魔物を倒して手に入れたり、城内に落ちている(置いてある?)こともある。自分で身につけることも、蔵書庫の爺に売りつけることもできる。
【その他】捏造小説後半でのドッペルゲンガーLV10=一人目のドッペルゲンガーの一人称。改めてアルカードの外見で一人称が僕を想像すると殺意を覚える。

「ま」行

まーちゃん
【人名】サウジーネの愛称・公式設定。→サウジーネ
面食い
【その他】同じ顔した相手に殺意を抱くドッペルゲンガーの習性は捏造設定。信じるな。

「や」行

「ら」行

リサ
【人名】奥方様。魔女狩りで処刑された人間の女性。ドラキュラ伯爵の妻にしてアルカードの母親。そりゃ狩られますな。個人的印象は良くも悪くも肖像画の人。

「わ」行

若様
【人名】アルカードのこと。濁点をつけて呼びたい時もある。→アルカード

【戻る】 【堕天】