はやく起きあがらないと

ここの地面は熱いだろう



ひとつめの首は床を

ふたつめの首は壁を

みっつめの首は天井を

焼き焦がす



逃げ込んでおいで 僕のマントの中

炎を避けて跳べるのなら



カラカラに乾いた骨

カラカラに乾いた肉

ボロボロに崩れる皮

三ツの首が蒸しあげる



君の口が吐きだす白いそれは

砂埃

それとも

熱い 熱い風に巻かれる前に