BAROQUE CHARACTERS

注:ネタバレ炸裂。未プレイの人は回れ右!!

主人公 主人公
  「いがらしゆみこ氏に訴訟起こされたりして、きゃv」とかバカ言いながらイライザに合わせて、ニール。 後に兄がいると判明、アーチーにすればよかったと悔やむ。 意味の分からない人は「キャンディキャンディ」「いがらしゆみこ」「裁判」をキーワードにYahooあたりで検索すれば大体わかるかと。 閑話休題。
  画面がプレイヤー視点だから存在感皆無。 ただそれ自体は私の好み。 プレイヤーキャラがプレイヤーが知らないようなこともべらべら勝手にしゃべるのは好きじゃありませんので。 ただ普通にプレイしていて違和感がなかった分、最下層後のムービーで違和感倍増。 兄の身投げは消えていた記憶か?と思ったけど、後に創造神に迫られてる(ようにしか見えない)ムービーは現在進行形みたいだし。 ちょっと中途半端。 そっくりな兄はいるわ、クローンはわさわさいるわで、あんまり出てこない外見の希少価値は皆無。 何回死んでもオッケーというのはクローンだったから?

イライザ イライザ
  序盤、見かけると逃げ回るのに非常にムッとして放置していたため、隠し部屋の存在は人に教えてもらうまで気付きませんでした。 追いつめたら追いつめたで、とんでもない深読みしそうなことを口走っているし。 綺麗な水で産み終わったら消えるあたり、産卵を終えた鮭のよう。 神経塔に住み着いてるし、もしかしたらムーンと仲良しなのかも。 手名付けている姿が目に浮かぶ。
  古い話題その2。 この人がふわふわ浮いてる姿は、映画の千年女王のラーミアでしたっけ、攻めてくる側の大将を思い出しもする。

上級天使 上級天使
  それが名前かい!というツッコミはお約束ですか。 知ってること素直に話せば少しは協力してやるのにとか。 痛いからなんとかしてくれと言えば助けてやってもよかったかもとか。 知ったかぶりのスカした態度がとことん裏目に出ている。 「俺って謎めいて格好良いだろ」と「思っているのは本人だけ」の代表。 かなり馬鹿。
  主人公か兄かで態度が手の平返しのようだけど、困ったことに、どちに対してどっちの態度なのかがさっぱり分からなかった。

アリス アリス
  電波少女。 他のキャラが「知ってることはあるけど教えてあげない」意地悪態度で終始しているのに対し、アリスばかりは「聞きもしないことベラベラしゃべるけど、言ってる意味がわからない」 好意は有りがたいんだが、ちょっと落ち着いてくれ。
  イライザと同じく欲しがっている物をあげたら消えたけど、消えた後にアリスのいた場所を訪れた時は多少寂しげではあった。

棺桶男 棺桶男
  何はなくとも、こいつのしゃべり方はナイスだと思いやがりませんか?!
  思いやがるでしょう!
  ひとつブラボー!!

STING「バロック歪んだ妄想」公式ページにおける加工・転載フリーの画像を使用しています。

BACK 堕天