第一弾 ナル・アモウ(闘神伝3)

[ナル・アモウ(闘神伝3)]

  「闘神伝3は彼女を呼び出すためにある」ナルちゃん(笑)  齢わずか五歳にして既に父を越え、なみいる戦士たちを越え、最強の座をものとした、別名「闘神アゴーンテオスの化身」  ダメージうけても「きゃははっ☆」  育ての父に「あーんたなんか、きらーい!」  世界は彼女にとってオモチャにすぎないのかもしれない…(ED風に読むこと)  「親はなくとも子は育つ」の典型ですかね(意味不明)

  特に初期のカインファンに顕著な気がする、「3のナルは認めない!」って意見。  あんまり声高に言われると、いい年したおねーさんたちが五歳児とりかこんでいぢめているの図みたいですっげーいやーんだったりしますが。  私は個人的に、闘神伝の本編(オフィシャル設定,公式という意味を含めて、ね)ってPSで出た格闘ゲーム3本(+発表にはなったけどまだ発売になっていない1本)だと思っているから、ナルちゃんは3デザインで、自分の背丈よりもあるキャリバーンを手に「ぎゃおー♪」でこそナルちゃんと思ってます。  ちなみにSS版やカドクエは外伝扱い、頭身の小さいGB版とパズルはパロディ扱い、にとうしんでんに至っては同人扱い(←殴)  正直なところ三つ編みナルは、テザインそのものがどこから湧いて出たのか全っ然判らなくて。  ことぶきつかさ氏が同人誌か何かでちらっと描いたとか、そんなものかな?とも思ってはいますが…「非公式デザインのナルって、ダサダサでかわいくねー!カインの子供服選ぶセンス、疑っちまうぜ!」なんて、正直に(あっ)書いちゃったら刺々しいですよねぇ、くすすっ。

  要は「3のナルちゃん、めっちゃくちゃかわいーわっ☆」なんだけどっっ

← ↑ →
堕天