第一主題 第二主題 第三主題 交響組曲 音楽院

パズルアリーナ闘神伝

分類:落ちものパズル
機種:プレイステーション
CODE:SLPS-00879
制作:TAM−SOFT
発売:TAKARA
価格:5800円(税抜き)
発売日:  備考:メモリーカード1ブロック使用
amazon.co.jp詳細ページへ

SYSTEM  闘神伝シリーズでは格闘以外のジャンルで初めて発売されたのが、このパズルアリーナです。 ゲームの進行の間を通して、休む間もない程に言葉を発するキャラクター達は、賑やかを通り越して「騒々しい」という形容こそが似合う程です。 けれど、デフォルメの愛らしさとテンポの良い音楽、ステージ進行の合間に入るデモンストレーションとで、「楽しい」雰囲気が満ち満ちております。 こと、愛着をもつキャラクターが登場している場合は、ファンであるなら必見とも言えるでしょう。

REVIEW  システムや操作性等は、一般的な落ちものパズルゲームから大きく離れることはなく、オーソドックスな…言い方を変えれば、これといった特徴が無いものに仕上がっております。 3レベルに分けられた必殺技ではそれぞれの決め台詞だけでなく、技発動の特殊グラフィックを見ることができます。 残念ながら、技に限らずデモンストレーション等にも言えることですが…特殊グラフィックは数枚の画像切り替えに留まり、およそアニメーションと表現できる代物ではないことが心残りと言えましょう。 ゲームの第一印象を与える大切なオープニングデモンストレーションでさえ、非常に中途半端な仕上がりのため、続きがあるのでは…と繰り返しオープニングを身続けた方も、少なからずおいでかと思われます。 一方でクリア時の難易度によって開く内容が変化する「オマケ」メニューには、各キャラクターの留守番電話、目覚し時計と言った音声がサービス一杯にこめられており、パズルアリーナの特徴は飽くまでも「声」という印象を受けます。 その最大の売りである声の読み込みのために、ゲーム進行中は若干ロード時間が長く感じられますが、我慢できないほどではなく、許容範囲と思われます。

CHARACTERS  登場するキャラクターは、おなじみの主人公とその友人達としてエイジ,カイン,エリス,ソフィア,トレーシー,デューク。 そしてカオス,ヴァーミリオン,闘神伝3よりシズク,セガサターン版の闘神伝URAよりプレイステーションには初登場のリッパー…と続き、ボスキャラクターにウラヌス、隠しキャラクターにお約束とも言うべきショウ。 更に特定の条件で負け続けると登場する珍しいタイプの隠しキャラクターとして、ランバート家の執事として知られるセバスチャンが登場します。 またエリスのレベル3必殺技においては、何処からともなくガイアが親馬鹿丸出しといった趣で登場し、笑いを…いえ失礼、涙を誘います。

MUSIC  音楽は本編格闘ゲームのアレンジを中心としてテンポよくまとまっています。 ですが残念ながら、メニューに音楽演奏の項目はなく、またゲームソフトCDは音楽CDとしての再生もできないため、音楽を単体で楽しむ手段は与えられていません。 オープニングデモと交互に出現するプレイデモで流れる音楽などは、決してリピートまでたどり着かない等、非常に残念きわまりありません。

  3ステージ毎にインターミッションとして登場するデモは大変嬉しいサービスですが、パターンが少ないことが災いし、ゲームを繰り返しているうちに食傷気味となりましょう。 また登場するキャラクターに大変偏りがあり、通常キャラクターでありながらデモンストレーションに一切登場しないキャラクターも存在しています。 かと思えばエイジ,カインはデモ専用に専用の台詞が与えられている等、内容のバランスが大変悪いと感じざるを得ません。 また、それが狙いであるのは重々承知の上で…エイジとカインとの漫才には、凍死者が現れはしないかと心配するは杞憂なのでしょうか。

  更なる余談ですが…パズルアリーナに同梱されていたユーザーアンケート葉書には、「好きなキャラクター」項目には徹底した人数のキャラクター名が並べられ、更に希望ジャンルに恋愛シミュレーションまでもがあげられていると、購入者の間で話題となりましたこと、付け加えておきましょう。

第一主題 第二主題 第三主題 交響組曲 音楽院