第一主題 第二主題 交響組曲 音楽院

熱闘闘神伝

分類:2D格闘
機種:ゲームボーイ
発売:TAKARA
価格:4500円(税別)
発売日:1996年3月29日
備考:スーパーゲームボーイ対応
amazon.co.jp詳細ページへ

CHARACTERS  闘神伝シリーズでは唯一の、2D格闘ゲームです。 ストーリー的には闘神伝2での結社崩壊以後、何者かの主催による闘神大武会…となっております。 登場キャラクターはエイジ,カイン,ラングー,デューク,ホー,モンド,エリス,ガイア,ショウ、そして隠しキャラクターとして、ウラヌス。 全般的に闘神伝1の印象を受ける面々であり、キャラクターデザインもまた、闘神伝1に沿ったものが使用されております。

SYSTEM  2Dながらも闘神伝シリーズにはつきもののリングアウトは健在であり、ダメージ数やリングに触れた回数に対応した、リングアウトゲージが存在しています。 また闘神伝シリーズには珍しい機能としては、オプションに音楽モードが組み込まれております。

REVIEW  残念ながら当方はゲームボーイを所持しておりませんので、プレイ感想を申し上げることは出来ません。 故に、実際にゲームをプレイなさった方からのコメントを、お待ち申し上げる次第です。

熱闘闘神伝のプレイ感想そして裏技をいただきましたので、掲載させていただきます。 外木幻夢様に心より感謝申し上げます。


  はっきりいって、「闘神伝キャラを使った2D格闘」  タカラのほかの熱闘シリーズと変わらないでしょう。
  場外判定があるものの、いったん減ったリングアウトポイントは戻らないので、押しの強い必殺技を持っているキャラは有利。 端に追い込んで連続ヒットさせれば、あっという間にリングアウト。 また、起きあがり攻めがハメになったり、裏技の熱闘モードでは大技の打ち合いになったり、攻撃の威力にあまり差が無いなど、いただけない点もいくつか存在。
  そして、1のガイア、ウラヌスは更なる凶悪さを持って堂々の登場(笑)  特に、他キャラより高く舞うウラヌスの姿は、まさに天使の顔をした悪魔(殴)  さらに、ハードなどのCPUは異常にえげつない攻撃をしてくるので注意。
  しかし、ストーリーはギャグ仕立てになっており、なかなか楽しめる内容。 中には意味深な台詞も・・・?
  それから、いくらかのキャラはオリジナル技を持っていたりする。 勝ちポーズ、登場ポーズなどは、ゲームボーイにしては十分再現できているといって良いだろう。 その他の特徴は、攻撃体系がキャンセルを含んでいること、大技で止めを刺すと画面がフラッシュすること、一発必殺技が十字キーとの組み合わせで使うこと。
  こうしてみると、意外と「昴」に似ているところも多い・・・かな?

第一主題 第二主題 交響組曲 音楽院