叙唱 音楽院

  自動再生はOFFにしておりますので、 視聴なさる方は再生ボタンをお押しください。

非常に激しいリズムと、あまりにも唐突に打ちきられる曲の終わりとで有名な、ショパンの「革命のエチュード」です。

ワルシャワでの革命がロシア軍により鎮圧されたことを憤るあまりに作られた曲と伝えられています。

ピアノが特技と自他共に認めるソフィアが最も得意とするこの曲、あのしなやかな指が流暢に動く様を思い浮かべながらお聴きください。

なおこのデータは会沢優樹様が作成なさいました。

音楽素材の提供に心より感謝いたします。

ノクターン

叙唱 音楽院