王宮攻略・祭壇の間

【祭壇の間全体図】
  • B4:女神像
  • D1:謁見の間との出入り口
  • E3:床槍
  • J7:階段の間との出入り口

  王宮攻略の要になる、祭壇の間。 ミレニアは一歩も動かずに、ほぼすべての敵を始末する方法があるので、先に進めず投げ出している人はぜひお試しあれ。

準備

  ミレニアの待機位置はI1。 余談ながら、ここにいると壁のポリゴン落ちの隙間から謁見の間からの侵入者がやってくる姿が見える。 閑話休題。

謁見の間からの侵入者

  侵入者は必ず床槍を回り込んでミレニアに襲い掛かる。 一部の魔法や飛び道具を使う侵入者は階段をのぼり切ったところでミレニアと反対側に行くが、それまでの道筋は変わらない。 よって、D1▲アブラカビンD2×ベアトラップD7■ファイヤーアローでかなりダメージを与えられる。 ベアトラップで捕まっている間に次のトラップのチャージもできる。

階段部屋からの侵入者

  侵入者はまっすぐミレニアに向かってくるので、出入り口側の壁に■J7スパイクウォール■×スプリングフロア等で階段の下にたたき落とすと良い。 一部の臆病な侵入者はミレニアの姿を見ると逃げ出して部屋に入ってこないので、■J1ファイヤーアローで地道に殺すのが無難。

階段での攻防

  謁見の間からの侵入者も、階下にたたき落とされた階段部屋からの侵入者も、床槍を避け3カラムを登る道順でミレニアにむかってくる。 よって■J7スパイクウォール■×スプリングフロアで階下のフロアに落とし、落下地点に▲スパイクロック等でだめ押しをすると良い。 床槍は転がり落ちてきたロック類で破壊されるので、この仕掛けをコンボに組むのなら要注意。

見えない敵と戦う

  王宮のミッションに入ると、忍びやアサシンのような「身を潜める」技能をもった敵が登場、特に第九話以降は厄介な敵となる。 ところがI1で待機していると、謁見の間からやってくる場合は玉座の後ろに、階段部屋からやってくる場合は入り口寸前で祭壇の間の階段の影に身を潜めて、ミレニアがその位置を向かない限りは姿をあらわさなくなる。 これをうまく利用すれば、ミレニアは一歩も動かないまま一人づつ血祭りにあげ、最後にゆっくりと忍びを始末してしまえる。

  連中が身を潜める位置はH6。 よってH〜E7に■マグネットウォールを仕掛けた後に誘き寄せ、▲スパイクロックを落としたり×ブラストボムで吹き飛ばせば、まず即死する。 玉座の後ろに身を潜めている場合は、D4でA4方向を向いたままで待っていればD1の扉寸前で姿を消してH6に身を潜める。 身を潜めるとチャージ済のトラップが点滅をするのですぐにわかるが、この時トラップを発動させても身を潜めている相手には通じない。 振り向くのはマグネットを発動させてから。

床槍を使う・謁見の間からの侵入者

  D1▲アブラカビンE2×スマッシュフロアで7コラムに飛ばし、E7■アタックウォール床槍の上に落とすこともできる。 スマッシュフロアを飛び越えるバーサーカー等でなければ、D1▲アブラカビンを使わなくてもタイミングを計りやすいので、E7に別の仕掛けをしても楽しげ。 床槍が飛び出すタイミングはランダムなので保険にF3メガロック等しても良いけれど、ロックを落とすと床槍も破壊されて、そのステージでは使えなくなるので要注意。

← ↑ →
刻命館 堕天