猫の適正飼育ガイドライン(案)

 「近所の猫が庭に糞尿をする」「物置で子猫が産まれた」「小鳥が襲われた」「猫が傷つけられた」…。現在都市部では、猫に関するトラブルが発生し問題となっています。これらは、猫が屋外で自由に歩き回り本能のままに行動することに起因します。しかし、なかなか解決に至らない大きな要因のひとつとして、猫の世話をしている人が飼養・飼育責任を希薄にとらえていることがあげられます。
 トラブルの減少や予防には、猫にかかわる人が猫の行動を把握し、制御・誘導することで、周囲の理解が得られるように適切な保護管理を行うことが最も重要です。この基本的な考え方に沿って、猫の飼養管理状態ごとにガイドラインにまとめました。
 飼い猫は、管理が行いやすく、都市部では猫自身にもメリットが多い完全屋内飼育を推奨します。また、ノラ猫でも、周囲で猫にかかわる人が飼い主に準じた管理方法を行い、段階を踏んで数を減らしていくことが必要と考え、いくつかの手段を提案しています。

横浜市保健所(健康福祉局食品衛生課)

第2章 ノラ猫について
ノラ猫に関するトラブルを減らすために・・猫にかかわる一人ひとりが取組を進めていくことが必要です。
ノラ猫が増えるのは、猫を捨てるなどの無責任な人の行為が原因となります。
地域でおこるトラブルは、適切な管理や不妊去勢手術等で解決していく必要があります。

<地域から理解を得るために>
○自らの楽しみや一時的な感情で、地域で見かけるノラ猫にエサを与えるだけの行為は、地域の人に迷惑となるばかりでなく、結果的には地域から猫が嫌われてしまいます。ノラ猫の世話をする人は、飼い主に準じた管理責任を持ちましょう。
○世話をする人は、猫が地域で嫌われることなく受け入れてもらえるように日頃からのご近所との良好なお付き合い、コミュニケーションが大切です。

<適切に世話をするために>
○エサを与える時は
1 エサを与える場所(エサ場)は、自分の敷地内が基本です。空き地や他人の敷地などをエサ場とする場合は、必ず事前にその敷地の所有者や管理人に了解を得てください。
2 食べきれるだけの量のエサを与え、その時間に現れない猫への置きエサはしないでください。
3 一定の決めた時間にエサを与え、その時間に現れない猫への置きエサはしないでください。
4 エサ場周辺は常に清潔になるよう、エサの時間が終わったら必ず周辺を清掃しましょう。

(置きエサはダメなの?)
いつでも食べられるように常時エサを置いておくと、悪臭やハエ、ゴキブリ等の害虫が発生したり、カラスによる環境悪化の原因となるのでやめましょう。

○フンを片付けましょう
1 ご近所や公園などにあるフンは、エサを与えた結果です。フンをしそうな場所を見回り、毎日積極的に周辺を清掃してください。
2 エサ場周辺や所有者・管理者の了解が得られた場所に猫のトイレを確保し、1日1回以上清掃しましょう。

※猫がトイレとして好む場所は、柔らかい土や砂、落ち葉等がある場所です。市販されているトイレ砂や細かく裂いた新聞紙等も試してみましょう。

<屋内飼育を目指して>
猫の習性をよく理解したうえで環境に徐々に慣らしていけば、ノラ猫も屋内で飼育し、飼い猫とすることが可能です。世話をしながら猫を観察し、性格が良く、飼育しやすい猫は、屋内で飼ってくれる飼い主を探して、猫に安心できる生活をさせてあげましょう。

地域猫活動ってなあに?
地域住民の合意に基づき、本ガイドラインにそったルールの中で、地域の人達が協力して適切に飼養管理し、不妊去勢手術を行いながら徐々にノラ猫の頭数を減らしていく活動のことです。猫の嫌いな人達にも理解が得られるような配慮をし、地域ぐるみでノラ猫の面倒をみながらトラブルを減らしていく解決方法の1つです。

<猫のことでお困りのかたへ>
○飼い主に直接話しても改善されない場合には、各区福祉保健センターにご相談ください。不適切な飼い方については指導していきます。
○自己防衛するには・・・
敷地内に糞尿、いたずらなどをされてしまう場合には、各区福祉保健センターで忌避方法の説明等を行っています。
○ノラ猫トラブルの場合は、猫の世話をしている人、地域の世話役の人、動物ボランティア、動物病院の獣医師など様々な立場の方の意見を聞いてみると、よいアイディアが得られるかもしれません。


コピーを縮小してスキャンしているので、見にくいですが、ご参考まで。
150%くらいに拡大したら、字も読めるかもしれません。

(注! 6月5日 とりあえず画像のみ配布されたガイドラインに差し替えました!)


  ノラ猫PDFファイル ←クリック

  飼い猫PDFファイル ←クリック


都会猫の暮らし
屋外は猫にとって危険がいっぱいです。また住宅が密集しており、
近所に迷惑をかけてしまうことが多いため、人間同士のトラブルも起きてしまいます。

第1章 飼い猫について

人も猫も暮らしやすい社会にするために…完全屋内飼育にしましょう。
猫が外に出かけていって何をしているか毎日把握できますか?
飼い猫を危険から守り、長生きさせるため、また飼い主として猫の行動に責任を持つために、猫は屋内で飼育しましょう。猫を外出自由にさせている人は完全屋内飼育を目指しましょう。
※環境省の「家庭動物の飼養および保管に関する基準」でも、猫の屋内飼育が推奨されています。

<飼い主が猫のために守ること>
・首輪と名札、マイクロチップ等を着けましょう
・健康管理をしっかりしてあげましょう
・不妊去勢手術をしましょう
・必ず最後まで飼育をしましょう

<猫の飼い方について、もう一度考えてみましょう、すべてチェックがつきますか?>
「これから飼う人」
□猫という動物のことをよく知っていますか?
□20年間一緒に暮らせますか?
□屋内で飼うことができますか?
□猫にかかる費用は大丈夫ですか?
☆猫を迎える環境の準備
○落ち着ける隠れ家
○危険なもののチェック(電気コード、観葉植物など)
○必要なものの用意(フード、トイレ、爪とぎ、キャットタワー)

「今猫を飼っている人」
□屋内で飼っていますか?
□首輪と名札はついていますか?
□不妊去勢手術はしていますか?
☆屋内の生活に慣らすには・・
1 最初はケージ(檻)などを利用
2□落ち着ける隠れ家を作り、あまり構わない
3 上下運動できる場所やおもちゃを用意

<屋内飼育のメリット>
★大事な猫を守ります。交通事故、虐待、誘拐、けんか、迷子などの危険から猫を守ります。
★ご近所トラブルをなくします。フン尿による汚染、いたずらや爪とぎによるご近所とのトラブルを起こしません。
★健康管理ができるので、病気を防ぎ、長く一緒に過ごせます。

注意!
やむを得ない理由で飼育が続けられなかった場合は、あらゆる手を尽くし、新しい飼い主を探しましょう。安易な飼育放棄や、他の場所へ捨て去ることは法律で禁止されています!

<不妊去勢手術について>
猫は生後4〜6か月で最初の発情期が来ます。
発情時に交尾をするとメスは必ず妊娠し、2か月後には5、6匹の子猫を出産します。生まれる子猫の世話ができないなら、最初の発情前に手術を行うことが望ましいです。妊娠していても、手術は可能です。

●不妊去勢手術をすると…
○子猫が産まれて個体数が増えていくことがありません。
○早く適切な時期の手術により、加齢に伴い起きやすい生殖器系の病気を防ぐことができます。
○発情によるネコのストレスを減らしてあげることができます。
○発情行動や攻撃性がおさまり、穏やかで人に慣れやすい猫になることがあります。オスのスプレー尿によるマーキングなどの問題行動が減ります。

●注意する点
手術後は肥満や糖尿病などに気をつけましょう。

<ノラ猫の不妊去勢手術をするときは>
○必ず猫に飼い主がいないことを確認した上で不妊去勢手術を行ってください。
○手術終了後は、決して別の場所に放したりせず、元の場所に戻してください。
○手術が終わっている目印として、耳ピアスや、耳先カット等をして、個体識別できるようにしましょう。猫の写真を撮ってリストを作り台帳管理するのも良い方法です。
V字カット、先端カット、穴、ピアス
耳カットもピアスも麻酔のかかっている手術中にしてもらったから いたくなかったヨ!

以上