サイトマップ

Top

Counter戻る

次のページ

前のページ

バリフライトツァー2005年7月

Issue 2006.02.17

2005.07 Prologue   7月12日  13日  14日  15日  16日  17日  18日  19日  20日  21日 22日 23日 その後 

7月17日(日)

ホテル出発を13時にして貰ったので、午前中はホテルでのんびりと休んでいた。インターネットカフェに行ったら閉まっていた。どうやら日曜日は休みらしい。

ホテル近くのインターネットカフェ ホテルの看板、ここが入り口 ホテルから街への通路

サヌールの街を散策した。衣料品を覗いていたら、店の中からオバさんが二人出て来て達者な英語でまくしたてた。「安くするから買ってよ」

「お土産に良いかな]と思い見せて貰った。アロハシャツや女性用のブラウスだ。女性用のは、ロングの巻きスカートと対になっていた。アロハシャツは、1枚50000ルピア、スカートとブラウスの対は、セットで75000ルピアだと言う。アロハシャツを3枚、ブラウスとスカートのセットを3セット、それとオバさんが薦める綺麗な柄のスカートを50000ルピアで買えと言う。合計で425000ルピアだ。値切りを始めたが、最初の言い値が問題だと判ったのは後のことである。始める場合は、半分の値段を言って交渉するのがコツらしい。結局、値引きが下手な私は、言い負かされて全部で375000ルピアを支払った。でも、路央に丁度良さそうなティーシャツを付けて貰った。損したような得したような・・・。考えてみたら、これだけ買って、たった4000円位なのだ。

ホテルを出てすぐの所にサークルKがある 英語が達者な土産店のオバさんたち 土産店の子供

ホテル近くのレストランで昼食を食べた。英語が通じるので安心だ。食事中、外は、強い風が吹き荒れていた。ティンビスはどうだろう。

レストランのすぐ近くのテーブルに日本人の女性二人連れがコーヒーを飲んでいた。声をかけると、今日帰国とのこと。もっといたいと話していた。写真を撮影した。

ホテル前のレストランで昼食 レストランで会った日本女性 ホテル近くの日本料理店「漁師」

13時にレンタカーが迎えに来た。こちらのレンタカーは、車だけを借りるのと運転手付きで借りる二種類がある。運転手のダケは、気の好い若者である。日本語を練習していると言って片言の日本語で話し掛けてくるが、チンプンカンプンだった。英語もチンプンカンプン、私は、インドネシア語は全然分からないから、意志が通じる筈がないのだが、そこは人間同士、ジェスチャー、判るだけの単語を駆使して楽しい会話が続いた。

ティンビスに行く途中にあるクトゥの家で私のパラグライダー一式を受け取った。ティンビスに着いたら、神の倉の人たちは強風の為、風待ちをしていた。風は収まりそうもないので、観光に切り換えることにした。私は観光には興味がないが付き合うことにした。タナロット(TANAH LOT)と言うヒンズーの寺院に向かった。

沢山の観光バスと自家用車が駐車場を埋め尽くしていた。小島に寺院がある。海水が引いた時を見計らって渡った。要領の悪い人は、下半身がずぶ濡れになっていた。島では、僧侶がお払いをしてくれた。お布施を上げる。石段を上がって行くとすぐに行き止まり。そこで記念撮影をした。

タナロットの土産店 タナロットの土産店 寺院がある小島 小島の奥の院手前でインド人の観光客と

ここは、夕陽が美しい名所だそうだ。小高いところにあるレストランで休んだ。ジュースを飲みながら談笑を楽しんだ。幼い子供たちが絵葉書を売り歩いている。「バリハルゼンブデ30マイ3マンルピア」とお経のように唱えながら私の傍から離れない。「荷物になるからいらない」と日本語で言った。勿論、分かる筈もないのだが、断っているらしいことは感じたみたいだ。「2マンルピア」と値段を下げた。私は「1マンルピア」と言ってしまった。「1マン5センルピア」と又、下げた。「1マンルピア」と再度言ったら、結局、1マンルピアで余分なものを買う羽目になってしまった。

小島へ渡る時は、潮が引いた時が良い 絵はがき売りの少女スーサ(左) スーサと 夕陽にシルエットとなった寺院

河原さんは断固として断っていた。稲垣夫妻は、根負けして1万ルピアで買った。不思議なことに、向井さんには、見向きもしなかった。どうやら向井さんのことをバリ人と勘違いしたようだ。売り子の女の子は、スーサと言う名の9歳の少女だった。ビデオを撮ったりして、楽しいひと時を過ごした。

奥の院がある小島 夕陽が沈む・・・ 夕陽が沈む・・・

夕食は、屋台村で中華料理を堪能した。カエル料理も食べたが美味しかった。飛べない一日だったが、それなりに楽しかった。

料理 料理 料理 料理
料理 料理 料理 料理
お店の店員さんと お店のママと日本の「ママ」愛子さん

前のページ次のページ

サイトマップ