Research | Character | Attribute

Ragna Archives Network 2 - 恋愛系ゲームキャラクタデータベース

Ragna | 統計モード | 設定 | データ編集 | XCN | Ragnaとは

Characters Search(キャラクタ検索)

RSS 検索結果のRSSデータ | 検索結果のJSONデータ

詳細検索:

名前ゲーム名属性年齢身長BWH血液型誕生日
鮎川 美奈萌そこに海があって眼鏡っ娘/幼なじみ/ヤンデレ/内気/電波系/家庭的/一途系/ヤキモチ焼き/巫女/病弱娘/茶髪/三つ編み/アンテナ/豊乳/
主人公・海取幸一の幼なじみで、鮎川神社の一人娘。幼い頃から幸一を想っていたが、なかなか想いを言い出せずにいた。そんな彼女の心境に波紋を生じさせる存在が緒方夕凪だった。急速に親しくなっていく幸一と夕凪への嫉妬、そして夕凪の念動力や常軌を逸した行動を目の当たりにしたことがきっかけとなり、彼女の心の中に狂気を生み出すに至った。
緒方 夕凪そこに海があってミステリアス系/コクコク系/無口/水色髪/ウェーブ/リボン/貧乳/クローン/エスパー/転校生
2学期が始まる前日、海岸に倒れていたところを主人公・海取幸一に助けられた少女。「転地療養のために海星町に引っ越してきた転校生」として幸一の学校に通うことになるが何かと不可思議な部分も多い。そんな夕凪と幸一は親しくなっていくが、平穏な日々に終止符を打つような残酷な殺人事件(被害者は鮎川美奈萌の一家)を機に、彼女の本当の正体が明らかになる。夕凪は緒方博士により作られた人工生命体であり、殺戮兵器として念動力をも使いこなす存在だった。
海原 夏海子そこに海があって保険医・女医/大人/ポニーテール/豊乳
海星島で「海原診療所」という小さな診療所を開いている女性。海星学園の校医も勤めている。主人公・海取幸一とも懇意の仲で母親的存在。元々は緒方博士の助手兼愛人であり、緒方夕凪たちの前身といえる人工生命体「朝香」の開発に携わっていた過去も持つ。
鰍山 碧唯そこに海があって幼なじみ/元気系/友人系/秋風/応援/栗色髪/ショートカット
主人公・海取幸一の幼なじみで、魚屋「魚善」の一人娘。明るく気さくで、誰からも好かれやすいタイプ。緒方夕凪が転校してきて以来、夕凪とも友達として接しようとするが、幸一と夕凪がどんどん親密になること、そしてクラスメイトの告白がその関係に変化を生じさせる。皮肉にも幸一への想いに気づいたのは、殺人事件が発生した時であった。
黒川 理佐そこに海があって大人/タカビー系/クール/ドライ/黒髪/ストレートロング
緒方博士の助手として、本島からやってきた女性。緒方夕凪たち人工生命体の研究に対しても冷徹に徹し、目的遂行のためなら手段は選ばないタイプ。緒方博士に想いを寄せているのだが、夕凪の研究にのみ目を向ける彼の姿、「殺戮兵器」ではなく「人間」になりつつある夕凪への苛立ちから、彼女は緒方博士の助手・佐川を篭絡していまだ不完全な3体目の人工生命体「真夜」を起動させてしまう。しかし真夜は無邪気さゆえの残酷さを持つ文字通りの「殺戮兵器」だった。

検索結果: 5件

Ragna Archive Network 2 version 1.08.004 spec:0.3 / since 1997