ニュースメモ(2016/10/31)

男性で目立つ非労働力人口増加 就労をあまり優先しない者向けの対策が必要 (pdf)
男性の非労働力人口の増加と、根強い専業主婦志向。一億総動員じゃないんだから、働きたい人が働けるようにするのが重要なのであって、別に無理に就労に駆り出さなくてもいいのではというのと、あとはまともな職を増やすことではないですかね。待遇を改善することなく、労働力不足と言われてもそんなの無視していい。

人手不足にもかかわらず賃金の上昇ペースが鈍いのはなぜか (pdf)
賃金カーブがフラットになるのはもうだいぶ前からですが、では、その分若年層の賃金は上がっているのかということですね。単純に、まだ全然人手不足ではない(完全雇用ではない)ということだと思いますが。

日本の雇用システムの課題 ~ジョブ型雇用は万能薬か?~ (pdf)
企業が強力な人事権を手放しますかね。で、強力な人事権を維持しつつ、解雇自由化の両取りは無茶でしょう、とうことかと。

はてなブックマーク – 氷河期世代を正社員化、採用の企業に助成へ (読売新聞) – Yahoo!ニュース
指摘多数のように、もう氷河期世代社会的再生産が難しいので、遅いのは遅いんだけど。別に提案されているような、「40歳定年制」になったら、異業種への転換を求められる、新しい仕事のスキルのない40歳が大量に労働市場に放出されることになりますからね。氷河期世代関係なく、金融財政政策をフル出動して雇用需給をタイトにした上で、最低賃金引き上げとか、採用における年齢差別の禁止、とか、そういう方向に向かうのが良いのでは。
関連: 今週の指標 No.1154 我が国における正規雇用者の働き方について

カテゴリー: ニュース | 投稿日: | 投稿者:   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です