カスタマイズ | ヘルプ

教えて質問箱
音楽関係に限りません。ご質問はこちらへ。


コメント返信ツリー表示一括表示リスト表示検索

個人的な意見ですが・・・
投稿者:Saga@鈴音 さん  ( uid 26945, posts:224, since 2002/07/06 )
投稿日: 2002/08/25 (日) 15:12 No.279 | 編集 | 削除

記事No.278 へのコメントです。

アッサムさんいらっしゃいませ、風水です。

御質問の件ですが・・・

・3度やテンションの重複について
絶対ダメとは思いません。

というより、もし大編成のバンドやったら絶対重複するがな(爆)

ただ基本的に、『同じ重ねるなら、それよりも効果的な音がある可能性が大でっせ〜』と楽典には書いてあると・・・楽典は読みましょう。

要は、出せる音の数に制約があるなかで、どれだけ自分が思っている効果が出せるかです。

例えばE7+9(下からE、G#、B、D、G)の場合一番テンションが高いのはGですけど、ジャズっぽいブラスのアンサンブルなんかでは、Gを強調しますよね。

・ハモリの問題
まず、大切なことはトーナリティ(調性)の問題です。
基本的にはその調で機↓検↓垢覆匹亡泙泙譴討い覯擦覆藺臂翩廚箸いΔ安心度が高いです。

調性がCの時にC#とかはキケン度大ということですね。

ただ、その時に使われている和音が基本和音じゃない場合、例えばブルースっぽい進行で-7-7-Dim(Orm7)なんかの場合。

調性がCでも7の時はG#もアリでしょうし、7の時はE♭もアリでしょう。

歌のハモりの場合、こういう「機能的な面」+「歌いやすさ」を考慮してパートを作ります。

機能だけで作ると、歌おうとしてもカラダがイヤイヤをすることが多い(あうっ!)


結局・・・どちらの問題も最後は自分の耳で聴いて判断して下さいな・・・となってしまいます。

聴く事、判断する事、それを繰り返して自分が良いと思えば、それが正解です。

その繰り返しが邪魔臭いなら、楽典に従うべきでしょうが、それでは今の音楽についていけないのが現状だと思います。

特にロックやソウルや一部のフォークソング・・・まぁポピュラーソングと言われるもの全般ですね、に黒人音楽の影響が多少なりとも入っているはずですから、そういう音楽をするなら、聴く事、判断する事の繰り返しは必要不可欠でしょう。

ワタシが初めて買った楽典には最後に付属で「ポピュラー楽典」というのが付いていて、「楽典の方ではこう書いたが、例外があって」みたいな説明がされてました。


こう書くと、えらい長い道やなぁ・・・とほほほほ、と思われるかもしれませんが。

大抵、何曲か苦しむうちに判断が早くなってくるものです。

いわゆる「慣れ」ですね・・・マンネリとは言わないよーに(激爆)

比較的小さな音で(大きいと耳がゴマかされるのです)、客観的に何度も聴いてみましょう、そこから道は始まると思うのです。


最後にひとつだけ。

自分がどんな音楽をやりたいのかは常に意識しましょう。

ハードなのか、癒し系なのか、シンフォニックなのか、バンドっぽいのか・・・。

それが判断のモノサシにもなるし、あなたの個性を形作っていくと思うのです。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

この記事に対するコメント返信

- TOP -

管理者:sword
NICOLE's - WWWForum 3.7c