カスタマイズ | ヘルプ

教えて質問箱
音楽関係に限りません。ご質問はこちらへ。


コメント返信ツリー表示一括表示リスト表示検索

←次の話題 前の話題→

■-すみません新参者でいきなりの質問ですが宜しくお願い致します - アッサム (08/25 14:15)
 └個人的な意見ですが・・・ - Saga@鈴音 (08/25 15:12)
  └ありがとうございますッ - アッサム (08/27 21:51)
   └いえいえ、大した事もできませんで・・・。 - Saga@鈴音 (08/27 22:56)

■ すみません新参者でいきなりの質問ですが宜しくお願い致します
投稿者:アッサム さん  ( uid 28057, posts:1, since 2002/08/25 )
投稿日: 2002/08/25 (日) 14:15 No.278 | 編集 | 削除

 嵯峨さん、みな様方、初めましてこんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
それでいきなりの質問なのですが(スミマセンっ)、私も音楽初心者なのですが現在どうしても一人では解決出来ない問題を抱えています。お助け下さい。
 ・よく楽典などで3度の音やテンションは重複できないと書かれているのですが、いついかなる時も重複してはいけないのでしょうか?たとえばメロディーで3度の音を踏んでいるとき裏メロなどで3度の音を使ってはダメなのでしょうか?

 ・一般の歌謡曲ではハモりにメロディーの3度、6度下でハモっているようですが、このときハモりの音がコードトーン外の音になってしまっても(もしくは上で述べた3度やテンション音を重複しても)大丈夫なのでしょうか?

長々と書いてしまって本当にすみません。嵯峨さん、みな様方にとっては低レベルな質問だとは思いますが、何卒宜しくお願い致します。それでは失礼します。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

個人的な意見ですが・・・
投稿者:Saga@鈴音 さん  ( uid 26945, posts:224, since 2002/07/06 )
投稿日: 2002/08/25 (日) 15:12 No.279 | 編集 | 削除

記事No.278 へのコメントです。

アッサムさんいらっしゃいませ、風水です。

御質問の件ですが・・・

・3度やテンションの重複について
絶対ダメとは思いません。

というより、もし大編成のバンドやったら絶対重複するがな(爆)

ただ基本的に、『同じ重ねるなら、それよりも効果的な音がある可能性が大でっせ〜』と楽典には書いてあると・・・楽典は読みましょう。

要は、出せる音の数に制約があるなかで、どれだけ自分が思っている効果が出せるかです。

例えばE7+9(下からE、G#、B、D、G)の場合一番テンションが高いのはGですけど、ジャズっぽいブラスのアンサンブルなんかでは、Gを強調しますよね。

・ハモリの問題
まず、大切なことはトーナリティ(調性)の問題です。
基本的にはその調で機↓検↓垢覆匹亡泙泙譴討い覯擦覆藺臂翩廚箸いΔ安心度が高いです。

調性がCの時にC#とかはキケン度大ということですね。

ただ、その時に使われている和音が基本和音じゃない場合、例えばブルースっぽい進行で-7-7-Dim(Orm7)なんかの場合。

調性がCでも7の時はG#もアリでしょうし、7の時はE♭もアリでしょう。

歌のハモりの場合、こういう「機能的な面」+「歌いやすさ」を考慮してパートを作ります。

機能だけで作ると、歌おうとしてもカラダがイヤイヤをすることが多い(あうっ!)


結局・・・どちらの問題も最後は自分の耳で聴いて判断して下さいな・・・となってしまいます。

聴く事、判断する事、それを繰り返して自分が良いと思えば、それが正解です。

その繰り返しが邪魔臭いなら、楽典に従うべきでしょうが、それでは今の音楽についていけないのが現状だと思います。

特にロックやソウルや一部のフォークソング・・・まぁポピュラーソングと言われるもの全般ですね、に黒人音楽の影響が多少なりとも入っているはずですから、そういう音楽をするなら、聴く事、判断する事の繰り返しは必要不可欠でしょう。

ワタシが初めて買った楽典には最後に付属で「ポピュラー楽典」というのが付いていて、「楽典の方ではこう書いたが、例外があって」みたいな説明がされてました。


こう書くと、えらい長い道やなぁ・・・とほほほほ、と思われるかもしれませんが。

大抵、何曲か苦しむうちに判断が早くなってくるものです。

いわゆる「慣れ」ですね・・・マンネリとは言わないよーに(激爆)

比較的小さな音で(大きいと耳がゴマかされるのです)、客観的に何度も聴いてみましょう、そこから道は始まると思うのです。


最後にひとつだけ。

自分がどんな音楽をやりたいのかは常に意識しましょう。

ハードなのか、癒し系なのか、シンフォニックなのか、バンドっぽいのか・・・。

それが判断のモノサシにもなるし、あなたの個性を形作っていくと思うのです。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

ありがとうございますッ
投稿者:アッサム さん  ( uid 28057, posts:2, since 2002/08/25 )
投稿日: 2002/08/27 (火) 21:51 No.280 | 編集 | 削除

記事No.279 へのコメントです。

 こんなにも丁寧に答えて頂いて本当にありがとうございます。感謝感激です。
大変参考になりました。また自分自身で手に負えなくなったとき、迷惑だとは思いますが宜しくお願い致します。しかし、音楽とは自由なものなんだろうなぁと始めたわけですが、意外と形式的ルールが多くコリャたまらん!という感じです。でも、少しでも「自由を得るんだ」という制作者の意気込みが、世に出ている音楽には入っているわけですね…。おっと一人で訳分からん事書いてしまいました。すんません(ペコリ)。
では失礼します。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

いえいえ、大した事もできませんで・・・。
投稿者:Saga@鈴音 さん  ( uid 26945, posts:260, since 2002/07/06 )
投稿日: 2002/08/27 (火) 22:56 No.281 | 編集 | 削除

記事No.280 へのコメントです。

ホントに個人的な事ばっかり書いてしまいました。

こんなのウソだぁぁと言う同業者もいれば、はぁはぁと言う同業者もいるでしょう。

ただ、最終的に音楽は耳によって聞かれるものという事だけは事実です。

そして、その評価が「好き・嫌い」だけなのも。

それだけ覚えておいて、困った時には思い出せば、どうすべきかを指し示してくれるでしょう。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

←次の話題 前の話題→

- TOP -

管理者:sword
NICOLE's - WWWForum 3.7c