大山御嶽山道標

おおやま みたけさん どうひょう

安政七[1860]年建立の道標で、
「大山 御嶽山 よの 引又 かわ越道」
と彫られている。

大山は神奈川県伊勢原市の阿夫利神社、御嶽山は東京都青梅市の御嶽山で信仰の道を示しており、 大山参りは男子が15〜20歳になると一人前と見なされ村の大人と共に参拝した。
与野、引又[ひきまた](志木市)、川越は産業や交易の中心地として栄えていた。

参考:大宮市教育委員会文化財課案内板

(1999.8.19)


バーチャル中山道に戻る