第二十七回文学フリマ東京

10日後に迫ってまいりました。

「第二十七回文学フリマ東京」に、稀人舎として出店します。
11月25日(日)東京流通センター 第二展示場
一般入場は、11時からです。入場は無料です。

 

稀人舎ブースでは、今回4冊の新刊個人誌を販売いたします。

そらしといろ BL詩歌集「兄の器」500円

関和明「遺された光  Vladivostok 2013-2018」500円

山口けい「隣の意地悪さん」500円

サトミセキ「ベルリン、記憶の卵たち(4)HERBST」500円

 

そらしといろさんのBL詩歌集は、かわいいイラスト入り。革紐綴じの製本にしてみました。微妙に色の違う4種類の革紐があります。文フリ会場でお手にとって好きな色のものを選んでください。
詳しくは文フリのWebカタログ参照。

「兄の器」表紙
「兄の器」4種類の革紐
「兄の器」P4-5

 

関和明さんの「遺された光」はウラジオストクの写真集です。ところどころに添えられた文章がクールで素敵です。文フリWebカタログは準備中です。

「遺された光」表紙
「遺された光」P10-11
「遺された光」P22-23

 

山口けいさんの「隣の意地悪さん」は、エッセイ集。現在文字校正中です。
サトミセキさんの「ベルリン、記憶の卵たち(4)HERBST」は、「ベルリン」エッセイシリーズの第4段。いよいよ最後の「秋」篇です。こちらも鋭意制作中。
「隣の意地悪さん」と「ベルリン、記憶の卵たち(4)」は、完成しましたらまた告知します。

そして、上記の新刊本の他にも既刊本も。

そらしといろ
サイコロ詩集「万年詩」700円
詩集「暁を踏み割ってゆく」2,000円
詩集「フラット」1,500円

川口晴美
詩集「ビタースイートホーム」2,000円
川口晴美さん監修の対訳オーストラリア現代詩アンソロジー「喜ビ苦シミ翻ル詩」(共訳)1,000円

サトミセキさんの「ベルリン」シリーズの既刊本、各500円

あとは、「稀人舎通信改2号」「3号」各700円

 

……てところでしょうか。他にも無料配布の詩誌などもあります。
あいかわらずアイテム多すぎなので、ブースはふたつお借りしております。

キ-03〜04

2階の入り口のすぐ近くです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

STORES.jpで販売中の本

昨日は、Amazonで販売中の稀人舎の本のことをあれこれやったので、今日はSTORES.jpで販売中の本の宣伝を。

Solid Situation Poems」と「稀人舎通信改 3号」のリンクを右側のサイドバーに追加しました。
こちらはAmazonとは違って、送料がかかってしまいますが、まとめてご注文いただければ2冊でも1冊分の送料と同じです。追加の送料はかかりません。また、お支払い方法が、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振り込みなどから選べます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Amazon販売復活

さきほどの記事で、Amazonで「在庫なし」となっていてご注文ができない状態になっていると書いた「稀人舎通信改1号」「稀人舎通信10号」「稀人舎通信6号」の販売が再開されました。

  

システムの不具合で、一時的に表示がおかしなことになっていたようです。
今は「一時的に在庫切れ」となっていますが、「カートに入れる」ボタンが表示されておりますので、ここからご注文を確定していただければ、少しお時間がかかりますがお届けできます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

〈8月31日追記〉

今朝確認したら、今度は「稀人舎通信8号」が「在庫なし」に! 問い合わせたらすぐに販売復活してくれたけど、これは、頻繁にチェックしないとだめだなあ。
最近はAmazonのほうは放置ぎみだったので、反省してちゃんとチェックするようにします。
もし、このところご注文しようとしてできなかった方がいらっしゃったら、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。