■HPS雑談掲示板■
HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ


69480

[全スレッド92件(1-5 表示)] 全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
親記事の順番 [レス最新順/投稿順/記事数順]

記事リスト ( )内の数字はレス数
旅に出ます・・・(18) | オトナになりたいアナタのために。(13) | 先日。(13) | 嬉し忙し今日この頃。(11) | インフレのなみがここまでぇ。(10) | 残暑お見舞い(10) | コンビにいいってエね。(9) | ご報告ぅ(8) | お久しぶりです。(8) | 家の電話線のパソコンが・・・(8) | 一日あたりの食費(7) | 資格は(7) | 世の中にここまでの人って・・・。(7) | この話題.(7) | さて(6) | はじめまして(6) | 今更ながら。(6) | ひとりごと・・・(6) | 優しさは(6) | はっぴば〜すで〜(^^/(6) | まだやるのか(笑)「ねむれぬよるのために」速報!(5) | セッション(5) | 初めまして(ここでは)(4) | 好きなのに・・(4) | 最新オーディオ?(4) | 一つの歴史が・・・(4) | 腹痛?(4) | 日常は漫才の如く・・・(4) | ロボットも走る師走(?)(4) | 東京新タワー(4) | たまには・・・(?)(4) | 今月の渋み。おでんと猫の鼻(餅)。(4) | 用事(4) | いつもながら、お久しぶりです。(4) | 無題(3) | NO TITLE(3) | 機械の寿命(3) | 4/1だけど内容はマジメな業務報告(3) | 続きはwebで。(3) | 久しぶりに・・・(3) | イーヤーーー。(3) | Diaryを読んで。(3) | 外は雨(3) | 足が棒(3) | 残暑お見舞い申し上げます。(3) | 写真のモデルは・・・。(3) | 忙しいのは。(3) | 管理人さん向き?(??)(3) | ノロウイルス。(2) | いよいよです(2) | 北海道へ!(2) | 神戸の日記拝見しましたわん(2) | 優しいって何かなー。(2) | 日記に関連して。嵐の前の…。(2) | 管理人様誕生日おめでとうございます(2) | 久々に「久遠」をやっちゃいました。(2) | お久しぶりです(2) | ホント(1) | はじめまして(1) | 人食い菌(1) | NO TITLE(1) | いよいよ(1) | くそう・・・(1) | 少不看水滸 老不看三国(1) | 偶然にも(1) | 今年もそろそろ紙二枚(1) | そういえば、確かに増えました(1) | 初夏から、秋口まで...(1) | 明けましておめでとうございます。(1) | たまにはまじめに(?)(1) | 3年ぶり!(1) | XPマシンで最初にやることは(1) | 愛でるスピーカ(1) | この路は〜♪(1) | ncr(1) | ご無沙汰です(1) | 明けましておめでとうございます。(1) | 私の地元は。(1) | デュアン・オールマン(1) | 「磁気嵐」地球を席巻(1) | 決定的な問題(?)(1) | はじめまして(1) | 物凄くお久し振りで(1) | はじめまして(ちょっと遅いかな?)(1) | 祈り(0) | どちらかというとこっち向き?(0) | Mac mini(0) | 地獄の沙汰も・・・(0) | 小さなツヅラ(0) | 新プロジェクト 着メロ化計画(0) | こっそりと(0) | 寒くなるとこの話題(0) |


■147 / 親記事)  旅に出ます・・・
□投稿者/ TOTORO 13回-(2003/07/20(Sun) 08:39:27)

     ・・・・・・・・・・・

     というわけ(?)で、本日からまた上海など(?)に行って来ます。

     今回は2週間と長いし、夏だし、イロイロ心配・・・・・・

     向こうからも適当に覗きますんで。(??)

→ 親記事 / 引用返信
▽[全レス18件(ResNo.14-18 表示)]
■168 / ResNo.14)  Re[4]: 帰ってますが・・・
□投稿者/ TOTORO 20回-(2003/08/05(Tue) 08:39:38)

     いちおう、レス

    > お盆と年末は聖地に巡業するものでは無いのですか?(爆)

     これまでは、参加した夜に大垣行き。
     1日早く帰ってきて参加。

     のどちらかでした。
     冬の場合は、もちろん参加してから新幹線。(そこから大垣行きでは、さすがに・・・)

    > もう何ピー年墓参りしてないだろ・・・(汗)

     ヒトとして・・・・・・

    > だめだ、俺、腐ってるよ・・・とほ〜。

     あら、自覚はある。( ●〜* )

引用返信

■173 / ResNo.15)  Re[5]: 帰ってますが・・・
□投稿者/ Saga@玲音 14回-(2003/08/11(Mon) 21:07:01)

    >  ヒトとして・・・・・・
    >
    >>だめだ、俺、腐ってるよ・・・とほ〜。
    >
    >  あら、自覚はある。( ●〜* )

    自覚が無かったら無敵だよね。

    みんなそのハザマでゴロゴロするのです。

引用返信

■174 / ResNo.16)  ・・・・で
□投稿者/ Saga@玲音 15回-(2003/08/11(Mon) 21:08:58)

    > いや、やっぱり可愛かったかとか、TOTOROさんが望むように育ってるかとか、萌えそうかとか色々質問はあるんですが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
    >
    > ともかく良かった(笑)

    で、より可愛くなったとか、よりほわほわになったとか、萌え度が上がったとかの情報は?????????

引用返信

■177 / ResNo.17)  それが・・・・・
□投稿者/ TOTORO 21回-(2003/08/12(Tue) 12:24:59)

    >>いや、やっぱり可愛かったかとか、TOTOROさんが望むように育ってるかとか、萌えそうかとか色々質問はあるんですが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
    >>ともかく良かった(笑)
    > で、より可愛くなったとか、よりほわほわになったとか、萌え度が上がったとかの情報は?????????

     一瞬しか見てないので、よくワカランのです・・・・・

     やっぱ、カイシャのヒトと一緒だと、行動にも制限が。(?)

     まあ、「(闇)たばこ売りの娘」なので、タバコを買えばもっと観察(?)もできるんですが・・・・・・・・


引用返信

■178 / ResNo.18)  続きを
□投稿者/ TOTORO 22回-(2003/08/12(Tue) 12:39:31)

    > ・鉄道に乗る

     出張の後半、上海から南京まで列車に乗りました。
     上海市内は、市街鉄道として高架系が1系統と、地下鉄が2系統ありますが、これとは全く別に長距離の鉄道駅があります。
     駅の名前はもちろん「上海駅(駅の漢字は中国フォント)」
     確か中国の鉄道は主要部分が電化されているはずなのですが、上海の近辺はまだ非電化で、ディーゼル機関車が牽引しています。
    (日本とは違い、全ての列車が機関車牽引)

     その2日前の日に、高架鉄道で上海市内を移動したとき、上海駅隣の車両基地も高架から見ました。(高架鉄道が上海駅にも停まる)

     上海駅そのものは、建物も近代的でとても大きいです。
     切符を買う窓口は、前回のバスと比べれば雲泥の差です。
     ただ、事情を知らない外国人がうまく買えるかどうかは不明。
     今回も、同行する中国の人にすべてお任せです。

     
     続く・・・

引用返信


レス記事表示 → [親記事-9] [10-19]


■124 / 親記事)  オトナになりたいアナタのために。
□投稿者/ TOTORO 7回-(2003/06/13(Fri) 18:49:11)

    http://www.1101.com/otona/index.html

     学校では教えてくれない日本語。(?)


     カイシャ勤めのワタシは・・・・・・8割方使ってる!!


→ 親記事 / 引用返信
▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■135 / ResNo.9)  Re[2]: その後の「でもでも」
□投稿者/ Saga@玲音 5回-(2003/06/19(Thu) 14:28:39)

    > 「悪くないね」  →かなりな誉め言葉
    > 「悪くはないね」 →基本的にダメ
    >
    >  そうそう、そうなんですよ!!(??)

    ただ、こういう言い方をする人は、実はどこがダメなのか判定する能力に欠けていて、その場の気分で言っていることが多い。

    言う通りにすると、破綻することが多い。

引用返信

■136 / ResNo.10)  Re[3]: その後の「でもでも」
□投稿者/ TOTORO 11回-(2003/06/19(Thu) 17:01:46)


    >>「悪くないね」  →かなりな誉め言葉
    >>「悪くはないね」 →基本的にダメ
    >> そうそう、そうなんですよ!!(??)

    > ただ、こういう言い方をする人は、実はどこがダメなのか判定する能力に欠けていて、その場の気分で言っていることが多い。
    > 言う通りにすると、破綻することが多い。

     ダイジョウブです。
     多くの場合「あの人の言うことはあてにならない」ことがすでに判明しています。(?)

     「信用できる人」に言ってもらえることが重要なのです。

引用返信

■137 / ResNo.11)  ダウトォ!
□投稿者/ Saga@玲音 6回-(2003/06/19(Thu) 18:25:43)

    >  ダイジョウブです。
    >  多くの場合「あの人の言うことはあてにならない」ことがすでに判明しています。(?)
    >
    >  「信用できる人」に言ってもらえることが重要なのです。

    ダウト。

    「信用できる人」は「どこが」良いか悪いか的確に突いてくるの。

    そうでなくて信用できる人は、天才か雲の上の人なの。

引用返信

■138 / ResNo.12)  ……うちは方言多いのかなぁ?
□投稿者/ るふぃる。 1回-(2003/07/02(Wed) 06:23:29)

    みてみましたです<オトナ〜。

    中には「あれ?」と思う解説あったりしたのですが……
    「ぽんち絵」って、オトナ言葉ってよりは、良く(本当の意味での)美術関係の方とかが、漫画絵とかアニメ絵とかを指して、言うのは(良く)聞いたことありますのです(笑)。
    #「お前が笑ってる場合・立場か?」っていうのには、複雑な微笑で返しておきます(汗笑)


    「たられば」うちの周囲だと、多分私の影響なのだと思うのだけど……
    「食べ物の話」っていうこと多いです。@「タラ」と「レバー」なので。

    「切った張った」は良く使うけど、私の周囲だと、やっぱり
    「トーン貼り」とか「コラージュ」のことを、そういいますのです(爆笑)。

    「ガラガラポン」の前者の場合、「ちゃぶ台」とか「一徹」っていいますの(倒)。

    あとは、時々「シャンシャン」を「どっとはらい」って言うことも多いですねぇ……@私の周囲だと。

    「おんぶにだっこに肩車」は「飛んでも3分、歩いて10分」とか。
    #これは有名なんではないかと思う語句ですが(^^


    というわけで、さっさと寝ます(汗笑)
    #投稿時間参照


    ではでは (^ ^)/~)

引用返信

■139 / ResNo.13)  Re[2]: ……うちは方言多いのかなぁ?
□投稿者/ Saga@玲音 7回-(2003/07/08(Tue) 20:26:07)

    > 「ぽんち絵」って、オトナ言葉ってよりは、良く(本当の意味での)美術関係の方とかが、漫画絵とかアニメ絵とかを指して、言うのは(良く)聞いたことありますのです(笑)。
    > #「お前が笑ってる場合・立場か?」っていうのには、複雑な微笑で返しておきます(汗笑)

    確かにいちゅちぇさんの場合、別の意味を(以下略)

    > 「たられば」うちの周囲だと、多分私の影響なのだと思うのだけど……
    > 「食べ物の話」っていうこと多いです。@「タラ」と「レバー」なので。

    ちなみにワタシはレバーは大好物だけど、管理人さんがダメなのです。

    「・・・・・・!!」

    え?バラしちゃダメ?

    こくこく。

    良いでしょ。どーせ、アタシの苦手なのを管理人さんが食べて、アタシはレバー一直線だしぃ。

    ・・・・・・・こくこく。


    > 「切った張った」は良く使うけど、私の周囲だと、やっぱり
    > 「トーン貼り」とか「コラージュ」のことを、そういいますのです(爆笑)。

    ホワイト修正とかホワイト修正とかホワイト修正のことですかぁ?

引用返信


レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]


■104 / 親記事)  先日。
□投稿者/ 神無月 竜 1回-(2003/05/08(Thu) 21:51:04)

    通学途中の駅を徘徊していたところ・・・
    中古(ヴィンテージ?)専門の楽器店を発見しました。

    もう・・・MXRの筆記体ロゴやらVOXのワウやら、、、
    買える値段ではありませんでしたが(爆)。

    とりあえず30分程凝視(爆)して退散しましたけど。
    やっぱりプロの方とかが買うんでしょうか?ああいうのって。


    あ、で本題だ。

    アンプシミュレーターを購入しようと思っているのですが(っていうか無いと録音不可なので(^^;))

    何かお勧めがあったら教えてください。

    PODとか、評判の奴は試奏してみたんですけど。。予算で、、足が出るんですよね(^^;)
    まぁ、他に買うものも無いので「それくらい良いものを買ってもいいか」とも思うのですが。


    それでは〜・・・。

→ 親記事 / 引用返信
▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■118 / ResNo.9)  Re[4]: お返事、遅くなりました。
□投稿者/ 神無月 竜 5回-(2003/05/24(Sat) 22:07:10)

    すみません〜。負けず劣らずお返事遅れました(^^;)

    >  良いモノ使ってるじゃないですかぁ(笑)うらやましい・・・。

    あははーっ♪ 過去形ですけどね。
    お古でしたけど、かなりのお気に入りでした。

    >  それが醍醐味ですよ、きっと。
    >  チョットずつ違うでしょ(笑)煮物で言うと、お酒や醤油の按配と火加減がホンの少し変わったくらいで素材に関わらず別物になるって言うアレですよ。
    >  それをコントロールできるようになると、あの「絆」のサビのストリングスみたいになると思うのです。

    そうですねぇ、、本音を書くと、「かなり適当」だったんですけどね(爆)
    音聞きながら適当にいじくって、「こんなんでいいかな?」ってなノリで(汗)

    ・・・って今もそうか(核爆)

    とてもじゃないけどコントロールするようなレベルじゃないですね。。
    でも、まぁ良いかな。いじってるだけでも結構楽しいし(ぉ

    >  するな!するなぁぁぁ!!
    >  後先考えずに信じる道を進むんだぁぁぁ!!
    >  (もし何年か後に苦情があったら、その際は月に向かって吼えてね・・・)

    ん〜、なんだかんだ言って何年か後に後悔する値段のモノで欲しいモノっていうと・・・(う〜ん)

    最近は割かし安いモノが多いですしね。。。

    オベーションの12弦くらいですかね(爆) ってか夢ですけど。
    何気に中学の頃からの夢なので、結構長いかも(笑)

    >  ホントに『音』が消えないの・・・頭の奥から・・・何十年も前の『音』が・・・モノが無くなっても何時でも瞬時に思い出せるの・・・あの『音』が・・・
    >
    >  それだけで、僕は幸せっス。

    やっぱり思い入れはお金じゃ計れない(?) 、、、のでせうか(謎)?

引用返信

■119 / ResNo.10)  師匠に相談してみました。
□投稿者/ Saga@玲音 22回-(2003/05/25(Sun) 21:35:51)

    > なんだかんだでPODに落ち着きそうな予感がします。

    PODは沢山のアンプのモデリングがされていますが・・・。

    「元のアンプの音を知らないなら無意味」とのご意見を。

    というのは、例えばVOXのアンプなら、ピッキングの位置、角度、強さによって音が変るんですね。

    モデリングというのは、そういう変化をシミュレートしてるので、逆に言えばそういう変化をシミュレートしていないなら、それはエフェクターであって、モデリングじゃ無い。

    そのあたり各々のアンプについて説明すると、一冊の本になりそう(というかなってます)。

    でも本をいくら読んでも、耳で覚えないとダメなのね。

    ワタシはDG−STOMPをオススメします。

    デジタルアウトがついてるのが、DTMなら有りがたいと思います。

引用返信

■120 / ResNo.11)  ありがとうございます。
□投稿者/ 神無月 竜 6回-(2003/05/26(Mon) 22:44:39)

    2003/05/26(Mon) 22:46:49 編集

    2003/05/26(Mon) 22:46:35 編集

    > 「元のアンプの音を知らないなら無意味」とのご意見を。

    ふみゅ。

    確かに、、「パパっと」音作りができるのって”マーシャル”と”ジャズコ”ぐらいだしなぁ。

    > でも本をいくら読んでも、耳で覚えないとダメなのね。
    >
    > ワタシはDG−STOMPをオススメします。

    実は、ヤマハのだけ未だに試奏できてません(爆)
    だって置いてないんだもん(泣)

    ・・・元スレたててから かなり時間たってますけど、、先週は風邪でずっとぶっ倒れてたので楽器屋巡りも止まっておりますし。

    スケジュールの都合上、なんとか今週中位には買っておいた方が良いんですけどね。


    オススメ、参考にしますね♪
    決着がついたら報告致します〜。

    それでは。

引用返信

■121 / ResNo.12)  ん、、。。。
□投稿者/ 神無月 竜 7回-(2003/05/27(Tue) 19:58:53)

    >>ワタシはDG−STOMPをオススメします。
    > オススメ、参考にしますね♪

    「参考にしますね♪」というか……。

    本日、立ち寄った楽器店に置いてあったので試奏後一発購入してしまいました…。
    ………「値段」と「ラスト1個」に負けたのは内緒(爆)。

    (衝動買いの部類に入る、、のかどうかは謎(^^;))

    今、久々にギター弾き倒して遊んでます♪

    ♪♪♪〜〜〜

引用返信

■122 / ResNo.13)  あははは♪
□投稿者/ Saga@玲音 23回-(2003/05/27(Tue) 20:51:46)

    > 本日、立ち寄った楽器店に置いてあったので試奏後一発購入してしまいました…。
    > ………「値段」と「ラスト1個」に負けたのは内緒(爆)。

    エフェクトも入っていて、足でプログラムが変更できるのでライブでも使えるし・・・

    後ろにデジタル出力付いてるし・・・

    妥当な選択だと思いますよ。

    > 今、久々にギター弾き倒して遊んでます♪
    > ♪♪♪〜〜〜

    えぇ、弾き倒して下さい。

    くれぐれも鏡を見ないように。

    そこにはヘッドホンをして「うっふ〜ん」と陶酔してる兄ちゃんが(爆)

引用返信


レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]


■322 / 親記事)  嬉し忙し今日この頃。
□投稿者/ westgenius 55回-(2004/01/22(Thu) 21:44:57)

    最近忙しくって明日とまた先の日曜日にも予定入っていて瀕死です。
    瀕死と言ってもすべてピアノのほうなので徹夜で肉体精神共にボロボロなのとは違い精神的なものが先にきましたけどね。

    やっぱりたまにはこういう所で息抜きも必要かなって思いましてね。

    私はピアノを弾いて居て自分のなっとくの行く表現ができないと叫びだす癖がありますので最近は黄色い救急車がいつ来てもおかしくない(以下自粛)

    ワタシは全体的にドイツ物が好きなのですが今度弾くのはラフマニノフ。
    まあわかり易くいうと20世紀ロシアの作曲家でショパン路線を映画音楽まで突き進めたむせ返るような超ロマンチシズムです。

    ワタシは自分のことを救い様の無いロマンチストだと思っているのですが友人は誰もそれを認めてくれませんので今回はイヤになるくらいロマンチックに行きます。

    当初は会場に来た女の子達をちびらせて次からは代えのパンツを持ってくるようにしようと言わせる作戦を立ててたのですが
    (まっ、お下品。)

    ・・・・・・。
    ・・・・・・。

    自信無いなぁ。
    最近の所で一番目標達成が難しそうですね。

    まあここまで映画音楽ちっくなんだからなんかイメージを持つことを今回はは重視したほうが良いのかもしれませんね。

    と言うわけでロマンチックなイメージ募集中ってのはダメかなあ・・・ダメですよね。

→ 親記事 / 引用返信
▽[全レス11件(ResNo.7-11 表示)]
■332 / ResNo.7)  Re[6]:そうですか(・_・χ)
□投稿者/ Saga@玲音 69回-(2004/02/09(Mon) 09:54:54)

    > 平常心でできましたが・・・その前に水を飲みすぎてずっとトイレを我慢することになって冷や汗たらたらでした。

    ああっ・・・曲が長いクラシックの人にとってはあややな状況なのれす。


    > むしろクラシックの巨匠と呼ばれる演奏家の人は姿勢を正して不機嫌そうな顔をして表情豊かな演奏をします。
    > (グールドは例外ですが)

    そのあたり、ジャズの中では最高のピアノ弾きのキースジャレットのライブの映像を見ることをオススメするのれす。

    「キースジャレット・トリオ/スタンダーズ・ライブ’85」と「キースジャレット・トリオ/スタンダーズ・ライブU」はオススメなのれす。

    特に前者の「ステラ・バイ・スターライト」はレコードで聴いてノックアウトされたのれすが、映像を見たときには倍の衝撃が(笑)

    まさかあんな弾き方をしているとは(唖然)

    あれで、美しい音は美しい姿勢からという基本がワタシの中で破壊されたのれす。

    > 自分一人で気持ちよがっていてはいけません。聴く人を気持ちよくさせねばならないのです。

    それは「音楽にとって気持ち良さとは何か」という永遠の命題なのれす。

    > 私はピアノを弾いているときは割と悶えて弾きます。ダメダメです
    > 私は実はかなり理論重視な解釈をしている筈なのですが弾き出すとついつい発情〜♪となります。

    キースジャレットを見て吹っ切って下さいなのれす。

    というかアレを見て「コレはダメ」という人に、「じゃアレ以上の音を出してくださいしかも即興で」・・・というと黙り込む事が多いのれす。

    > こう言う曲の難しいところは、遅く弾きすぎるとフレーズの間が持たなくなって音楽が止まってしまう事です。
    > 音楽が時間芸術であるという性質上音楽が止まる=死に繋がります。

    その点については別の見方もあるのれす。
    音楽が時間を切断したモノの連続であるという立場(普通の楽器の奏者は大抵それです)の人にとってはそうなのれすが、音楽が時間の脈動という立場をとる人たち(民族楽器系のパーカッシャニストに時々います)にとっては脈動である以上伸縮の境目で一瞬停止するという解釈が成り立ちます。

    ちょうど、ボールを投げ上げた時に上空で一瞬静止する瞬間があるのと同じです。
    その一瞬の静止する瞬間を捉えてその直後に最大の加速度を与えようとする試みなのれす。

    ワタシはリズムについてはそういう見方を叩き込まれた「少数派」に属します。

    > あくまで人前で弾くときにはコレをセーブしないといけません。
    > さもないとお客さんは間が持たなくて不快になるか寝ます。寝むります。寝ちゃいます。

    前回のセッションであったのれすが、ワタシにピアノソロが回ってきた時、止めました。
    その瞬間「観客は固まりました」・・・が、無音状態の中でもリズムの脈動は「緊張」故に一層緊迫したものになって、緊張の糸が切れるその瞬間にインテンポでフレーズを入れてまた静止、そしてまたギリギリのところでフレーズを入れ、最後の停止の後にバンド全てで最高の加速度になった時は「演奏者も観客もアドレナリンの滝」状態だったのれす。

    これは、インプロビゼーション基本の音楽でのピアノの特権かもしれません。

    > でも自分で弾くときには早さ(つまり感情)を押さえないでどこまでも音符を嘗め尽くしたくなるときがあります。
    > その何処までも沈んでいく音の退廃の中にある何かを感じようと。

    試してみれば面白いかもしれないのれす。

    それを「受け入れられる聴き手」が必要ですが。

    > まあこの話はクラシック限定かもしれませんけどね。
    > 違うジャンルの音楽は同じ物差しで計ることはできませんもんね。

    ジョン・ケージの「作品という立場」以外にも「演奏という立場でも弾かないという選択がある」という解釈は面白いかもしれないのれす。

    少なくとも「実験」するだけの価値はあると思うのれす。

    >>そのうち、指にかすかに伝わるピアノの振動だけで、自分の今弾いている音が耳に聞こえる他の楽器の音とハズれていないか判るようになるのれす。
    >
    > むむっ それは凄いぃ。
    > 明鏡止水ってやつですな。(←って違うか。)

    もっと簡単なことなのれす。

    ピアノで低音部の鍵盤を半音でぶつけると、ヤな振動が感じられますよね。

    それを感じるのと同じ理屈、感覚なのれす。

    他の楽器によってピアノが無理矢理共振させられてしまうジャンルならではのモノかもしれません。

    > ので、次ぎ書くときは風水様の、すうぱぁびきにに対抗して私なりのパンツ考察みたいな柔らかいことを書こうと思います。

    あはははは♪

    期待しているのれす。

    > 案外真実はそんな所にあるのかもしれません。
    > いつもながらオベンキョになりました。

    というか「いつもの演奏が最高」でないなら家で弾くのは何か?という意外に深い問題を内包しているかもしれないのれす。


引用返信

■333 / ResNo.8)  お金があれば・・・。
□投稿者/ westgenius 60回-(2004/02/11(Wed) 23:15:47)

    No332に返信(Saga@玲音さんの記事)
    >>むしろクラシックの巨匠と呼ばれる演奏家の人は姿勢を正して不機嫌そうな顔をして表情豊かな演奏をします。
    >>(グールドは例外ですが)
    >
    > そのあたり、ジャズの中では最高のピアノ弾きのキースジャレットのライブの映像を見ることをオススメするのれす。
    >
    > 「キースジャレット・トリオ/スタンダーズ・ライブ’85」と「キースジャレット・トリオ/スタンダーズ・ライブU」はオススメなのれす。
    >
    > 特に前者の「ステラ・バイ・スターライト」はレコードで聴いてノックアウトされたのれすが、映像を見たときには倍の衝撃が(笑)

    欲しい・・・のですが・・・今金欠で・・・。
    その映像(DVD?)は、「買う予定リスト」に入れておきます。

    で、話は変わるんですけどお金がないので百円ショップを見ていたらビックリ。
    クラシックの巨匠といわれる人のCDが売っていたのは前から知っていたんですが(気になるものは購入済)クラシック以外のジャンルのものまで出ていました。
    とりあえずチックコリアはCDでは聴いたことがなかったので買いましたけど・・・100円ってねぇ・・・。
    良いのかなぁ。


    > まさかあんな弾き方をしているとは(唖然)
    >
    > あれで、美しい音は美しい姿勢からという基本がワタシの中で破壊されたのれす。

    うふ、それならグールドも「姿勢の悪さに関しては」負けないと思うのです。
    ピアノ教師から見ると、「あんな姿勢でピアノを弾いているのがおかしい」とのこと。
    んなこといってもねえ・・・巧いもん。
    今生きているクラシックの有名な音楽家でよきにつけ悪きにつけグールドに影響を受けなっかた人は皆無とも言えますからね。

    というわけで各ジャンルのトップずつ「ピアノ異種格闘技戦・姿勢悪い部門」ができる予感。(わけない。)

    ちなみにグールドの映像を見るのなら「グレングールド 27歳の記憶」がベストなのです。
    グレングールドコレクション1というのも出ていますがレーザーディスクという媒体と40000円という価格と完全限定版という条件を考えると少し難しいかも。
    それ以外はあまりよくないものが多いのです。
    27歳の記憶に比べればですが・・・。


    >
    > 前回のセッションであったのれすが、ワタシにピアノソロが回ってきた時、止めました。
    > その瞬間「観客は固まりました」・・・が、無音状態の中でもリズムの脈動は「緊張」故に一層緊迫したものになって、緊張の糸が切れるその瞬間にインテンポでフレーズを入れてまた静止、そしてまたギリギリのところでフレーズを入れ、最後の停止の後にバンド全てで最高の加速度になった時は「演奏者も観客もアドレナリンの滝」状態だったのれす。

    そういうのをクラシックでもやる人も稀にいます。
    例えばブルーノ・ワルターという指揮者は曲によっては楽譜にない間を一瞬作ります。
    緊張が最高に盛り上がる瞬間にオーケストラ全員を一瞬止めます。
    まあ正式にはGP(グランドピアノではありません。ゲネラル・パウゼと読みます。)といいます。

    コレは巧くいけば確かに「エクスタシー」物ですな。


    >>でも自分で・・・・
    ・・・(中略)・・・・
    > 試してみれば面白いかもしれないのれす。
    >
    > それを「受け入れられる聴き手」が必要ですが。

    聴き手を意識した時点でそう言う演奏はできなくなるかもなのです。
    まあかなりの博打であることは確かだと思います。

    まあただ音楽が「アドレナリンの瞬間的な分泌ではなく、静かななんとかかんとかムニャムニャ・・」
    とか言った人が居たような気がしますが思い出せません。すみません。

    > ジョン・ケージの「作品という立場」以外にも「演奏という立場でも弾かないという選択がある」という解釈は面白いかもしれないのれす。
    >
    > 少なくとも「実験」するだけの価値はあると思うのれす。

    そこまで行くと、演奏するということとは?とか次々と難しいことを考えてピアノを弾くのが怖くなりそうなのであまり考えたくないんですが・・・。
    実験する価値は・・・あるかもしれませんね。


    >>ので、次ぎ書くときは風水様の、すうぱぁびきにに対抗して私なりのパンツ考察みたいな柔らかいことを書こうと思います。
    >
    > あはははは♪
    >
    > 期待しているのれす。

    といいつつ難しいことを書いてしまいましたがついでなのでさわりだけ書いておきます。
    私は主にトランクスですがボクサーパンツだった時もあります。
    ただ締め付けられる感覚はあまり好きではないので・・・さすがにスーパービキニは・・・。
    私、別に太ってはいないんですが普段の移動手段が自転車という都合で下半身だけが競輪選手みたいになってしまいまして・・・あうううう。
    スリムなズボンが・・・その・・・。
    お腹周りが入ってもふくらはぎが(筋肉で)きつくて太ももが(筋肉で)入らない有様。
    上半身は普通の人なのにぃ。
    ってアレ?また脱線してまいました。パンツ談義は次に持ち越します。

    > というか「いつもの演奏が最高」でないなら家で弾くのは何か?という意外に深い問題を内包しているかもしれないのれす。

    むむむむ・・・。考え中・・・・。

引用返信

■342 / ResNo.9)  Re[8]:先立つものがぁあーうー
□投稿者/ Saga@玲音 71回-(2004/02/21(Sat) 22:06:01)

    > とりあえずチックコリアはCDでは聴いたことがなかったので買いましたけど・・・100円ってねぇ・・・。
    > 良いのかなぁ。

    うーん・・・・・・。

    これで印税が出るとは思えないような。
    CDは「各国の所得に合わせて調整した値段」で売ってるので可能かもしれないけど。

    JASRACが新譜CDの「逆輸入」を5年間だか禁止したのと同じ問題なのれす。

    > うふ、それならグールドも「姿勢の悪さに関しては」負けないと思うのです。
    > ピアノ教師から見ると、「あんな姿勢でピアノを弾いているのがおかしい」とのこと。
    > んなこといってもねえ・・・巧いもん。

    逆に言えば「あんな姿勢でピアノを弾いていて何故巧いのか」判らないピアノ教師が。まだ甘いのかもしれないのれす。
    「巧い」という結果が出てますから。

    さすがにクールドでも弾きながら「歩いたり」しなかったと思うのれす。
    キース・ジャレットの場合、「姿勢が悪い」というより「素行が悪い」なのれす。

    > グレングールドコレクション1というのも出ていますがレーザーディスクという媒体と40000円という価格と完全限定版という条件を考えると少し難しいかも。

    その値段はちょっと・・・。

    あまりにキビしすぎるのれす。

    > まあ正式にはGP(グランドピアノではありません。ゲネラル・パウゼと読みます。)といいます。
    >
    > コレは巧くいけば確かに「エクスタシー」物ですな。

    そういう名前が付いているのれすか、うふっ♪偉くなった気分なのれす。
    ただし・・・上手く出来ないと大恥・・・と。

    > 聴き手を意識した時点でそう言う演奏はできなくなるかもなのです。
    > まあかなりの博打であることは確かだと思います。

    「こんな人生選んだ時点でもう大バクチ」と言うのは禁句かも〜(棒読み)。

    大バクチの人生で、堅実に生きるというのも・・・生きる知恵ではあるけど物足りない気分もするのれす。

    > そこまで行くと、演奏するということとは?とか次々と難しいことを考えてピアノを弾くのが怖くなりそうなのであまり考えたくないんですが・・・。
    > 実験する価値は・・・あるかもしれませんね。

    JAZZギターの巨匠にジム・ホールという人がいるのれす。
    この人の凄いところは、「弾かない」という選択肢を躊躇わず選ぶところなのれす。

    楽器の特性上ピアノは「場を埋めてしまう」演奏になりがちなのれす。
    あるギターのコードの教本には「まず共演するピアニストに注意しなさい」と書いてあるのれす。
    そして「埋めるのが好きなピアニストなら自分は躊躇わず音を抜きなさい」と。

    クラシックでは意外にポリフォニックな楽器の共演が少ないので、「弾かない」という「場の丸い収め方」に接する機会は少ないかもしれないのれす。

    > 私は主にトランクスですがボクサーパンツだった時もあります。
    > ただ締め付けられる感覚はあまり好きではないので・・・さすがにスーパービキニは・・・。
    > 私、別に太ってはいないんですが普段の移動手段が自転車という都合で下半身だけが競輪選手みたいになってしまいまして・・・あうううう。
    > スリムなズボンが・・・その・・・。
    > お腹周りが入ってもふくらはぎが(筋肉で)きつくて太ももが(筋肉で)入らない有様。

    ワタシも移動手段は自転車なのれす。
    で・・・スリムなズボンの中でトランクスが「絡まると」自転車で走るときに痛いのれす。

    汗などかこうものなら悶絶太もも締め付け「お奉行様カンベンしてくださいまし」状態になるのれす。

    だから、「絡まる部分の無い下着」を愛用する・・・と。

    >>というか「いつもの演奏が最高」でないなら家で弾くのは何か?という意外に深い問題を内包しているかもしれないのれす。
    >
    > むむむむ・・・。考え中・・・・。

    この問題は意外に深いと思うのれす。

    どのような状況下でも「それなり」の演奏が出来るように練習するのだ・・・と割り切る人もいるのれす。

    スポーツみたいに「ある日」の調子を最高に持っていくための調整・・・という考え方もできるのれす。

    ワタシの場合は、「思いついた時に思いついた事が弾ける」為の肉体的かつ精神的な訓練だと思ってるのれす。

    なぜ「精神的」が入るかというと、演奏方法の違う複数の楽器を弾いていると出る問題なのれす。
    例えばピアノでは楽勝で弾けるのにギターだと「どーしても手がイヤイヤをする」フレーズがあるのれす、その逆も。
    でも、思いつく「フレーズのタンス」の中がゴチャゴチャなので、ギターを弾いている時に「あぁっ!このフレーズに突入したら地雷」なのに、そっちへ行ってしまうのれす。

    その時は攣ろうとする指を精神力で押さえ込むしか無いのれす。

    で、後で湿布のお世話に(爆)


引用返信

■343 / ResNo.10)  Re[9]: :先立つものがぁあーうー
□投稿者/ westgenius 62回-(2004/02/22(Sun) 22:31:14)

    No342に返信(Saga@玲音さんの記事)
    > さすがにクールドでも弾きながら「歩いたり」しなかったと思うのれす。

    歩く・・・・?
    それは無いと思います。しかし弾きながら「歌う」のでえらいことに・・・。
    死ぬ直前のなどのCDはえらいことになってます。

    > キース・ジャレットの場合、「姿勢が悪い」というより「素行が悪い」なのれす。

    うーん。素行も悪いと思うのですが・・・。
    何しろクラシックはステージマナーにうるさいですからねえ。かなり反感を買ったようですよ。
    グールドは32歳までしかコンサートをしなかったんですがそれはステージマナーが煩わしいというのもあったそうです。
    何しろコンチェルト(協奏曲)はたまにソリストが暇になるときがあるわけですよ。
    その間に「本を読む」、「持ってきた水を飲む」などの数々の悪行をしたそうです。
    そしてのんびりしすぎて入りそびれたなどの数々の変なエピソードが・・・。
    その時には引退も考えたとか・・・。

    >>まあ正式にはGP(グランドピアノではありません。ゲネラル・パウゼと読みます。)といいます。
    >>
    >>コレは巧くいけば確かに「エクスタシー」物ですな。
    >
    > そういう名前が付いているのれすか、うふっ♪偉くなった気分なのれす。
    > ただし・・・上手く出来ないと大恥・・・と。

    この名前はオーケストラの時などにそう言うのですが・・・一人だけでやるときに言うかどうかは・・・実はよく知りません。
    でもまあOKですよ。多分・・・・。

    >>聴き手を意識した時点でそう言う演奏はできなくなるかもなのです。
    >>まあかなりの博打であることは確かだと思います。
    >
    > 「こんな人生選んだ時点でもう大バクチ」と言うのは禁句かも〜(棒読み)。

    禁句・・・絶対禁句。でもまあ・・・。

    > 大バクチの人生で、堅実に生きるというのも・・・生きる知恵ではあるけど物足りない気分もするのれす。

    人生自体がバクチという考え方は生きることを軽く見そうですが、考え方の一つではあると思うかもしれないでぃす。

    > そして「埋めるのが好きなピアニストなら自分は躊躇わず音を抜きなさい」と。

    音の数の少ないことによる効果ということは以外にも大事かもしれないですね。
    私は「音の洪水」的なのが好きですがずっとそうだと効果も半減しますし耳も疲れますよね。
    音を抜く・・・かなり重要なことですね。いつもながらオベンキョになります。

    > ワタシも移動手段は自転車なのれす。
    > で・・・スリムなズボンの中でトランクスが「絡まると」自転車で走るときに痛いのれす。
    >
    > 汗などかこうものなら悶絶太もも締め付け「お奉行様カンベンしてくださいまし」状態になるのれす。
    >
    > だから、「絡まる部分の無い下着」を愛用する・・・と。

    なるほど。でもスリムなズボン自体が履きたいのにはけない私は・・・・。

    以下ぱんつ談義開始。
    下のほうの話の嫌いな人は読むべからず。

    私の友人が2人で京都に行ってその2人の友達がそれぞれ1000円以上したと言う土産を買ってきてくれました。
    一人はでっかい木彫りのこけしでした。
    私が「コレで何をしろと?」、と聞くとそいつは・・・。

    「自分で使っても良いし、恋人に入れても良いし・・・。」

    ハイ、コレでわかった人、悪い子ちゃんですな。
    大体そんな直径10センチ近くあるもの入れたら大変だって。
    それから私は男だしそっちっけいの趣味はありません。
    (今使う相手も居ないし・・・。)

    そして問題なのはもう一人
    「おまえに勝負パンツを買ってきてやった。」と言うのでまさかすうぱあびきに???
    黒が良いなーなどと思っていると・・・

    かわいいおめ目がついています。
    大きな耳もついています。
    後ろには尻尾までついています。
    そして何より真ん中にはナニを通すように空洞になったなが〜い鼻が・・・。

    それは象さんのパンツでした。
    以下そのときの会話。

    私「なあ、コレ象なんだけど。」

    友「ああ、そうだが。」

    私「コレをはいて俺に女のところへ行けと・・・。」

    友「ああ。なんか問題あるか?」

    私「ああ、いろいろ問題あるが何より問題なのはなぁ・・・。」

    友「なんだ?」

    私「何でこの象の鼻斜め上向いてるんだよっっっ。。
    普通象の鼻は下向いてるだろ?この鼻にフィットするように俺のをしろとでも・・・?」

    友「うん。」

    私「・・・・・・・・・・・。」

    私の友人はこんなんばっかりです。
    先日パンツがすべて無くなってしまったのでコレを履きました。が・・・。
    鼻には通してません。履き心地も悪かったです。

    下品で本当にすみません。何なら削除しちゃってください。

    > >>というか「いつもの演奏が最高」でないなら家で弾くのは何か?という意外に深い問題を内包しているかもしれないのれす。
    >>
    >>むむむむ・・・。考え中・・・・。
    >
    > この問題は意外に深いと思うのれす。
    >
    > どのような状況下でも「それなり」の演奏が出来るように練習するのだ・・・と割り切る人もいるのれす。
    >
    > スポーツみたいに「ある日」の調子を最高に持っていくための調整・・・という考え方もできるのれす。
    >
    > ワタシの場合は、「思いついた時に思いついた事が弾ける」為の肉体的かつ精神的な訓練だと思ってるのれす。
    >
    > なぜ「精神的」が入るかというと、演奏方法の違う複数の楽器を弾いていると出る問題なのれす。
    > 例えばピアノでは楽勝で弾けるのにギターだと「どーしても手がイヤイヤをする」フレーズがあるのれす、その逆も。
    > でも、思いつく「フレーズのタンス」の中がゴチャゴチャなので、ギターを弾いている時に「あぁっ!このフレーズに突入したら地雷」なのに、そっちへ行ってしまうのれす。
    >
    > その時は攣ろうとする指を精神力で押さえ込むしか無いのれす。
    >
    > で、後で湿布のお世話に(爆)

    まさに男の中の男ですな。
    まあクラシックでは何かと「完璧な演奏」を求められがちですがそんなものは当然存在しません。
    人の価値観が一人一人違うことが当然ならそれもまた当然です。

    自分を満足させる。それが今のところの目標ですね。
    とても自己満足的な話ですが音楽と言うものはそんなものかもしれません。
    よくわかりませんが・・・。わかる日はきっと来ないような気がします。

    長々と書いてしまってすみません。
    でもしばらく用事で家を留守にするので次にここへ来るのはいつかな・・・?
    でもまあ帰ってきてから居ない間に更新されるであろう
    「飲んでません・が酔ってます・で書いた」
    を読むのを楽しみにしておきます。

    ではまた〜。

引用返信

■344 / ResNo.11)  Re[10]:歩く・唸る・スキップする
□投稿者/ Saga@玲音 72回-(2004/02/24(Tue) 01:39:34)

    > 歩く・・・・?
    > それは無いと思います。しかし弾きながら「歌う」のでえらいことに・・・。

    歌うというか唸るのれす、キースジャレットは。

    > 何しろコンチェルト(協奏曲)はたまにソリストが暇になるときがあるわけですよ。
    > その間に「本を読む」、「持ってきた水を飲む」などの数々の悪行をしたそうです。

    だぁぁぁぁぁ!それは強烈かも。

    フツーそこまで強烈なヒトは指揮者になっちゃうのれすが、うーーーん。

    > 音の数の少ないことによる効果ということは以外にも大事かもしれないですね。
    > 私は「音の洪水」的なのが好きですがずっとそうだと効果も半減しますし耳も疲れますよね。
    > 音を抜く・・・かなり重要なことですね。いつもながらオベンキョになります。

    でも、反対もまた然り、パット・マルティーノというカリスマ的なヒトがいるのですが、このヒトは「音空間恐怖症」と言われるほどに音で埋め尽くすのれす。

    どちらも「極端」なのれすが、ジャズギターの奏者の中では「アカデミック」な範疇に入るのがフシギなのれす。

    マジメにどちらかに一心不乱に打ち込んだ経験があるヒトがやがて「中庸」な弾き方をするのに意味があるのかもしれないのれす。

    > 「おまえに勝負パンツを買ってきてやった。」と言うのでまさかすうぱあびきに???
    > 黒が良いなーなどと思っていると・・・

    勝負パンツがすぅぱぁびきにかどうかは別にして。

    でも黒ですかぁ?

    > 私「何でこの象の鼻斜め上向いてるんだよっっっ。。
    > 普通象の鼻は下向いてるだろ?この鼻にフィットするように俺のをしろとでも・・・?」

    気力です、気力なのれす。

    気力でなんとかするのれす。

    > まさに男の中の男ですな。

    バカとも言うのれす。

    > 自分を満足させる。それが今のところの目標ですね。
    > とても自己満足的な話ですが音楽と言うものはそんなものかもしれません。
    > よくわかりませんが・・・。わかる日はきっと来ないような気がします。

    わかった気になればそれでいいのだ、というバカボンのパパ的な意見もあるのれす。

    完璧なものはヒトの手で作っちゃダメという意見もあるので、ちょっとアラがあるほうが人間的かもしれないのれす。


    > でもしばらく用事で家を留守にするので次にここへ来るのはいつかな・・・?

    ビータ(旅:転じて地方巡業の意味)でしょうか?

    ともかく風邪などひかぬようにお気をつけてくださいれす。

引用返信


レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]


■192 / 親記事)  インフレのなみがここまでぇ。
□投稿者/ westgenius 4回-(2003/08/22(Fri) 17:14:25)

    近所に「サイゼリア」ってファミレスがありましてね、普段は自炊なんですが前人と会う用事があってそこで待ち合わせることになったんですよ。
    でもってどうせだから何か軽く食っていこうって乗りになりまして、メニュー見てびっくりしました。『グラスワイン90円、デカンタ(デキャンタ?)ワイン180円』
    ってかいてありましてね、思わずなんじゃいその値段はってびっくりしましたね。
    だいたいグラスビールが280円くらい?(あまり自信ない。)なのにワインが90円ってのはぶっ飛びましたね。他にもドリアが280円とか値段はもはや吉牛状態。
    ビール好きな私ですが、思わずワインを頼んでしまいました。味はというと美味くはありませんがこの値段なら、人件費だなんだと考えると安いと思います。
    思えば酒を飲みだしたころ、気取ってスナックに入ったときなんかは水割りいっぱいで3000円取られたもんナ。アレで懲りていってないけど、きっとアレはサービス代こみのあういう係の店の相場なんだよなあ・・多分・・・・・・・・。
    貧乏な私からすると3000円でも痛い出費でしたよ。宴会でもないのに。

    ああ、やらなきゃいけないことがいっぱいあるのに、つい現実逃避してしまいました。
    私のつまらない愚痴を書き込んじゃってすみません。疲れてたもんで。
    さあ、十分癒されたから気分を入れ替えて仕事仕事っと。(自由業ですが・・・。)

→ 親記事 / 引用返信
▽[全レス10件(ResNo.6-10 表示)]
■201 / ResNo.6)  頑張れ〜!
□投稿者/ Saga@玲音 24回-(2003/08/25(Mon) 06:21:05)

    > ふう。まだ終わってはいませんが、割と進みました。
    > 何とか今日には下書きが終わりそうです。
    > もう空がうっすらと明るい・・・。あううううぅ。
    > とりあえず一服。

    ここに、今日用事があるのに寝ていない、しかも「寝る!」と決めたんで仕事も進んでいない人間がヒトリ。

    > この間は村祭りという曲と、黒田節を2台ピアノ用にかっチョ良く難しくならないよう(中略)
    > 簡単にしてくれというから少しインパクトが無かったかも・・・。

    良いんです。

    空気が震えてたら。

    「場」が出来てたら。

    > 夏ももうすぐ終わります。なんだか今年の夏は短かったような・・・。

    そうですねぇ。

    もう夜は秋、昼はどどどどど夏ですね。

    後もう一歩。

    頑張ってくださいませ。

引用返信

■202 / ResNo.7)  下書き完了。ヒャッホゥ〜。
□投稿者/ westgenius 8回-(2003/08/26(Tue) 05:24:38)

    No201に返信(Saga@玲音さんの記事)
    今下書きが終わりました。風水さんのアドバイスに従って編曲中は酒を飲まないと決めていましたので、いま冷蔵庫で冷やしといたビールを飲みながらこれを書いています。
    至福のひと時です。ありがとう。みんな。(誰に言ってるんだよ・ここまで壊れたか。)

    いや正確には終わりじゃないんですけどね、ちょっとここから先は確認取らないとダメだから、ここまでにしようって決めてたんですよ。わーい。

    ほんとはもっと早く終わる筈だったんですけどね、何故こんなに遅れたかというと、まあ早い話が現実逃避に力が入りすぎてね、でもこれでもいつもより頑張ったんですよう。
    いやマジで。
    終わるまでこのページには書き込まない。ってきめたから、かなり励みになりましたよ。
    ありがとうごゼえますう。ご老公様あん。わしらは無学なドン百姓でへぇン。
    (あ、酔ってるかも。ビール一缶もうなくなっちゃタ。もう1つとってこよ。
    少しまっててくらさい。)

    次はチューハイにしました。
    いや、今回はいろんなコンチェルト(協奏曲)のいいトコ取りのメドレー(曲は指定。)作ってくれっていわれて。私のバヤイ下書きって大体原案みたいなものなんですけど、かなり苦労しましたよ。
    だあって、曲にチゴイネルワイゼンとかあってあのインパクトありまくる冒頭部にどうやって別の曲をつなぐかとかね,もう一時期頭が逝っちゃっててこの曲の前になるとオーボエ奏者が「神サマあぁーーーーーっっ」って叫ぶのはどうだろうって(吉本ネタなり。)
    もう反則って言うかそれ以前のものも浮かんでくるし、いやこれはプロじゃない。逃げだとか思ってやめたんですけど、プロとか何とかそれ以前の問題だっつうのって。大体なんでオーボエ奏者なんだよっての。

    ここまで順調に(今までに比べれば出すけど)出来たのはひとえに風水さんのおかげですよ。下の、


    >>この間は村祭りという曲と、黒田節を2台ピアノ用にかっチョ良く難しくならないよう(中略)
    >>簡単にしてくれというから少しインパクトが無かったかも・・・。
    >
    > 良いんです。
    >
    > 空気が震えてたら。
    >
    > 「場」が出来てたら。

    って言う文章が私にとってドンだけ救いになったことか。
    自分的によくっても人に受け入れられるかはわからないもので、この時も後で頼まれた人に評判聞いて、「思ってたよりよかった。ありがとう。」って言われたことがどんだけ嬉しかったことか。(最近いい出来のが無くて悩んでましたので。)

    今度のも残りの期間の関係とかで妥協を入れなかったといえば嘘になります。
    でもそれもまた「自分」では在ります。それに、編曲ながらも自分の持ち味は出せるだけは出せたと思います。ほんとに酒のことも含めてアドバイスありがとう御座います。
    感謝感謝感謝あ〜で御座いますです。

    また酒がなくなりますた。こんだけ偉そうに書いて、まだ清書はしてません。
    ワタクシ遅筆(?)でかなり時間がかかると思われます。
    きっと今までの、5〜10倍胃は疲れると思います。
    ホントの修羅場はこれからなのでぃす。でももうねますう。
    ではまた。

引用返信

■204 / ResNo.8)  おつかれさま
□投稿者/ Saga@玲音 25回-(2003/08/26(Tue) 10:23:11)


    > 至福のひと時です。ありがとう。みんな。(誰に言ってるんだよ・ここまで壊れたか。)

    そうですよね。

    それがあるから、頑張れるんですが・・・

    修羅場ドランカーになってないか時々シンパイに(爆)

    > ありがとうごゼえますう。ご老公様あん。わしらは無学なドン百姓でへぇン。
    > (あ、酔ってるかも。ビール一缶もうなくなっちゃタ。もう1つとってこよ。
    > 少しまっててくらさい。)

    それは違うと思います。

    ワタシが雑食性というか・・・「根っこが無い」んです。

    音楽家として。

    ですから、「バロック・不気味・チェンバロ」とお題を頂けばあいよ・・・と。

    「ファンク・ギター・ブロゥテナー」と言われれば「はい。お待ち!」・・・って

    オムライスもチャーハンもギョーザもウドンソバまである、「見本のロウ細工」が置いてある町の食堂、なんです。

    だから、仕事を「ジャンル」じゃ無くって、一緒にするメンバーの熱意を見て選ぶ事が出来る。

    それは個人的にはシアワセです。

    > だあって、曲にチゴイネルワイゼンとかあってあのインパクトありまくる冒頭部にどうやって別の曲をつなぐかとかね,もう一時期頭が逝っちゃっててこの曲の前になるとオーボエ奏者が「神サマあぁーーーーーっっ」って叫ぶのはどうだろうって(吉本ネタなり。)

    アハハハハ♪

    ワタシならタタララーーントレラッタターーーー「与作〜♪よーさーーーく〜〜〜〜♪」

    タタララーーントレラッタターーーー「女〜房がぁ〜待ってい〜るぅぅぅぅぅぅぅ♪」

    で、その後のカデンツァのバックに「あぁあああぁ〜〜〜〜♪あぁあああぁ〜〜〜〜♪」

    ・・・って重ねてしまいそう。

    それか、ジャンゴ・ラインハルト(ジプシーキター奏者)の2ビートスィングにのせて、アレンジするか。

    > >>この間は村祭りという曲と、黒田節を2台ピアノ用にかっチョ良く難しくならないよう(中略)
    > >>簡単にしてくれというから少しインパクトが無かったかも・・・。
    >>
    >>良いんです。
    >>
    >>空気が震えてたら。
    >>
    >>「場」が出来てたら。
    >
    > って言う文章が私にとってドンだけ救いになったことか。

    それは、役に立てて、うれしいです。

    昔。広島県のお仕事で「音頭の舟歌」っていう曲をアレンジしたことがあって。

    黒田節、4分の4で、譜面書けるから良いじゃないですか。

    譜面に起こすともう変拍子のアラシ。

    それを、部分部分に分けて、譜面を起こして。

    ブライアンイーノ調にして、ディレクターもスタジオの連中も「やった、凄いカッコ良いぜっ」って喜んでたらNG。

    理由が「カッコ良すぎる、これはもう『音頭の舟歌』と言えない」・・・って

    さすがに政治的配慮までは出来ないわぁ_□○_(疲)


    「場」について言えば最初に来られたとき、「ピアノはあまりお上手で無いようですが」というのは、少しコタえたんですね。

    ピアノは独学なのでヘタです。

    弟子の方が上手いです。

    でも、今ピアノを前にして「明日は彼とデート」とか「ケンカしてもう一月も会って無い」とか、「コドモが出来たどうしよう」とか、「お父さんに会ったけど帰りは彼の背中が見えなくなるまで見送ってくれた♪」とか。

    お題を頂いて、それをコード一発で「場に出来る」競争では上位に食い込む自信がある。

    それだけで、それができれば私には良いんです。

    > 今度のも残りの期間の関係とかで妥協を入れなかったといえば嘘になります。
    > でもそれもまた「自分」では在ります。それに、編曲ながらも自分の持ち味は出せるだけは出せたと思います。ほんとに酒のことも含めてアドバイスありがとう御座います。

    これはプロ同士の会話になります。

    限られた時間と予算のなかで、クオリティを求めるとき、オーケストラでアレンジするよりピアノでアレンジした方が「クオリティは高い」事がある。

    実際はじゃオケでしますからって言われたら、そのフォーマットでやるしかないんですが・・・。

    和声志向とユニゾン志向で切り抜ける・・・って手もあります。

    音楽はヒトリで作るものではないんです。

    ユニゾン志向にしても、オーケストラの面々が、ユニゾンの美しさ、出してくれるだろう、そう信じるのも大事だと思うんです。

    Jazzのサキソフォニスト、「ソニーロリンズ」なんて無伴奏テナーサックス一本のアルバム出してます。

    それでお客さんが「手抜きだー」なんて言わない。

    それだけの納得が出来るべく練習に練習を重ねて、一気に出してるから凄いんだと思います。

    > 感謝感謝感謝あ〜で御座いますです。

    いえいえ、「濃い」対話が出来て勇気100倍なのです。

    > また酒がなくなりますた。こんだけ偉そうに書いて、まだ清書はしてません。
    > ワタクシ遅筆(?)でかなり時間がかかると思われます。
    > きっと今までの、5〜10倍胃は疲れると思います。

    清書に関しては、ワタシ、コンピュータ任せです。
    フリーでも「良いソフトウェア」あります(名前忘れて申し訳ない)。

    ただ16chしか一気に作成できませんが・・・。

    スコアは切り張り、各々の楽器の個別の譜面は一気に出力。
    スコアの方は、コピー機で縮小して・・・。

    それで出してます。

    そういう方法もあり・・・ってことで。

    であであ頑張ってくださいませ。

引用返信

■205 / ResNo.9)  師匠にいまだに頼りきりな私。
□投稿者/ westgenius 9回-(2003/08/26(Tue) 14:45:28)

    No204に返信(Saga@玲音さんの記事)
    頭がハイになってて眠れないのですが、無理やり寝て数時間。
    すこし朦朧としてますが、眼がさめました。
    布団引かなかったから全身が痛い。


    >
    > それは違うと思います。
    >
    > ワタシが雑食性というか・・・「根っこが無い」んです。
    >
    > 音楽家として。
    >
    > ですから、「バロック・不気味・チェンバロ」とお題を頂けばあいよ・・・と。
    >
    > 「ファンク・ギター・ブロゥテナー」と言われれば「はい。お待ち!」・・・って
    >
    > オムライスもチャーハンもギョーザもウドンソバまである、「見本のロウ細工」が置いてある町の食堂、なんです。

    いいんです、町の食堂大好きです。(笑)作曲家として、依頼主の希望に応用が利いて答えられて守備範囲が広いのは一流のしるしだと思います。

    >
    > だから、仕事を「ジャンル」じゃ無くって、一緒にするメンバーの熱意を見て選ぶ事が出来る。
    >
    > それは個人的にはシアワセです。
    >

    風水さんのおっしゃるとおり、メンバーの熱意で仕事を選べる。
    それはとても幸せなことだと思います。

    私は演奏者としての立場の方が強いので、その立場から一言。

    作曲家の曲を拘束する力は自分の手を離れてしまった時点でゼロになるというのが私の普段の考えです。もちろん曲を作って演奏者の人が弾いて居るのを聞いて、
    「出来ればこういう風にして欲しい。」とかいう事はいいますが、また指示も色々と書き込みますが、それは参考程度で守ってもらえなくても仕方がないと割り切っております。

    それは別に曲に思い入れがないとかそういうことじゃなくて、もちろん自己表現の問題としては、自分の頭の中でなった音楽のとおりに演奏して欲しいです。
    でも、それが頼んでくれた人の意思や、演奏者の方の意思と合わないのならば、相手の方が納得いかないのならば意味がありません。
    私がたまに自分ではその楽器の構造しか知らずに、(それはさすがに調べます。開放弦の音とかも・・・。知らないと出来ませんので。)弾けもしない楽器を入れて音色、または
    その時のメンバー用に曲を作りますが、やはり弾きにくいところは言って貰って(気をつけても何箇所かは在るのが自分の未熟加減のあらわれです。)その場で書き直します。
    それに実は演奏者としてはかなり自分勝手な男だったりします。

    つまりあまりにもいいかげんな連中と組むのは曲にとって魅力がなくなる=死に直結するものだと考えています。
    熱意で仕事を選ぶ。できれば素晴らしいことだと思います。


    >>だあって、曲にチゴイネルワイゼンとかあってあのインパクトありまくる冒頭部にどうやって別の曲をつなぐかとかね,もう一時期頭が逝っちゃっててこの曲の前になるとオーボエ奏者が「神サマあぁーーーーーっっ」って叫ぶのはどうだろうって(吉本ネタなり。)
    >
    > アハハハハ♪
    >

    念のため、もちろんこの案は没です。脳が融解してました。
    それくらいの常識は持ち合わせているつもりです。


    > 昔。広島県のお仕事で「音頭の舟歌」っていう曲をアレンジしたことがあって。
    >
    > 黒田節、4分の4で、譜面書けるから良いじゃないですか。
    >
    > 譜面に起こすともう変拍子のアラシ。

    んまっ。それは大変。
    >
    > それを、部分部分に分けて、譜面を起こして。
    >
    > ブライアンイーノ調にして、ディレクターもスタジオの連中も「やった、凄いカッコ良いぜっ」って喜んでたらNG。
    >
    > 理由が「カッコ良すぎる、これはもう『音頭の舟歌』と言えない」・・・って
    >
    > さすがに政治的配慮までは出来ないわぁ_□○_(疲)
    >

    私のはカッコ良いとは言われなかった。
    ・・・。どんだけ自分の持ってるセンスが田舎臭い(以下自滅につながるので自粛。)

    >
    > 「場」について言えば最初に来られたとき、「ピアノはあまりお上手で無いようですが」というのは、少しコタえたんですね。
    >
    > ピアノは独学なのでヘタです。
    >
    > 弟子の方が上手いです。
    >
    > でも、今ピアノを前にして「明日は彼とデート」とか「ケンカしてもう一月も会って無い」とか、「コドモが出来たどうしよう」とか、「お父さんに会ったけど帰りは彼の背中が見えなくなるまで見送ってくれた♪」とか。
    >
    > お題を頂いて、それをコード一発で「場に出来る」競争では上位に食い込む自信がある。
    >
    > それだけで、それができれば私には良いんです。
    >

    実は私にはピアノの師匠は過去5〜6人いますが、作曲の師匠は、一人だけです。
    しかもまだ結構頼りにしてます。
    その人は今はいくつか謎・・・。もう長いけど、45くらいか?
    若い時からついてましたんで。
    その人は中学でピアノをはじめて(クラシック業界では遅い方)作曲科の大学をでて、
    ピアノは正直あまり上手いと思いませんが、最近ピアニストになるって意気込んでいました。そして何故かわりと仕事が来るようです。
    世の中にはあのひとより指の回るピアノ科卒の人間があふれてるのに・・・です。
    なぜなら「応用」が効くからだそうです。
    ピアノの専門教育を受けた人は手が音楽でよく使う形に固まってる人がたまにに入るんです。そういう人は上手いは上手いのですが、武満徹のように和声の型から外れた曲を初見で、っとかいうのが苦手らしいです。
    その点私の師匠はそういうのは得意分野。(実は私も結構。)
    そういう差(作曲者から見た扱い易さ。)で勝ってるようです。
    今度師匠の家に酒とつまみとお菓子を持っていって(そんなんでいいんかいな?)少し手伝ってもらおうかな?

    前風水さんのピアノが下手だ、と言いましたが撤回させてもらいます。
    そういう風に思われるのは一部の頭の固い大学の教授方だけで結構だと思います。
    もちろんそういう方に言わせれば、リズムの揺れなどは「減点対象」かもしれません。
    でもそういう見方は自分が一番嫌ってた見方だったのをいつしか忘れてたようです。
    デリカシーのない発言、どうか平にお許しを。


    > Jazzのサキソフォニスト、「ソニーロリンズ」なんて無伴奏テナーサックス一本のアルバム出してます。
    >
    > それでお客さんが「手抜きだー」なんて言わない。
    >
    > それだけの納得が出来るべく練習に練習を重ねて、一気に出してるから凄いんだと思います。
    >

    バッハの「無伴奏チェロ組曲」や「無伴奏バイオリンパルティ―タ」もその類に入るのでしょうか。あれらのCDを出す人は弾き方を他の時以上に悩むそうです。

    >
    >>また酒がなくなりますた。こんだけ偉そうに書いて、まだ清書はしてません。
    >>ワタクシ遅筆(?)でかなり時間がかかると思われます。
    >>きっと今までの、5〜10倍胃は疲れると思います。
    >
    > 清書に関しては、ワタシ、コンピュータ任せです。
    > フリーでも「良いソフトウェア」あります(名前忘れて申し訳ない)。
    >
    > ただ16chしか一気に作成できませんが・・・。
    >
    > スコアは切り張り、各々の楽器の個別の譜面は一気に出力。
    > スコアの方は、コピー機で縮小して・・・。
    >
    > それで出してます。
    >
    > そういう方法もあり・・・ってことで。

    そういうソフトがあるって言うことは良く聞くんですが、欲しい・・・。

    >
    > であであ頑張ってくださいませ。

    メシ食ったらそろそろ清書開始です。
    ではまた。

引用返信

■209 / ResNo.10)  どんどん長くなっちゃうので2つだけ
□投稿者/ Saga@玲音 28回-(2003/08/26(Tue) 19:46:08)

    > 私は演奏者としての立場の方が強いので、その立場から一言。
    >
    > 作曲家の曲を拘束する力は自分の手を離れてしまった時点でゼロになるというのが私の普段の考えです。もちろん曲を作って演奏者の人が弾いて居るのを聞いて、

    それについての意見。

    演奏者が人前で演奏するとき。

    もう譜面はボロボロになっている・・・がワタシの持論。

    ワタシは美人画を書いてるんですよ。

    もしくはグラビアを撮っている。

    演奏者はそれをしゃぶり尽くして「判ったっ!堪能した!」って演奏に出て行く。

    ワタシは娘を見つめて・・・うん、可愛がってもらったんやね・・・可愛がられすぎたかも・・・でも嫌われるよりシアワセだよ・・・。

    と一言。

    そんなもんです。
    > 前風水さんのピアノが下手だ、と言いましたが撤回させてもらいます。
    > そういう風に思われるのは一部の頭の固い大学の教授方だけで結構だと思います。
    > もちろんそういう方に言わせれば、リズムの揺れなどは「減点対象」かもしれません。

    それに関してははっきり書かせて頂きます。

    『リズムが揺れないことを目差す演奏(訓練としての練習を除く)は、メロディの解釈を、音楽が鳴る「場」の解釈を間違っている。』

    まずメトロノームで練習するっていうのが、今のテクノロジイでは「間違い」。

    カチカチって連続した時空間を「切断して」どうなるのか?

    現在のパーカッショニストはもはや時間を「切断しません」。

    ワンツースリーフォーって指を鳴らしながらカウント取る時にはワーントゥーゥスリーィフォーォって拍のアタマで指がイチバン左に来て手を右に移動しながら「ー」の部分で指が鳴る、そして最後の「ン」「ゥ」「ィ」「ォ」でゆっくり手が左に戻っていく。

    リズムというのは『時間軸の切断ではなくて、緊張・開放の連続、もしくは「場」の濃密を表す』という立場から見ればそうなんです。

    ですからブゥゥゥンブゥゥゥンっていう電子音のメトロノームが出ればいいな・・・と思います。

    テイク5という5拍子の曲があります。

    スタンダードな曲なのでご存知だと思います。

    譜面上は4分の5拍子ですが、「あの曲は4拍子」です。

    あれを5拍子に解釈するのは演奏家の練習、もしくは譜面屋さん。

    聴き手にとっては付点四分音符2つに四分音符2つの4拍の曲なんです。

    あの曲に合わせて4つ手拍子をするお客さんを笑っちゃいけないんです。

    つまり拍によって緊張度合い・もしくは濃密さが違うんです。

    その辺り、「安定して受け入れられやすい変拍子の曲の対称性」を研究すれば得るものがあります。

    リズムがそういうものであれば、変拍子でなくても演奏中の「場の濃密」によって揺れて当たり前・・・そう思っています。

    > でもそういう見方は自分が一番嫌ってた見方だったのをいつしか忘れてたようです。
    > デリカシーのない発言、どうか平にお許しを。

    いえいえ、ピアノがもう少し上手くなりたい気持ちはホントなんですよ(笑)。

    > バッハの「無伴奏チェロ組曲」や「無伴奏バイオリンパルティ―タ」もその類に入るのでしょうか。あれらのCDを出す人は弾き方を他の時以上に悩むそうです。

    うーーーーん。

    それを、即興でやってその完成度で行えというのは、譜面がある以上に辛い練習があるんだと思います。

    だって、本番は練習と違ったことを行うわけですから、その為の練習って・・・想像がつきません、きっとテクニックの練習の向こうにあるものの練習なんだと思います。

    > そういうソフトがあるって言うことは良く聞くんですが、欲しい・・・。

    確かフリーウェアなんですが・・・ホントに忘れて申し訳ないです。

引用返信


レス記事表示 → [親記事-9] [10-10]


[<<前のスレッド5][次のスレッド5>>]
( 全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] )

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -