11月22日(日)文学フリマ東京【稀人舎】のお品書き

11月22日(日)、東京流通センターで開催される第三十一回文学フリマ東京に【稀人舎】として出店します。
ブースは「タ-15・16」

東京流通センター第一展示場の配置図は以下をご覧ください。
https://bunfree.net/event/tokyo31/#i-3

今回は紙のカタログの配布はないということですので、出店サークルや頒布物のチェックは文学フリマのWEBカタログでお願いします。
あと、今回は感染症対策ということで、いろいろと注意書きが増えております。いらっしゃる場合は一度こちらに目を通していただけると、スムーズに入場できるかと思います。
特に、スマホをお持ちの方は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) をあらかじめインストールする必要があるとのことです。

開始時間もいつもより遅く、12時からになっています。ご注意ください。


さて、今回の【稀人舎】ブースのお品書きですが、
まず、新刊は
サトミセキ詩集「SEVEN TRANSITS」
サトミセキさんの初詩集!です。
組継ぎ本という方法で作った手作りのミニ詩集で、7つの詩篇が収録してあります。

「組継ぎ本」とは、前田年昭さんという方が考案された製本方法で、ホチキスや糸や糊を使わず、スリットを入れた紙を組み合わせることで本の形にするもので、理論的には何ページでも組むことができ、分厚くなってもノドが平らに開きます。
今回は、本文44ページをこの方法で組み、別紙の表紙を両面テープで接着して完成させました。
なかなか美しくできたのではないかと思います。
ぜひ、当日ブースにて手にとってご覧になってみてください。



【稀人舎】の本は他に、既刊本
「Solid Situation Poems」
「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら text version」
「稀人舎通信改2号」
「稀人舎通信改3号」
「稀人舎通信改4号」

「町のはづれの、」
「アイスランド ──氷と青の王国」


上記の詳しい内容は、文学フリマWEBカタログをご覧ください。

他に、
そらしといろ最新詩集「もうずっと静かな嵐だ」(1.500円)
無料配布の詩誌「空離須vol.2」

「空離須」は10部しかありませんので、ご希望の方は早めにブースにて「空離須ください」とお申し出ください。



都内の感染者数も増加傾向のこのごろ、無事に開催されることを祈るばかりですが、参加する我々も、できるかぎりの対策をしつつ楽しみたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。