第二十七回文学フリマ東京

10日後に迫ってまいりました。

「第二十七回文学フリマ東京」に、稀人舎として出店します。
11月25日(日)東京流通センター 第二展示場
一般入場は、11時からです。入場は無料です。

 

稀人舎ブースでは、今回4冊の新刊個人誌を販売いたします。

そらしといろ BL詩歌集「兄の器」500円

関和明「遺された光  Vladivostok 2013-2018」500円

山口けい「隣の意地悪さん」500円

サトミセキ「ベルリン、記憶の卵たち(4)HERBST」500円

 

そらしといろさんのBL詩歌集は、かわいいイラスト入り。革紐綴じの製本にしてみました。微妙に色の違う4種類の革紐があります。文フリ会場でお手にとって好きな色のものを選んでください。
詳しくは文フリのWebカタログ参照。

「兄の器」表紙
「兄の器」4種類の革紐
「兄の器」P4-5

 

関和明さんの「遺された光」はウラジオストクの写真集です。ところどころに添えられた文章がクールで素敵です。文フリWebカタログは準備中です。

「遺された光」表紙
「遺された光」P10-11
「遺された光」P22-23

 

山口けいさんの「隣の意地悪さん」は、エッセイ集。現在文字校正中です。
サトミセキさんの「ベルリン、記憶の卵たち(4)HERBST」は、「ベルリン」エッセイシリーズの第4段。いよいよ最後の「秋」篇です。こちらも鋭意制作中。
「隣の意地悪さん」と「ベルリン、記憶の卵たち(4)」は、完成しましたらまた告知します。

そして、上記の新刊本の他にも既刊本も。

そらしといろ
サイコロ詩集「万年詩」700円
詩集「暁を踏み割ってゆく」2,000円
詩集「フラット」1,500円

川口晴美
詩集「ビタースイートホーム」2,000円
川口晴美さん監修の対訳オーストラリア現代詩アンソロジー「喜ビ苦シミ翻ル詩」(共訳)1,000円

サトミセキさんの「ベルリン」シリーズの既刊本、各500円

あとは、「稀人舎通信改2号」「3号」各700円

 

……てところでしょうか。他にも無料配布の詩誌などもあります。
あいかわらずアイテム多すぎなので、ブースはふたつお借りしております。

キ-03〜04

2階の入り口のすぐ近くです。

どうぞよろしくお願いいたします。