CYS道、第四回。

CYS道。
それは、独自の進化を遂げまったく新しいジャンルとなったメニューの道である。
カップ(C)・焼き(Y)・そば(S)。
お湯を入れて、しばし待ち。湯切りをして麺と具材をソースに絡め食す。
正確には焼いているわけではないとか、賛否両論あれど、それは食の一つの完成形。
これは、CYSの中でも己の嗜好に合致した、スペシャルワンを探す、飽くなき挑戦の記録である。

※あくまで主観による評価です。それぞれのカップ焼きそばに対して、貶めたり持ち上げたりする意図はありません。そして、飽きたら放り出す企画なので、生温かい目で見守って下さい。最終評価は、★7つを最上評価とします。

ついに。これをここに挙げる日が来たか。

ごっつ盛り ソース焼きそば(東洋水産)

正直、CYS道はこのごっつ盛りを超えるCYSを見つけるための企画と言っても過言ではない。もっともスペシャルワンに近い、この一品。

フィルムを破き、蓋を半分まで開ける。

具材・液体ソース・マヨネーズの小袋を取り出し、具材を麺の上に乗せる。

麺は中麺、縮れは少なめ。ごっつ盛りの名に恥じない麺の量。

3分経過で、湯切りしてソースをからめる。さらっとした液体の所為か、麺に絡められる時間が短い。

そしてマヨネーズ。

この量で、手際よく食べるところに辿り着けて、マヨネーズ付き。

これほどにこちらに都合の良いCYSも珍しい。

あっという間に完食。

評価は★★★★★★☆(星6)。

CYSに愛をこめて。

続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする