文フリ新刊・その3

第27回文学フリマ東京、いよいよ明日(11月25日)です!

昨日(23日)に、サトミセキさんと関和明さんがそれぞれの本「ベルリン、記憶の卵たち(4)」「遺された光」の製本作業に来てくれて、プリンタトラブルでわたわたしながらも、なんとか全部完成しました。

サトミセキさんの「ベルリン、記憶の卵たち(4)」Webカタログはこちら

「ベルリン、記憶の卵たち(4)」表紙
P2-3
P8-9

今回の季節は「秋」。

アートと壁の記憶のベルリンです。

 

関和明さんの「遺された光」の紹介はこちらの記事にあります。

Webカタログはこちら

 

どちらも素敵な本になりました。

文学フリマ東京の「稀人舎」ブース・キ-3〜4でお手にとってご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。