CYS道、第六回。

CYS道。
それは、独自の進化を遂げまったく新しいジャンルとなったメニューの道である。
カップ(C)・焼き(Y)・そば(S)。
お湯を入れて、しばし待ち。湯切りをして麺と具材をソースに絡め食す。
正確には焼いているわけではないとか、賛否両論あれど、それは食の一つの完成形。
これは、CYSの中でも己の嗜好に合致した、スペシャルワンを探す、飽くなき挑戦の記録である。

※あくまで主観による評価です。それぞれのカップ焼きそばに対して、貶めたり持ち上げたりする意図はありません。そして、飽きたら放り出す企画なので、生温かい目で見守って下さい。最終評価は、★7つを最上評価とします。

久しぶりの再会に感謝。

やきそば弁当 ちょい辛(東洋水産)

東洋水産さんが、北海道限定で作っているCYS。

地元で食べるには、スーパーや百貨店の北海道展で出店されているものを買うか、アンテナショップで買うしかない。

今回は北海道展で見かけて購入。

無印のやきそば弁当よりもちょい辛が好きです。

さて、開封。麺は、細麺で少しだけ縮れ。中にはソースとかやく・ふりかけ、そしてやきそば弁当の肝でもある「コンソメスープ」。

かやくを入れて、お湯を注いで3分。戻し湯でコンソメスープを作り、ソースと絡めてふりかけを投入。

胡椒辛さがアクセントになって、非常に美味。

一気に完食。

評価は、★★★★★☆☆(星5)で。

CYSに敬意と愛をこめて。

続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする